TOP / 公演・イベント / 自主事業

PROGRAM公演・イベント

2021年度(令和3年度)ロームシアター京都
自主事業ラインアップ

2021年度自主事業の
企画にあたって

2021年度のラインアップテーマは「声」です。これには、大きく2つの意味を持たせており、ひとつは《自分たちの「声」(=活動)を取りもどすこと》。そしてもうひとつは《声なき声に耳を傾けること》です。
自分たちの表現を追い求め、場をつくり出し、観客との関係をあきらめないアーティストたちとの協働によって、プログラムを展開していきます。
また、社会的弱者とされてきた人々のこれまで出せなかった「声なき声」に耳を傾け、想像し、共に思考する時間を持つことを、国内外の新鋭からそのジャンルを代表するような古豪アーティストまで、多彩なプログラムを通して提案していきます。

2021年度自主事業の
企画にあたって

ロームシアター京都は、2021年1月10日に開館5周年を迎えました。「人生のなかにいつもある劇場」をキャッチコピーに、さまざまな年代の皆様にご登場いただいた記念ポスターが、年始より京都の街なかに貼り出されました。そして、シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4『雅楽 ~現代舞踊との出会い』を皮切りに、開館5周年記念事業を開催してまいりました。新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言下で、感染拡大予防に努めながらの実施となりましたが、足を運んでくださった観客の方々の熱い拍手に励まされました。

このたび、大変厳しい年となった2020年度を経て、2021年度のロームシアター京都自主事業ラインアップを発表できることとなりました。

2021年度のラインアップテーマは「声」です。これには,大きく2つの意味を持たせており、ひとつは《自分たちの「声」(=活動)を取りもどすこと》。そしてもうひとつは《声なき声に耳を傾けること》です。

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大によって、舞台芸術は活動停止・縮小を余儀なくされました。舞台芸術の醍醐味と言える、集うこと、殊に声を出すことが制限されました。現在、感染予防対策が施されたうえで舞台芸術の再開が試みられていますが、海外アーティストの入国規制は続いており、2021年度も予断を許さない状況です。ロームシアター京都では、状況に応じた上演・創作環境のなかでも、自分たちの表現を追い求め、場をつくり出し、観客との関係をあきらめないアーティストたちとの協働によって、プログラムを展開していきます。また、ここ数年のBlack Lives Matterなどの高まりもあり、社会的弱者とされてきた人々のこれまで出せなかった「声なき声」に耳を傾け、想像し、共に思考する時間を持つことを、国内外の新鋭からそのジャンルを代表するようなアーティストまで、多彩なプログラムを通して提案していきます。とりわけ音楽事業では、ラインアップテーマ「声」そして「言葉」を象徴するプログラムが並び、朗読による言葉とオーケストラの出会いや声を表現手段とするパフォーマーが揃います。

ただ、残念ながら数年前より準備を進めていた、いくつかの企画は、この状況の中、苦渋の選択をし、発表前に中止・延期となったものもあることをお伝えしておきます。

 また、ロームシアター京都では、2021年2月14日に実施したシンポジウム《劇場におけるハラスメントを考える 「個人が尊重され、豊かな対話が生まれるために」》において、「ハラスメント防止ガイドライン~ロームシアター京都で過ごす全ての人のために~(案)」を発表しました。劇場WEBサイト上で、このガイドラインについてのご意見を募集し、それらを参考に、現在最終調整をしているところであり、2021年4月中の策定を目指しています。京都市の公共劇場として、誰もが尊重され、活発な意見交換や対話が行われる場づくりのための取組みのひとつです。

 自主事業のラインアップと劇場を開かれた場にするための試みを積み上げていくことで、ここ京都に「劇場文化」をつくり、それをどっしりと根付かせ、そして新たな芽が息吹くように引き続き努めてまいります。ぜひ2021年度もロームシアター京都の活動にご注目いただけたら幸いです。

2021年3月16日
2021年度プログラムディレクター 小倉由佳子

ロームシアター京都 2021年度自主事業ラインアップ 6つの事業カテゴリー

  • ①作品創造

    劇場の財産となる作品のプロデュースや国内外のアーティストとの協働により、ロームシアター京都を創造の場として活かした事業を展開します。
  • ②京響プログラム

    ロームシアター京都は京都市交響楽団の第2のフランチャイズホールです。音楽のみならず他ジャンルとのコラボレーションなどで京響の新たな魅力を広げます。
  • ③伝統芸能の継承

    日本舞踊、能楽、文楽、雅楽といった古典芸能に加え、地域ごと継がれてきた民俗(郷土)芸能を独自の切り口で紹介し、伝統芸能の面白さを伝えます。
  • ④ロームシアター京都セレクション

    国内外からの選りすぐりの舞台芸術作品をご紹介します。次代を担う若手アーティストの創造支援やKYOTO EXPERIMENTなど京都のさまざまな施設や団体と連携して行うプログラムもあります。
  • ⑤ラーニング

    小中高生、それぞれの年代に応じた育成事業を展開するほか、舞台芸術に関わるレクチャーやリサーチを創作・実践の場と連動して行います。
  • ⑥コミュニティ

    多様なライフスタイルと密着したプログラムや、ホールを飛び出して行う事業などを通して、京都・岡崎地域の施設や団体と連携を深め、地域の活性化に繋げます。

自主事業アーカイブ

  • twitter
  • facebook