TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 「シーサイドタウン」を振り返る
PROGRAM公演・イベント

自主事業

開催決定

レパートリーの創造 関連プログラム

「シーサイドタウン」を振り返る

2021年6月5日(土)

演劇ノースホール
  • twitter
  • facebook
2021年04月20日更新|開催日決定!
  • 「シーサイドタウン」を振り返る

    レパートリー作品 松田正隆作・演出「シーサイドダウン」 Photo: Toshiaki Nakatani

  • 「シーサイドタウン」を振り返る

    レパートリー作品 松田正隆作・演出「シーサイドダウン」 Photo: Toshiaki Nakatani

稽古場記録映像の上映とトークを通して、ロームシアター京都の2020年度レパートリー作品「シーサイドタウン」を振り返る一日

松田正隆作・演出「シーサイドタウン」は2020年度の「レパートリーの創造」にて製作され、2021年1月に初演された最新のレパートリー作品です。
本企画では、「シーサイドタウン」の稽古場を記録した映像作品の上映とトークを行います。創作過程のアーカイヴ、そして松田氏が強い関心を持つ演劇と映像表現の関係について議論し、今後の「レパートリーの創造」へと繋げていきます。

開催日時・会場

2021年6月5日(土)

13:00開始

会場:ノースホール

公演・作品について

内容

・ロームシアター京都 レパートリーの創造およびレパートリー作品「シーサイドタ
ウン」の紹介
・上映「シーサイドタウン」稽古場記録映像(ディレクション:村川拓也、撮影:米
倉伸)
・トーク(1)「シーサイドタウン」の稽古場とプロセスのアーカイヴについて
・トーク(2)「シーサイドタウン」から考える演劇と映像表現の関係

トーク登壇者
松田正隆(劇作家・演出家・マレビトの会代表、「シーサイドタウン」作・演出)、
村川拓也(演出家・映像作家、「シーサイドタウン」稽古場記録映像ディレクション)、
佐々木敦(思考家。HEADZ主宰。文学ムック「ことばと」編集長。)ほか

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウィルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

お問い合わせ

ロームシアター京都   TEL:075-771-6051

チケット購入・予約

チケット料金

全席自由
一般800円、ユース(25歳以下)500円

一般発売日

2021年4月20日(火)
要事前申込。以下のフォームよりお申し込みください。

募集情報

レパートリーの創造 関連プログラム 「シーサイドタウン」を振り返る 参加者募集

松田正隆作・演出「シーサイドタウン」は2020年度の「レパートリーの創造」にて製作され、2021年1月に初演された最新のレパートリー作品です。本企画では、「シーサイドタウン」の稽古場を記録した映像作品の上映とトークを行います。