SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / サンガツ「¿Music?」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

サンガツ「¿Music?」

2021年2月19日(金)~ 2月20日(土)

音楽ノースホール
  • twitter
  • facebook
2021年02月18日更新|当日券を販売いたします。詳細はこちらをご覧ください。
また昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、公演の開演時間を一部変更いたします。詳細は下欄「開催日時」欄をご確認ください。
  • サンガツ「¿Music?」

  • サンガツ「¿Music?」

音楽の可能性を問い直し拡張するバンド、サンガツがロームシアター京都に初登場!

ポスト・ロックを牽引するジム・オルークのプロデュースによりデビューした東京拠点のバンド、サンガツ。音楽の枠にとらわれない、広く音を使った表現を創造することを目指した独自の活動で、静かに注目を集めています。チェルフィッチュなどの演劇カンパニーやダンス・映画への参加など、他ジャンルとのコラボレーションも多数手掛ける彼らがロームシアター京都で行うのは、その日・その場だけのために作曲された新作演目。有り得べきもう一つの音楽の可能性を提示します。

開催日時・会場

2021年2月19日(金)~ 2月20日(土)

19日(金)19:30 ⇒ 18:00
20日(土)15:30 ⇒ 変更無し
※昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、開演時間を一部変更いたします。
※開場は開演の30分前

会場:ノースホール

上演時間:70分(予定)

公演・作品について

サンガツ

サンガツ Sangatsu

1997年に東京で結成。ジム・オルークのプロデュースによる『サンガツ』でデビュー。音楽の枠にとらわれない、広く音を使った表現を創造することを目的に設立。 演劇・ダンス・映画等、他ジャンルとのコラボレーションも多数。音が鳴らされるための仕組みやルール(プラットホーム)を作品として提示するプロジェクトの発表、2012年以降の発表作品の今後5年間における著作権放棄など、楽曲とリスナーの関係についてフォーカスした活動が注目を集める。近年は「遊び」の場が持つ力に注目し、広場で新しい遊びを作るようなやり方で作曲を行っている。ベルリン・北京・ソウル・他海外公演も多数。毎週日曜のリハはかかさず。
メンバー:小泉篤宏(ギター)、小島創太郎(ギター)、千葉広樹(ベース)、宿谷一郎(ドラム)、富樫大樹(ドラム)、田中佑司(ドラム)、石上宗太郎(ドラム)

主催:サンガツ
共催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

お問い合わせ

サンガツ abc@sangatsu.com

チケット購入・予約

チケット料金

自由席
前売:3,000円 当日:3,500円
【2月3日更新】開演時間変更に伴い、すでにチケットをご購入されたお客様は、こちらをご確認ください。
※席種が自由(立見)から自由席に変更になりました。

先行発売日

2020年12月5日(土)
フレンズ会員・club会員・京響友の会会員

一般発売日

2020年12月12日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]

託児サービス

ロームシアター京都 公演時託児ご案内

本公演の託児は受付を締め切りました。