SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019
チェルフィッチュ×金氏徹平『消しゴム山』
PROGRAM公演・イベント

自主事業

開催決定

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019
チェルフィッチュ×金氏徹平『消しゴム山』

2019年10月5日(土)、10月6日(日)

演劇サウスホール
  • twitter
  • facebook

人間のスケールを脱する演劇とは?
ヒト、モノ、空間、音、言葉が、未知のすがたで現れる

いま・ここにいる人間のためだけではない演劇は可能か? 人間とものを主従関係で結ぶ世界観から離れ、ものと人間が限りなくフラットに存在するような空間を生み出せるだろうか? 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では、再び住民の暮らしを取り戻すべく、津波被害を防ぐ高台を造成する工事が広大な範囲にわたって行われている。もとの地面から嵩上げされる高さは10 メートル以上、そのための土砂は、周辺の山をその原型を留めないほどに大きく切り崩すことでまかなわれていた。「これは、人間がしてよい行為なのだろうか?」 2017 年に同地を訪れ、驚異的な速度で人工的に作り変えられる風景を目の当たりにしたことをきっかけに、岡田利規は「人間的尺度」を疑う新作の構想を始めた。コラボレーターには、主な手法であるコラージュに、演劇的な視点を貪欲に取り込み作品の可能性を拡張させつつある美術家・金氏徹平を迎える。また、昨年からチェルフィッチュが取り組む「映像演劇」も実装され、俳優の身体のありようにも新たなアプローチが試みられる。人間中心主義から逃れていった先にあらわれる風景とは。演劇をアップデートし続けるチェルフィッチュの最新形。

開催日時・会場

2019年10月5日(土)、10月6日(日)

10月5日(土) 18:30 開演
10月6日(日) 14:00 開演 ◎★ / 19:30 開演

◎…託児サービスあり
★…ポスト・パフォーマンストークあり

会場:サウスホール

上演時間:約100分(予定)

公演・作品について

プロフィール

岡田利規 Toshiki Okada

演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。2005 年『三月の5 日間』で第49 回岸田國士戯曲賞を受賞。同年7 月『クーラー』でTOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005 ー次代を担う振付家の発掘ー」最終選考会に出場。2007 年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を新潮社より発表、翌年第二回大江健三郎賞受賞。2012 年より岸田國士戯曲賞の審査員を務める。2016 年よりドイツ有数の公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品演出を4 シーズンにわたって務める。2018 年8 月にはタイの小説家、ウティット・へーマムーンの原作を舞台化した『プラータナー:憑依のポートレート』をバンコクにて発表、12 月にフェスティバル・ドートンヌ(パリ)にて上演。

プロフィール

金氏徹平 Teppei Kaneuji

2001 年京都市立芸術大学在籍中、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)に交換留学。2003 年京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。現在、同大学彫刻専攻准教授。日常の事物を収集し、コラージュ的手法を用いて作品を制作。彫刻、絵画、映像、写真など表現形態は多岐にわたり、一貫して物質とイメージの関係を顕在化する造形システムの考案を探求。個展「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2016)、「四角い液体、メタリックなメモリー」(京都芸術センター、2015)など国内外での展覧会のほか、舞台美術や装丁も多数。あうるスポットプロデュース「家電のように解り合えない」(2011)、KAAT キッズ・プログラム2015 おいしいおかしいおしばい「わかったさんのクッキー」(2015-2016)での舞台美術をはじめ、自身の映像作品を舞台化した「TOWER」(2017)では演出を手掛ける。

特設サイト

お問い合わせ

KYOTO EXPERIMENT事務局  TEL:075-213-5839

チケット購入・予約

チケット料金

自由席
一般:4,000円
ユース(25歳以下)・学生:3,000円
高校生以下:1,000円
ペア:7,500円

関連イベント