重要なお知らせ
ロームシアター京都における新型コロナウイルス感染症への対応についてはニュースにて最新情報をお知らせしています。Information of the prevention of coronavirus in ROHM Theatre Kyoto(JP only): 詳細はこちら Click here
SEARCH
重要なお知らせ : ロームシアター京都における新型コロナウイルス感染症への対応についてはニュースにて最新情報をお知らせしています。Information of the prevention of coronavirus in ROHM Theatre Kyoto(JP only): 詳細はこちら Click here
JP / EN
重要なお知らせ : ロームシアター京都における新型コロナウイルス感染症への対応についてはニュースにて最新情報をお知らせしています。Information of the prevention of coronavirus in ROHM Theatre Kyoto(JP only): 詳細はこちら Click here
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / フランソワ・シェニョー&ニノ・レーネ「不確かなロマンス −もう一人のオーランドー」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

フランソワ・シェニョー&ニノ・レーネ「不確かなロマンス −もう一人のオーランドー」

2020年12月5日(土)、12月6日(日)

舞踊サウスホール
  • twitter
  • facebook
  • フランソワ・シェニョー&ニノ・レーネ「不確かなロマンス −もう一人のオーランドー」

    ©Nino Laisné

  • フランソワ・シェニョー&ニノ・レーネ「不確かなロマンス −もう一人のオーランドー」

    ©Nino Laisné

スペイン音楽・舞踊の伝統を、ジェンダーを超えた独舞・独唱でたどる旅。
世界から熱視線を集める新時代の振付家による、待望の来日公演!

KYOTO EXPERIMENT2018の公演も記憶に新しいフランスの俊英振付家・ダンサー、フランソワ・シェニョーが3度目の来日を果たします。今作は、スペイン音楽・舞踊の伝統に現代のジェンダー観を重ね合わせた芸術作品として2017年に初演され、世界各地で称賛された話題作。シェニョーとアーティスト ニノ・レーネが共同で構想し、スペインの音楽と舞踊の歴史を参照しながら、トランスジェンダーの青年貴族が主人公のヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』に着想を得て、シェニョーが“もうひとりのオーランドー”となり、性を超越し、外見とアイデンティティを変えながら見事なソロダンスと歌唱を繰り広げます。テオルボ、バンドネオン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、パーカッション、バロックギターの音色に乗せて、シェニョー自身が歴史/芸術/社会のごとく絶え間なく変化し続ける圧巻の舞台です。

開催日時・会場

2020年12月5日(土)、12月6日(日)

5日(土)19:00開演
6日(日)15:00開演

会場:サウスホール

公演・作品について

音楽デザイン・音楽監督・演出:ニノ・レーネ
コンセプト・振付:フランソワ・シェニョー
ダンス・歌唱:フランソワ・シェニョー

フランソワ・シェニョー 

(C)Laurent Poleo Garnier

フランソワ・シェニョー  François Chaignaud

フランス・レンヌ生まれ。6歳からダンスをはじめ、2003年パリ国立高等音楽・舞踊学校卒業。その後、ボリス・シャルマッツ、エマニュエル・ユイン、アラン・バファード、ジル・ ジョバンといった多くの振付家やダンサーとコラボレーションを展開。『不確かなロマンス -もう一人のオーランドー』(2017年)のような官能的かつ崇高な作品で、ダンスにおける肉体的な厳密さ、歌の何かを喚起する力、さらには、歴史的な言及の間に立ち上がる空間において、身体の可能性を追求してきた。2005年以来、セシリア・ベンゴレアと共にカンパニーVlovajob Pruを結成し、『TWARK』、『DUB LOVE』、などを世界各国で発表し、高い評価を得ている。また彼らは、リヨン・オペラ・バレエ、ロレーヌバレエ、ヴッパタール舞踊団など欧州の重要なダンスカンパニーに作品を提供している。

ニノ・レーネ 

©Magali Pomier

ニノ・レーネ  Nino Laisné

映像と写真を軸に、現代美術、映画、音楽などジャンルを横断して活動するアーティスト。歴史的および社会学的要素、芸術、伝統、キャバレーそしてオペラなどを通じて展開される彼のプロジェクトはポルトガル、ドイツ、スイス、エジプト、中国、そしてアルゼンチンで実施されており、近年は数々の映画祭やアートフェアに招かれている。現在、マドリッドのアカデミー・ド・フランスのメンバーであり、カサ・デ・ヴェラスケスのレジデント・アーティスト。

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
共同招聘:彩の国さいたま芸術劇場、北九州芸術劇場
助成:一般財団法人地域創造、アンスティチュ・フランセ パリ本部

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
一般       4,000円
ユース(25歳以下)2,500円
18歳以下     1,000円
コンテンポラリーダンス演目セット券 7,000円
★コンテンポラリーダンス演目セット券対象公演
※セット券対象事業: 名和晃平×ダミアン・ジャレ『PLANET<wanderer>』
※ユースチケットをご購入の方は、公演当日、年齢が確認できる証明書のご提示が必要です。

先行発売日

2020年7月11日(土)
※ロームシアター京都フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2020年7月18日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]