SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019
チョイ・カファイ『存在の耐えられない暗黒』
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019
チョイ・カファイ『存在の耐えられない暗黒』

2019年10月5日(土)、10月6日(日)

舞踊ノースホール
  • twitter
  • facebook
  • KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019チョイ・カファイ『存在の耐えられない暗黒』

    Photo by Katja Illner

垂直軸の舞踊史と水平軸のアジアが交わるところ
テクノロジーが憑依させる舞踏の起源

映像、演劇、パフォーマンスなど、領域横断的に自在な活動を展開するチョイ・カファイは、過去2 度にわたるKYOTO EXPERIMENT への参加で上演されたいずれの作品でも、ダンスという表現への深い敬慕と入念なリサーチ、そして独自のアプローチを見せてきた。テクノロジーをある種” 誤用” しながら、ダンス史におけるレジェンドたちの振付を復元した『Notion:Dance Fiction』。アジアを拠点に活動する同時代のダンサーたちをリサーチし、多くのヴァリエーションを蓄積してきたプロジェクト『Soft Machine』。個々のダンサーが刻んできた歴史という垂直軸と、アジアという単一化できない広がりをもつ水平軸を長い時間をかけ巡ってきたチョイ・カファイ。その彼が『存在の耐えられない暗黒』で出演をオファーしたのは、なんと暗黒舞踏の創始者である故・土方巽(1928-86)だった。 故人である土方と対話するためにいくつかの手段が講じられた。恐山までイタコを訪ね、土方の霊を口寄せする、あるいは、残された資料から土方のアバターを生成して―― 現在を生きるわたしたちと、かたちのない霊魂は、古今のメディアの力によって、共に踊ることができるのだろうか?

開催日時・会場

2019年10月5日(土)、10月6日(日)

10月5日(土) 16:30開演 ◎★
10月6日(日) 12:00/18:00開演

◎…託児サービスあり
★…ポスト・パフォーマンストークあり

会場:ノースホール

上演時間:約60分

公演・作品について

プロフィール

チョイ・カファイ Choy Ka Fai

1979 年シンガポール生まれ、ベルリン在住。ダンス、メディア、パフォーマンスが複雑に出会う、分野横断的な作品を展開。作品に通底するテーマは、身体の形而上学への探求である。リサーチ・プロジェクト、擬似的科学実験、ドキュメンタリー・パフォーマンスといった様々な表現に、テクノロジーとナラティブを用いて、人間の身体の未来を想像する。Sadler’s Wells(ロンドン)、ImPulsTanz Festival(ウィーン)、Tanz Im August(ベルリン)を始めとする、国際的に主要な劇場やフェスティバルで作品を発表。2017 年から2019 年はデュッセルドルフのtanzhaus nrw、2014 年から2015 年にはベルリンの Künstlerhaus Bethanien にレジデンス・アーティストとして滞在。2010 年にはシンガポールの国立劇場協議会より、ヤングアーティスト賞を受賞。ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(デザイン・インタラクション)大学院を卒業している。

主催:京都国際舞台芸術祭実行委員会 [京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、 京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター]

特設サイト

お問い合わせ

KYOTO EXPERIMENT事務局  TEL:075-213-5839

チケット購入・予約

チケット料金

自由席
一般:3,000円
ユース(25歳以下)・学生:2,500円
高校生以下:1,000円
ペア:5,500円

一般発売日

2019年7月26日(金)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]

関連イベント