SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / Sound Around 001
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

Sound Around 001

2021年7月17日(土)~ 7月18日(日)

音楽ノースホール
  • twitter
  • facebook
  • Sound Around 001

  • Sound Around 001

    Photo: Toshiaki Nakatani

これからの音楽を考える新シリーズがスタート!

ジャンルや固定観念にとらわれない「音楽」を軸とした表現活動を行うアーティストによるパフォーマンスを紹介する新シリーズです。今回は、新型コロナウイルス感染症によって、声を発することを制限された今だからこそ、「声/言葉」をテーマにしたパフォーマンスを発信します。作曲家兼パフォーマーユニット「いまいけぷろじぇくと」をホストに、音楽以外のフィールドで活動する表現者をゲストに招き、それぞれの身体や声を通したパフォーマンスと、トークの組合せによって、新たな音楽の楽しみ方を提示します。
動画

開催日時・会場

2021年7月17日(土)~ 7月18日(日)

17日(土)18:00開演
18日(日)16:00開演 *託児サービスあり
◎各日、演奏終了後にアフタートーク(約30分)があります

会場:ノースホール

公演・作品について

出演

出演(ホスト):いまいけぷろじぇくと〈今村俊博、池田萠〉
共演(ゲスト):
17日…長井短(演劇モデル)
18日…山下 残(振付家・ダンサー)、茂山千之丞(狂言師)

トークゲスト:佐々木 敦(思考家)※両日

プログラム

■17日
鈴木治行:口々の言葉 〈今村・池田〉
池田萠:いちご香るふんわりブッセ/うさぎのまくら  クリーム金時〈長井・池田〉
山下残:無観客を想定したスポーツ (新作初演) 〈今村・池田〉
今村俊博:連鎖b  〈長井〉
かしやましげみつ:声がきこえる 〈長井・今村〉
松平頼暁:Why not? 〈長井・今村・池田〉
藤元高輝:そぼろ 〈長井・今村・池田〉 
池田萠:いいのに 2人のための (新作初演)  〈長井・今村〉
今村俊博:数える人Ⅹ (新作初演) 〈長井・池田〉
岩渕貞太:身体奏法/stick 〈今村・池田〉

■18日
鈴木治行:口々の言葉 〈今村・池田〉
池田萠:いちご香るふんわりブッセ/うさぎのまくら  クリーム金時〈茂山・今村〉
山下残:無観客を想定したスポーツ (新作初演) 〈今村・池田〉
今村俊博:きのう、きょう、あした 〈山下・池田〉
松平頼暁:Why not? 〈山下・茂山・今村・池田〉
池田萠:選択音楽No.03 あるいは どんつきのきつつき 〈山下・茂山・今村・池田〉
藤元高輝:そぼろ 〈山下・茂山・池田〉
池田萠:ピアニストでない人のためのピアノ・コンチェルト群 (新作初演) 〈山下〉
今村俊博:数える人Ⅸ (新作初演) 〈茂山〉
岩渕貞太:身体奏法/stick〈今村・池田〉

※リンク先は参考動画/過去の公演より
※曲目・曲順が変更になる可能性があります

いまいけぷろじぇくと

いまいけぷろじぇくと

作曲家兼パフォーマーの今村俊博と池田萠によるユニット。「身体」に着目し、生での体験を重視し、「音楽」を再考する試みを続けている。2014年から続けている主催公演は東京・名古屋で開催。ジャンルに限定されない境界横断を目指して、作曲家に限らず、コンテンポラリーダンサーや劇作家に書き下ろし作品を委嘱するほか、ダンサー・俳優をゲストに招くなど意欲的な活動を続けている。これまでにトーキョーワンダーサイト(現TOKAS)オープンサイト2016-17参加企画に選出(第5回東京公演)。サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2018(愛知県芸術劇場)、ホリデー・パフォーマンスVol.4(ロームシアター京都)等に出演。

今村俊博 Toshihiro Imamura

1990年大阪府生まれ。作曲家・パフォーマー。東京藝術大学大学院美術研究科修了。作曲を井上昌彦、川島素晴、古川聖の各氏に師事。第6回JFC作曲賞入選。「いまいけぷろじぇくと」ほか、藤元高輝とのパフォーマンスデュオ「s.b.r.」メンバー。「数える/差異/身体」をテーマに創作活動を展開。

池田萠 Moe Ikeda

1986 年石川県生まれ、大阪府在住。作曲家、パフォーマー。愛知県立芸術大学作曲専攻卒業。IAMAS(情報 科学芸術大学院大学)メディア表現研究科修了。日本福祉大学福祉経営学部(通信教育)在学中。第 33 回現音作曲新人賞入選。作曲を鈴木敬、 鈴木英史、小林聡、寺井尚行、三輪眞弘の各氏に師事。主な作品は、「演奏家の選択」 のルールに従ってその場で音楽を生成する「選択音楽」シリーズなど。

山下 残

山下 残 Zan Yamashita

振付家・ダンサー。1970年、大阪府生まれ。10代後半からダンスを始める。振付の方法論や空間への仕掛けをゲームのように制約として用い、社会的な要素としての個々人の身体を、作品を通して解放させる取り組みを行っている。代表作に、100ページの本を配り観客がページをめくりながら本と舞台を交互に見る「そこに書いてある」、スクリーンに映写される〈すう・はく〉の呼吸の記号と俳句から引用されたテキストを身体とリンクさせる「せきをしてもひとり」などがある。

