TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 福井裕孝「デスクトップ・シアター」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

ロームシアター京都×京都芸術センターU35創造支援プログラム“KIPPU”

福井裕孝「デスクトップ・シアター」

2021年7月2日(金)~ 7月4日(日)(予定)

演劇ノースホール
  • twitter
  • facebook
  • 福井裕孝「デスクトップ・シアター」

    福井裕孝『デスクトップ・シアター』ワークインプログレス(2019)

開催日時・会場

2021年7月2日(金)~ 7月4日(日)(予定)

会場:ノースホール

公演・作品について

出演・スタッフ

演出|福井裕孝 吉野俊太郎
舞台美術・空間設計|古舘壮真
ドラマトゥルギー|朴建雄

福井裕孝

Photo:Toshiaki Nakatani

福井裕孝 Hirotaka Fukui

1996年生まれ、京都府出身。演出家。人・もの・空間の関係を演劇的な技法を用いて再編し、その場の全体的な状況を異なる複数のスケールとパースペクティブから捉え直す。近年は、『イ ンテリア』(2018, 2020)、『マルチルーム』(2019)など、天井・周壁・床面によって仕切られた「部屋」という空間単位から作品の製作を行う。

ロームシアター京都×京都芸術センターU35創造支援プログラム”KIPPU”とは?

若手アーティストの発掘と育成を目的に、ロームシアター京都と京都芸術センターが協働して行う創作支援プログラム“KIPPU”。ロームシアター京都が京都芸術センターと協働し、若手アーティストの発掘と育成を目的とした新たな制作支援プログラムです。本プログラムでは、創作に専念できるスタジオ(京都芸術センター 制作室)と、舞台設備・技術の備わった劇場(ロームシアター京都ノースホール)の提供を通じて、150~200名の規模の作品づくりに挑戦する若手アーティストを募集し、新たな才能が京都から国内外へ羽ばたくことを期待しています。

詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:福井裕孝
共催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、京都市

お問い合わせ

福井裕孝 公演担当 fukui.theater@gmail.com

チケット購入・予約

チケット料金

席種・料金未定

一般発売日

2021年5月13日(木)

チケット取扱窓口

関連イベント