SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 室内オペラ「サイレンス」〈日本初演〉
PROGRAM公演・イベント

自主事業

室内オペラ「サイレンス」〈日本初演〉

2020年1月18日(土)

音楽サウスホール
  • twitter
  • facebook
2019年09月20日更新|特設サイトを公開しました!こちら
  • 室内オペラ「サイレンス」〈日本初演〉

    ©Théâtres de la Ville de Luxembourg/Silvia Delmedico

  • 室内オペラ「サイレンス」〈日本初演〉

    ©Théâtres de la Ville de Luxembourg/Silvia Delmedico

  • 室内オペラ「サイレンス」〈日本初演〉

“ノーベル賞受賞・生誕 120 周年”川端康成 × “ゴールデングローブ賞・アカデミー賞受賞”アレクサンドル・デスプラ
ジャンルレスでボーダレスな新作オペラ!

2019年に生誕120年を迎えた小説家・川端康成の短編小説『無言(サイレンス)』にインスピレーションを受け、グラミー賞やゴールデングローブ賞で作曲賞を多数受賞している注目の映画音楽作曲家・アレクサンドル・デスプラが新たに発表する室内オペラ。2019年2月にルクセンブルクで世界初演、パリ(フランス)での初演などを経て、2020年1月に日本初演を迎えます。
ルクセンブルクを拠点に活躍する現代音楽アンサンブル「アンサンブル・ルシリン」の演奏に加え、VALENTINOのクリエイティブディレクターが衣装を手がけるなど、これまでにないスペシャルなコラボレーションが実現。枠にとらわれない新しいオペラを体験してください。

フランス語上演/日本語字幕付き

開催日時・会場

2020年1月18日(土)

18:00開演

会場:サウスホール

公演・作品について

出演・スタッフ

原作 : 川端康成「無言」
音楽、指揮:アレクサンドル・デスプラ
台本:アレクサンドル・デスプラ/ソルレイ
演出:ソルレイ
美術・照明:エリック・ソワイエ
衣装:ピエールパオロ・ピッチョーリ
演奏:アンサンブル・ルシリン
ソプラノ:ジュディス・ファー
バリトン:ロマン・ボックラー
語り:ローラン・ストッカー(コメディ・フランセーズ)

プロフィール

アレクサンドル・デスプラ

アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat

グラミー賞、ゴールデングローブ賞で音楽賞を多数受賞している注目作曲家が室内オペラを新たに発表する。2005年、『真夜中のピアニスト』でベルリン国際映画祭銀熊賞とセザール賞を受賞した。また、2006年の『クィーン』でアカデミー賞にもノミネートされた。2008年の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や2010年の『英国王のスピーチ』でもノミネートされている。2014年の『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞を初受賞。最新作『The Shape of Water(2018 年 3 月 1 日 日本公開)』はゴールデングローブ最優秀作曲賞、アカデミー賞作曲賞を受賞。その後も多数のノミネート、受賞を続けている。

プロフィール

アンサンブル・ルシリン

アンサンブル・ルシリン United Instruments of LUCILIN

ルクセンブルクを拠点に活躍する現代音楽アンサンブル。20世紀/21世紀の音楽の振興と創作に力を入れている。弦楽四重奏、ピアノ、打楽器メンバーを核にし、プロジェクトの規模に応じて管楽器や他の楽器が加わる。作曲家、学者、演奏家が創造に参加し、共に現代のさまざまな音楽分野の発展を目指している。2014年10月に来日し、細川俊夫作曲「大鴉—メゾソプラノと12の奏者のためのモノドラマ」日本初演(コンサート版)。広島にて演奏会と共にCD録音をし、NAXOSよりリリース、「レコード芸術」特選盤。子ども向け「チュール君と影」日本ツアー/細川俊夫「大鴉」再演/フィリップ・マヌリ「Kein Licht」世界初演&再演に演奏団体として参加/パスカル・デュサパン子ども向け「Momo」ルクセンブルク初演など、コンサートだけではなく、子ども劇場や舞台作品など活発に活動を展開している。

公演チラシ

ダウンロードはこちら(PDF)

ルクセンブルク/パリ初演の公演評より

〈ル・コティディアン紙〉(2019年2月27日)
透明感溢れるデスプラの新作オペラ

抽象的な白い空間で繰り広げられる歌唱と語りの混合の中から、登場人物を彩る色とりどりのオーケストラが立ち現れる。その音楽はいわゆる「日本的な」ステレオタイプに陥ることはなく、アンサンブル・ルシリンの10人の奏者による見事な演奏が、抑制の効いた演出と相まって、比類なき舞台が生み出された。

〈Musikzen〉(2019年3月3日)
デスプラは賭けに勝った
ミリ単位で計算された動作、非現実的な光の効果、繊細な衣装。舞台奥に整列した、彼方からの来訪者のような演奏者たちの奏でる、緻密なオーケストレーションの施された音楽は舞台から重力を奪い去り、時が止まったかの様な東洋的空間の中で、静寂こそが生の最終段階であった。

〈ルクセンブルク民衆新聞〉(2019年3月13日)
美しくも奇怪なオペラ
私達は非理性的で曖昧な、グロテスクでありかつ悲劇的なユーモアに満たされた世界の縁で、旅路の果てに意識を失い、目覚めるとそこが亡霊たちの棲家であるような体験にいざなわれた。デスプラの音楽は静寂そのものとして、聴き手の精神の奥底へと沁み入ってくる。私はすっかりこの奇妙な美しさに魅了されてしまった。

(訳:根本卓也)

掲載情報

音楽レビューサイト「Mikiki」
【レビュー】アレクサンドル・デスプラが川端康成の「無言」を基に作った初オペラ『サイレンス』をパリで観た

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、ルクセンブルク大公国大使館

特設サイト

お問い合わせ

ロームシアター京都チケットカウンター   TEL.075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定 一般6,000円、ユース(25歳以下)3,000円

先行発売日

2019年9月7日(土)
10:00~ ※フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)、京響友の会会員

一般発売日

2019年9月14日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ TEL.0570-02-9999

    Pコード:163-821

  • e+(イープラス)

託児サービス

◎託児サービスあり(17:15-20:00の受入時間)

■対象年齢:生後3ヵ月~12歳まで
■料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり ※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。 ※ご利用料金については、キャンセルの場合も発生致します事、予めご了承下さい。
■委託先:有限会社ノトス 公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)正会員
■保険:不測の事故に対応するために、有限会社ノトスが保険に加入しており、保険適用範囲で補償いたします。 ロームシアター京都は事故の責任は負わないことを申し添えます。

■申込方法 お問合せフォームより、下記必須事項をご入力のうえご予約下さい。
お問い合わせフォームはこちら

・【ご利用希望日】公演日時
・【ご利用希望時間帯】公演名
・【お問合せ項目】お子様のお名前(ふりがな)、託児上の注意点(アレルギーなど)
※福利厚生クーポンについては、ご利用頂けません事、ご了承下さいませ。 なにかご不明点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。