SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.3
人形浄瑠璃 文楽
PROGRAM公演・イベント

自主事業

シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.3
人形浄瑠璃 文楽

2020年2月29日(土)

演劇サウスホール
  • twitter
  • facebook
2020年02月02日更新|前売券はすべて完売いたしました。
当日券情報はこちら
  • シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.3 人形浄瑠璃 文楽

伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ第三弾は、文楽!

木ノ下歌舞伎主宰 木ノ下裕一をスーパーバイザーに招き、桐竹勘十郎と共に、文楽の魅力を詰め込んだ1日限りのスペシャルな上演。現桐竹勘十郎が吉田簑太郎時代に作った一作「端模様夢路門松」、86年ぶりの上演となる大曲「木下蔭狭間合戦『竹中砦の段』」。この稀少な演目をお見逃しなく!上演後には、技芸員と専門家によるディスカッションも実施します。

開催日時・会場

2020年2月29日(土)

<開演>13:00(開場12:30)

会場:サウスホール

公演・作品について

演目

端模様夢路門松(つめもようゆめじのかどまつ)
現桐竹勘十郎が吉田簑太郎時代に作った一作、三人遣いの人形になりたいという、ひとりで遣う端役の“つめ人形”が主人公の作品。今回、久しぶりの上演となる。

木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」(このしたかげはざまがっせん)
「竹中砦」は、2003年5月に故9代目竹本綱太夫(のちの竹本源太夫)、鶴澤清二郎(現鶴澤藤蔵)にて復曲、素浄瑠璃にて上演されているが、人形浄瑠璃としては1934(昭和9)年以来、86年ぶりの上演となる。桶狭間の戦を背景とした時代物である。

ディスカッション
出演:桐竹勘十郎、鶴澤藤蔵、木ノ下裕一

 

出演

<太夫>竹本津駒太夫改め六代目 竹本 錣太夫、竹本 碩太夫ほか
<三味線>鶴澤清介、鶴澤藤蔵ほか
<人形遣い>桐竹勘十郎、吉田玉男、吉田勘弥ほか

スーパーバイザー:木ノ下裕一

配役表


端模様夢路門松(つめもようゆめじのかどまつ)

竹本 碩太夫
鶴澤 清介
鶴澤 清公
鶴澤 清允

門松:桐竹 勘十郎
竹蔵:吉田 勘市
定八:桐竹 紋吉
老やん:吉田 簑一郎
お梅:桐竹 紋臣
仲間たち:
吉田 玉翔
吉田 玉誉
吉田 簑太郎
桐竹 勘次郎
吉田 玉彦
桐竹 勘介
吉田 玉路
吉田 玉延
吉田 簑悠
吉田 玉征
豊松 清之助

おはやし:望月太明蔵社中


木下蔭狭間合戦「竹中砦の段」(このしたかげはざまがっせん)

竹本津駒太夫改め、六代目 竹本 錣太夫
鶴澤 藤蔵

娘 千里:吉田 一輔
左枝 犬清:吉田 玉助
竹中官兵衛重晴:桐竹 勘十郎
妻 関路:吉田 勘彌
斎藤 義龍 :吉田 玉佳
大垣三郎:吉田 玉勢
樽井藤太:吉田 簑紫郎
四の宮源吾:吉田 文哉
小田春永:吉田 玉男
此下当吉:吉田 玉志
一子 清松:桐竹 勘昇
家来:大ぜい

おはやし:望月太明蔵社中

ディスカッション
出演:桐竹勘十郎、鶴澤藤蔵、木ノ下裕一

桐竹 勘十郎

桐竹 勘十郎 Kanjuro Kiritake

1953年大阪生まれ。父は人間国宝の人形遣い、二世桐竹勘十郎、姉は俳優、三林京子。 1967年文楽協会人形部研究生となる。人間国宝の三世吉田簑助に師事。翌年、大阪毎日ホールで初舞台。父から学んだ立ち役、名女方の師匠から学んだ女方、男女の人形を遣いこなす。2003年、三世桐竹勘十郎を襲名。公演のほか、ワークショップや大阪府能勢町の「能勢人形浄瑠璃鹿角座」の指導、新作公演など活動は多彩。「絵本太功記」「夏祭浪花鑑」で 2008年芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章、「文楽人形遣いとして高度な技をもった活躍及び文楽界における貢献」で平成21年度(第66回)日本芸術院賞、平成30年第38回伝統文化ポーラ賞優秀賞など受賞多数。

木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎主宰)

木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎主宰) Yuichi Kinoshita

1985年和歌山市生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネート。また、2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞。平成29年度京都市芸術文化特別奨励制度奨励者。公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。渋谷・コクーン歌舞伎『切られの与三』(2018)の補綴を務めるなど、外部での古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
企画製作:ロームシアター京都
制作協力:木ノ下歌舞伎/一般社団法人樹来舎、一般社団法人 日本の伝統芸能
協力:国立文楽劇場
特別協賛:公益財団法人稲盛財団
2019年度 日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

【1階席】一般6,000円/ユース(25歳以下)4,000円
【2階席】一般4,000円/ユース(25歳以下)2,000円
※ユース(25歳以下)の方は、公演当日に年齢が確認できる証明書をお持ちください。

先行発売日

2019年10月9日(水)

一般発売日

2019年10月16日(水)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ TEL.0570-02-9999

    【Pコード:497-824】

託児サービス

■対象年齢:生後3ヵ月~12歳まで
■料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり ※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。 ※ご利用料金については、キャンセルの場合も発生致します事、予めご了承下さい。
■委託先:有限会社ノトス 公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)正会員
■保険:不測の事故に対応するために、有限会社ノトスが保険に加入しており、保険適用範囲で補償いたします。 ロームシアター京都は事故の責任は負わないことを申し添えます。
■申込方法 お問合せフォームより、下記必須事項をご入力のうえご予約下さい。
※締切:2020年2月22日(土)
お問い合わせフォームはこちら

・【ご利用希望日】公演日時
・【ご利用希望時間帯】公演名
・【お問合せ項目】お子様のお名前(ふりがな)、託児上の注意点(アレルギーなど)
※福利厚生クーポンについては、ご利用頂けません事、ご了承下さいませ。 なにかご不明点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。
有限会社ノトス 075-341-5150(日祝除く9:00~17:00)

関連ニュース