TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / チェルフィッチュ「三月の5日間」リクリエーション
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

チェルフィッチュ「三月の5日間」リクリエーション

2018年1月30日(火)~ 2月4日(日)

演劇ノースホール
  • twitter
  • facebook
  • チェルフィッチュ「三月の5日間」リクリエーション

新作を発表するごとに、世界中から大きな期待が寄せられる演劇カンパニー、チェルフィッチュ。 活動20周年を記念して、2005年に第49回岸田國士戯曲賞を受賞した初期代表作を、オーディションにより選ばれた20代前半の俳優とともに新たに再創造します。
動画

開催日時・会場

2018年1月30日(火)~ 2月4日(日)

会場:ノースホール

開演 1/30(火) 1/31(水) 2/1(木) 2/2(金) 2/3(土) 2/4(日)
14:00     ◎(E)★  
18:00          
19:30 ○(E) ○(E)★ ○(E)★ ○★    

★=ポスト・パフォーマンストークあり

*=英語字幕付き/* With English Subtitles

◎=託児サービスあり(有料1,000円、定員あり、要予約)



<前売券完売回>※2月1日(木)現在

2月1日(木)14:00開演回

◎2/3および2/4の14:00開演回は、増席のため追加販売中

【ポスト・パフォーマンストーク】

1/31(水)19:30回

登壇:岡田利規(チェルフィッチュ主宰)、細馬宏通(人間行動学者/滋賀県立大学人間文化学部教授)



2/1(木)14:00回

登壇:岡田利規(チェルフィッチュ主宰)

聞き手:橋本裕介(ロームシアター京都プログラム・ディレクター)



2/1(木)19:30回

登壇:石倉来輝、渋谷采郁、渡邊まな実

司会:島貫泰介(美術ライター、編集者)



2/2(金)19:30回

登壇:朝倉千恵子、板橋優里、中間アヤカ、米川幸リオン

司会:島貫泰介(美術ライター、編集者)

公演・作品について

出演・スタッフ

作・演出:岡田利規

出演:朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ、米川幸リオン、渡邊まな実

技術監督:鈴木康郎
照明:大平智己(ASG)
音響:牛川紀政
衣裳:藤谷香子(FAIFAI)
英語翻訳:アヤ・オガワ
宣伝写真:小林健太
宣伝美術:牧寿次郎

舞台美術

トラフ建築設計事務所

岡田利規からのメッセージ

『三月の5日間』は今は昔、二〇〇三年の三月にイラク戦争が開戦した頃の東京を舞台にした芝居です。若い(かつ力強い)七人の役者によって、ひとむかし前のこの戯曲(案外と書き換えられるでしょう)を、新しい仕方で上演することは、二〇一七年の十二月の日本の首都圏に、何を引き起こすのでしょう? 見当はまるで付かないです。こうしたことは予想しても、外れるのが常なので。でも、きっと〈何か〉が引き起こされるはずであり、その〈何か〉を身をもって知ることができるときを、今から僕は待っています。

岡田利規

『三月の5日間』とは?

2003年3月、アメリカ軍がイラク空爆を開始した日を含む5 日間の若者達の日常を描く。若者のしゃべり言葉をそのまま書き起こしたような戯曲と、そうした言葉によって引き出される無意識な体の動きを過剰に誇張した身体とのスリリングな関係性が、それまで当たり前とされてきた劇構造を根本から覆し、日本現代演劇の転機として語られるチェルフィッチュの代表作。2005年第49回岸田國士戯曲賞を受賞。2007年クンステン・フェスティバル・デザール(ブリュッセル)にて海外初演以降、世界30都市以上で上演をかさね、2011年には100回記念公演をKAAT神奈川芸術劇場にて開催。

上演言語

日本語(英語字幕付きの回あり)

チェルフィッチュ

岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立し、今年20周年を迎える。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。2007年『三月の5日間』にて国外進出を果たして以降、世界70都市での上演歴を持つ。近年は海外のフェスティバルによる委託作品制作の機会も多く活動の幅をさらに広げている。

チェルフィッチュ公式WEBサイト

主 催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
製作:一般社団法人チェルフィッチュ、KAAT神奈川芸術劇場
企画制作:株式会社precog
助成:平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
国際共同製作:KAAT神奈川芸術劇場、ロームシアター京都、Kunstenfestivaldesarts
国際共同製作賛助:穂の国とよはし芸術劇場PLAT、長野市芸術館、山口情報芸術センター[YCAM]
レジデンスサポート:豊橋市、穂の国とよはし芸術劇場PLAT
協力:急な坂スタジオ、城崎国際アートセンター(豊岡市)

お問い合わせ

ロームシアター京都チケットカウンター
TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

チケット購入・予約

チケット料金

全席自由
前売一般 3,500円
ユース(25歳以下)2,500円(限定枚数/要証明書)
当日 4,000円

※未就学児童入場不可 
※ユースチケットはロームシアター京都オンラインおよびチケットカウンター、京都コンサートホールチケットカウンターで取扱。公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示いただき、自由席券とお引換えいたします。
※車椅子でご来場の方は、事前にロームシアター京都までご連絡をお願いいたします。

先行発売日

2017年10月5日(木)
フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2017年10月14日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ TEL.0570-02-9999

    10/14一般発売以降《Pコード:482-292》

  • ローソンチケット TEL.0570-084-005

    10/14一般発売以降《Lコード:57641》
    (オペレーターダイヤル)0570-000-407(10:00~20:00)

  • e+(イープラス)

    10/14一般発売以降

託児サービス

本公演では託児サービスを実施いたします。

■開設日時:2018年2月1日(木)、3日(土)

各日13:30~16:15

■託児人数:8名様程度を予定

■対象年齢:生後3ヵ月~12歳まで

■場所:ロームシアター京都内 ※セキュリティ確保のため、お申込者のみにご案内します。

■委託先:(株)アルファコーポレーション 公益社団法人 全国保育サービス協会(ACSA)正会員

■料金:有料 1,000円(税込)/1回 /お1人あたり

 

■申込締切:2018年1月26日(金)

※定員になり次第、締め切らせていただきますのでお早目にお申込みください。

■保険:不測の事故に対応するために、アルファコーポレーションが保険に加入しており、保険適用範囲で補償いたします。ロームシアター京都は事故の責任は負わないことを申し添えます。 お申込みについては、本ページの最下部をご参照ください。

 

【託児サービスのお申込み】

 

■申込方法

① WEBでの予約 

下記URLよりログインして頂き、必須事項をご入力のうえご予約下さい。

https://cscs.alpha-co.com/event_yoyaku_kihon_form.jsp?E=954661*Wean8

 

② メールでの予約

申込みメールアドレス:yoyaku@alpha-co.com

 ※サブジェクト(件名) :「『三月の5日間』託児室予約」

 

③ お電話での予約

075-212-7555(平日 9:30~17:30) 

 

※②③については以下の項目をお伝え下さい。

 

1)保護者氏名(よみがな)・連絡先(携帯電話番号含む)

2)子どもの人数・年齢・名前(よみがな)・性別

3)託児上の注意点(アレルギーなど)

 

ご予約確認後、「利用規約」と「利用申込書」をお送りいたします。