茂山千之丞

茂山千之丞 Sennojo Shigeyama

大蔵流狂言師。1983年生まれ。父・茂山あきらおよび祖父・二世茂山千之丞師事。1986年『魔法使いの弟子』(NOHO 劇団)で初舞台。作・演出を手掛けるコント公演「ヒャクマンベン」、100年後の古典を目指す新作狂言の会「新作 “ 純 ” 狂言集マリコウジ」を定期的に行う。「バイリンガル狂言」のほか、オペラ演出や現代劇への出演などでも活動中。2018年12月三世茂山千之丞を襲名。2019年第37回京都府文化賞奨励賞受賞。

長井短

長井短 Mijika Nagai

演劇活動と並行してモデルとしても活動する「演劇モデル」と称し、雑誌、舞台、バラエティ番組、テレビドラマ、映画など幅広く活躍中。ドラマ「賭ケグルイ双」『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』「家売る女の逆襲」をはじめ、映画「僕の好きな女の子」、舞台KERA×CROSS第2弾「グッドバイ」、「照くん、カミってる」などに出演。文章も人気があり、エッセイストとして執筆活動も行っている。

佐々木敦

佐々木敦 Atsushi Sasaki

音楽レーベルHEADZ主宰。文学ムック「ことばと」編集長。芸術文化の複数のジャンルで執筆、言論活動を行う。著書多数。近著に『それを小説と呼ぶ』『これは小説ではない』『私は小説である』『批評王』『小さな演劇の大きさについて』『この映画を視ているのは誰か?』など。

当日券情報

販売開始時間:7月17日(土)17:00
7月18日(日)15:00
販売場所:1Fプロムナード
販売席種:全席種(一般、ユース(25歳以下)、18歳以下、一般セット、ユースセット)
※セット券は17日のみの販売です。
販売枚数:余裕あり
購入可能枚数:制限なし

料金(全席自由):一般2,500円、ユース(25歳以下)1,500円、18歳以下1,000円、一般セット券4,000円、ユースセット券2,500円
※ユースチケットをご購入の方は、公演当日、年齢が確認できる証明書のご提示が必要です。

応援コメント

いまいけぷろじぇくとを見ると音楽の懐の深さというか、人間と音楽の切っても切れない関係を感じる。いまいけぷろじぇくとに、いわゆる楽器らしい楽器はあまり登場しない。演奏者の身体と、棒やトランプ、コンビニのスイーツといったユニークな小道具がそこにある。楽器がないのにどうやって演奏するんだ!と思う人も多いだろう。でも、考えてみたら人間は楽器だ。声帯を震わせて声を出す。大きな声を出すときは、全身を使う。この仕組みは、サックスやクラリネットといったリード楽器と同じである。加えて、手を叩けば音が出るのは打楽器とも言えるだろう。いまいけぷろじぇくとは、人間という楽器を使いこなすプロフェッショナルだ。その扱い方が魅力的で、ただ歌うわけでもないし、手拍子でリズムを刻むわけでもない……そんなに柔ではないというか、私たちの想像を超えた楽器の可能性が披露される。知られざる人間の可能性を広げる、なんて大袈裟かもしれないけれど、音楽がなくならない理由は人間が楽器であり、人間である限り演奏ができるからだと思う。あぁ、人間って、音楽って面白い!と心から思える稀有なアーティストで、人間に生まれてよかったし、音楽をやっていて幸せだと思う。もしかすると、いまいけぷろじぇくとの演奏は人間と音楽の関係性を根源的に見つめ直しているのかもしれない……と書くとなんだか小難しそうだけど、実際の演奏は池田さんと今村さんのお二人が醸し出すユーモアに溢れていて、思わず笑ってしまう摩訶不思議な時間……と、まぁとにかく面白いので見に行ってください!

額田大志(作曲家・演出家)

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウィルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ

ロームシアター京都チケットカウンター TEL.075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席自由
一般2,500円、ユース(25歳以下)1,500円、18歳以下1,000円、一般セット券4,000円、ユースセット券2,500円
※ユースチケットをご購入の方は、公演当日、年齢が確認できる証明書のご提示が必要です。
※ご来場前に、ロームシアター京都ウェブサイトにて「ロームシアター京都主催事業公演実施時のご来場に際して」(新型コロナウィルス感染予防の対策について)を必ずご確認ください。

一般発売日

2021年5月23日(日)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]

託児サービス

下記の申込要領をご確認の上、Eメールかお電話にてご予約ください。

委託先 :㈱ウィズグループ京都オフィス(全国保育サービス協会会員)

開催日時:2021年7月18日(日)15:30~終演15分後まで。
申込締切:2021年7月11日(日)メール受付
     2021年7月10日(土)18:00まで電話受付
託児人数:託児スペースの関係上、お預かりできる人数に限りがあります。
定員になり次第、受付を終了させていただきますので、予めご了承ください。
対象年齢:3か月~就学前まで
料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり
※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。
※ご利用料金については、キャンセルの場合も発生致します事、予めご了承下さい。

◆Eメール⇒メールアドレス:kyoto-office☆with-g.com(☆を@に変えてお送りください)
件名 ⇒ ロームシアター京都 託児室希望
本文 ⇒ 保護者様氏名(ふりがな)
緊急連絡先(携帯電話など)
お子さまのお名前(ふりがな)
性別・年齢(〇歳〇ヵ月まで記入ください)
その他、アレルギーや健康状態など託児上の注意点

◆お電話⇒0120-470-077(フリーダイヤル)または075-343-6787
上記と同内容をお尋ねします。

※集団保育でお過ごしになる際のお子様のご様子で気になる点など、特に「アレルギーや医師からの診断事項等留意点、集団保育でお過ごしになる際のお子様のご様子で気になる点」については、託児を行う上で重要となりますので、必ず事前にお知らせください。

関連イベント・記事

関連ニュース