TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 宮古・八重山・琉球の芸能
PROGRAM公演・イベント

自主事業

《継承と創造》1

宮古・八重山・琉球の芸能

2022年2月11日(金)~ 2月12日(土)

舞踊サウスホール
  • twitter
  • facebook
  • 宮古・八重山・琉球の芸能

    宮古の芸能:宮古創作舞踊(穂花会) 

  • 宮古・八重山・琉球の芸能

    八重山の芸能:結願祭(西表島古見)

  • 宮古・八重山・琉球の芸能

    琉球の芸能:琉球古典音楽独唱(親川遥)

「シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能」を発展させ、民俗(郷土)芸能の魅力にフォーカスする

ロームシアター京都と那覇文化芸術劇場なはーと(2021年10月開館)の共同企画として、「島々の祈り」等をテーマに、宮古・八重山・琉球の舞踊と唄を上演します。那覇文化芸術劇場なはーとでは、こけら落としシリーズのひとつとして実施予定です。
宮古・八重山・琉球それぞれの専門家や研究者に監修をお願いし、各々の特徴を際立たせた演目を並べ、地域で継承され、あらたに創造されてきた芸能を一度に鑑賞できる貴重な機会となります。
ロームシアター京都では、2017年度より「シリーズ舞台芸術としての伝統芸能」において、日本舞踊、能楽や文楽、雅楽などを新たな切り口で紹介してきました。今後は、古典芸能に加え、地域ごとに継承されてきた民俗(郷土)芸能を含むシリーズに発展させ、伝統芸能の魅力をお伝えしていきます。

開催日時・会場

2022年2月11日(金)~ 2月12日(土)

会場:サウスホール

公演・作品について

監修: 宮古の芸能:前里昌吾(「宮古島創作芸能団 んきゃーんじゅく」プロデューサー)
   八重山の芸能:大田静男(八重山芸能研究者)
   琉球の芸能:遠藤美奈(沖縄県立芸術大学 准教授。民族音楽学・沖縄芸能研究)
技術監督・コーディネート:關 秀哉(株式会社 流)  
協力:沖縄県立芸術大学
企画:ロームシアター京都、那覇文化芸術劇場なはーと

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

お問い合わせ

ロームシアター京都   TEL:075-771-6051

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
料金未定

一般発売日

2021年9月17日(金)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]