SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 宮古・八重山・琉球の芸能
PROGRAM公演・イベント

自主事業

《継承と創造》

宮古・八重山・琉球の芸能

2022年2月11日(金)~ 2月12日(土)

舞踊サウスホール
  • twitter
  • facebook
  • 宮古・八重山・琉球の芸能

  • 宮古・八重山・琉球の芸能

  • 宮古・八重山・琉球の芸能

  • 宮古・八重山・琉球の芸能

「シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能」を発展させ、民俗(郷土)芸能の魅力にフォーカスする

古から現代まで、おきなわ三地域の舞踊と唄

ロームシアター京都では、2017年度より実施している「舞台芸術としての伝統芸能」において、雅楽、能楽、文楽、上方舞、歌舞伎舞踊を取り上げてきました。このシリーズの新たな名称を≪継承と創造≫とし、これまで紹介してきた古典芸能に、地域ごとに継がれてきた民俗(郷土)芸能を加え、伝統芸能の面白さを独自の切り口で紹介していきます。
今回は、各地域の専門家や研究者に監修をお願いし、おきなわ三地域(宮古・八重山・琉球)の舞踊と唄を上演します。時代の波をくぐり、人々の生活や自然と共に育まれてきた身体と声。島々で継承され、現代に生きる芸能の姿をお見せします。

開催日時・会場

2022年2月11日(金)~ 2月12日(土)

11日(金)13:00開演 宮古の芸能/八重山の芸能
12日(土)16:00開演 琉球の芸能

※両日上演終了後にアフタートークがございます

会場:サウスホール

公演・作品について

■2月11日(金)

<宮古の芸能>
太平たいへいおどぅ大世うぶゆうもう

プログラム
一、 雨乞いのあぁぐ
二、 神々の舞
三、 トーガニアヤグ
四、 
五、 うぶゆうばい
六、 家庭きない和合わごう
七、 なりやまあやぐ
八、 棒踊り
九、 仲立なかだちぬミガガマ
十、 黒潮の闘魂
十一、のう年世じゅうぬクイチャー

出演
[宮古島創作芸能団 んきゃーんじゅく]
友利礼・前里玲毅・久高汰也・友利叶夢・久高歩眸・与那覇礼夢・下地理貴
[琉球舞踊穂花会・宮古舞踊 んまてぃだの会]
亀浜律子・神里桐子・川満香多・瀬名波令奈・砂川徳博・砂川政秀・砂川博仁
[久田流家元・久田多嘉子舞踊研究所]
久田亜也・与儀優子
[唄・三線]
與那城美和

監修
前里昌吾(「宮古島創作芸能団 んきゃーんじゅく」プロデューサー)
監修者メッセージはこちら

———

<八重山の芸能>
 - ばがけーら すぃまとぅ とぅむ –

プログラム
【古謡】
一、いに種子だにアヨウ
二、ユングトゥ
三、キユガピィージラバ
四、コイナーユンタ
五、アンパルヌミダガーマユンタ

【八重山舞踊】
六、ばすぃとぅるぃ
七、仲良なからだー
八、高那たかな
九、ぬー
十、みなとーま

出演
山里節子・大田静男・廣田律子・大浜賢二
[光扇会大浜治子八重山民俗舞踊研究所]
大浜治子・金城悦子・新城那緒子・前浜邦子・山根頼子
[古見民俗芸能保存会]
新盛和枝・小橋川和美・石原孝子・林良子・仲嶺科子・宮里朝枝・前元光代・大底美紀
[八重山古典民謡保存会]
三線:野原政俊・大浜安則  笛:近藤嘉紀  太鼓:根原格

監修
大田静男(八重山芸能研究者)
監修者メッセージはこちら

■2月12日(土)

<琉球の芸能>
冊封宴さくほうえんの歌 - ほっきゅう十二じゅうにしょうきょく

プログラム
一、 萬壽無彊之頌 かきやてふうふし
二、 聖化四及之頌 つくてやんふし
三、 天下太平之頌 うんふし
四、 率土安楽之頌 ちやんなふし
五、 海不揚波之頌* なかかりふし *原本欠落のため劉富林(広州大学音楽院)による補作
六、 封使遠臨之頌 伊江い㐄ふし
七、 内外一視之頌 あけつくてんふし
八、 禮明法正之頌 平敷ふぃしちふし
九、 河山帯礪之頌 ちゅんじゅんふし
十、 奉國懽舞之頌 しらかーふし
十一、輸誠仰天之頌 金武ちんふし
十二、球土永安之頌 あかつきふし

出演
[舞踊]
佐辺良和(作舞)・宮城茂雄(作舞)
伊波留依・髙里風花・仲嶺夕理彩・宮崎花澄
[歌三線]
新垣俊道・棚原健太・島袋奈美・親川遥
[胡弓]
森田夏子

※やむを得ない事情により、出演者等が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

監修
遠藤美奈(沖縄県立芸術大学准教授)
監修者メッセージはこちら

技術監督・コーディネート:關 秀哉(RYU)
照明:伊藤雅一(RYU)
舞台監督:夏目雅也

【那覇公演】

本公演は、那覇文化芸術劇場 なはーと(10月31日開館)の「こけら落としシリーズ」として上演いたします。
2022年3月13日(日)那覇文化芸術劇場 なはーと 大劇場
詳細:那覇文化芸術劇場 なはーとWEBサイト

公演チラシ

チラシはこちら

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
後援:沖縄県立芸術大学
企画:ロームシアター京都、那覇文化芸術劇場なはーと

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター TEL.075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
一般3,500円 / 25歳以下2,000円 / 18歳以下1,000円 
※2月11日 宮古の芸能/八重山の芸能、2月12日 琉球の芸能、両日とも同じ料金です。

お得な2日間通し券【2月11日+12日】
一般6,000円 / 25歳以下3,000円
※18歳以下対象の2日間通し券は販売いたしません。

※25歳以下(18歳以下)チケットのご購入者は公演当日、受付にて年齢が確認できる証明書をご提示ください。
※未就学児童の入場不可

先行発売日

2021年9月10日(金)
10:00~

一般発売日

2021年9月17日(金)
10:00~

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ TEL.0570-02-9999

託児サービス

下記の申込要領をご確認の上、Eメールかお電話にてご予約ください。

委託先 :㈱ウィズグループ京都オフィス(全国保育サービス協会会員)

開催日時:①2022年2月11日(金・祝)12:30~終演15分後まで。
     ②2022年2月12日(土)15:30~終演15分後まで。
申込締切:①2022年2月4日(金) ※電話受付は18:00まで
     ②2022年2月5日(土) ※電話受付は18:00まで

託児人数:託児スペースの関係上、お預かりできる人数に限りがあります。
定員になり次第、受付を終了させていただきますので、予めご了承ください。
対象年齢:3か月~就学前まで
料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり
※公演当日、託児会場にてお支払いください。
※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。
※ご利用料金については、キャンセルの場合も発生致します事、予めご了承下さい。

◆Eメール⇒メールアドレス:kyoto-office☆with-g.com(☆を@に変えてお送りください)
件名 ⇒ ロームシアター京都 託児室希望
本文 ⇒ 保護者様氏名(ふりがな)
緊急連絡先(携帯電話など)
お子さまのお名前(ふりがな)
性別・年齢(〇歳〇ヵ月まで記入ください)
希望託児時間(開催日時①②のいずれか)
その他、アレルギーや健康状態など託児上の注意点

◆お電話⇒0120-470-077(フリーダイヤル)または075-343-6787
上記と同内容をお尋ねします。

※集団保育でお過ごしになる際のお子様のご様子で気になる点など、特に「アレルギーや医師からの診断事項等留意点、集団保育でお過ごしになる際のお子様のご様子で気になる点」については、託児を行う上で重要となりますので、必ず事前にお知らせください。

関連イベント・記事