重要なお知らせ
ロームシアター京都における新型コロナウイルス感染症への対応についてはニュースにて最新情報をお知らせしています。Information of the prevention of coronavirus in ROHM Theatre Kyoto(JP only): 詳細はこちら Click here
SEARCH
重要なお知らせ : ロームシアター京都における新型コロナウイルス感染症への対応についてはニュースにて最新情報をお知らせしています。Information of the prevention of coronavirus in ROHM Theatre Kyoto(JP only): 詳細はこちら Click here
JP / EN
重要なお知らせ : ロームシアター京都における新型コロナウイルス感染症への対応についてはニュースにて最新情報をお知らせしています。Information of the prevention of coronavirus in ROHM Theatre Kyoto(JP only): 詳細はこちら Click here
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 京都市交響楽団×石橋義正 パフォーマティブコンサート「火の鳥」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

ロームシアター京都開館5周年記念事業

京都市交響楽団×石橋義正 パフォーマティブコンサート「火の鳥」

2021年1月17日(日)

音楽メインホール
  • twitter
  • facebook
  • 京都市交響楽団×石橋義正 パフォーマティブコンサート「火の鳥」

京都が世界に誇る才能が結集!
ここでしか体験できない、パフォーマティブなオーケストラコンサート

2021年は、イーゴリー・ストラヴィンスキーの没後50年。彼が活躍した時代のロシアにおいて、新しい舞台芸術の潮流が生まれました。それは、20世紀初頭に産声をあげ、現代の舞台芸術界のみならず、絵画や音楽、ファッションなどあらゆる芸術運動に影響を与えたバレエ団「バレエ・リュス」です。その活動は現代においてなお、伝説的に語り継がれており、現代音楽の祖とも言われるエリック・サティやストラヴィンスキーなど、当時最先端の才能とコラボレーションを行ない、総合舞台芸術としてのバレエを築き上げていきました。そのようなバレエ・リュスのスピリットにインスパイアされ、音楽・舞踊・美術を融合した“パフォーマティブコンサート”を、京都が世界に誇る才能を結集させて生み出します。

開催日時・会場

2021年1月17日(日)

14:00開演

会場:メインホール

公演・作品について

指揮:園田隆一郎
演出:石橋義正
管弦楽:京都市交響楽団
歌:森谷真理

予定曲目

「花火」(ストラヴィンスキー)
「牧神の午後への前奏曲」(ドビュッシー)
  歌曲集「シェエラザード」(ラヴェル)
「火の鳥」(ストラヴィンスキー)  ほか

園田隆一郎 

©Fabio Parenzan

園田隆一郎  Ryuichiro Sonoda

指揮者
2006年、シエナのキジアーナ夏季音楽週間『トスカ』を指揮してデビュー。翌年、藤原歌劇団『ラ・ボエーム』を指揮して日本デビューを果たす。同年夏にはペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル『ランスへの旅』の他、フィレンツェのトスカーナ管弦楽団との演奏会、カターニアのベッリーニ大劇場管弦楽団の演奏会を指揮した。その後国内外のオペラへの出演、オーケストラとの共演を重ね、オペラと交響曲の両分野で活躍する指揮者の一人である。2017年度第16回斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。藤沢市民オペラ芸術監督。

石橋義正 

石橋義正  Yoshimasa Ishibashi

映像作家/演出家
1968年京都生まれ。京都市立芸術大学大学院に在学中、英国王立芸術大学(RCA)映画科に交換留学。2000年に異色のTV番組『バミリオン・プレジャー・ナイト』を製作・監督。マネキンドラマ『オー!マイキー』がベルリン映画祭に招待されるなど国内外で高い評価を得る。同時にテートモダン、ニューヨークMoMAなど国内外の美術館で映像作品やライブパフォーマンスの発表も行い、2010年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で大規模な個展を開催。伝統芸能、ダンス、メディアを融合した舞台の制作、長編劇映画『ミロクローゼ(主演:山田孝之)』の製作・監督、PARASOPHIA京都国際現代芸術祭でのインスタレーション出品、ファッションカンタータの演出など、ジャンルを越えて創作活動を展開する。京都市立芸術大学美術科教授。

京都市交響楽団 

©井上写真事業所 井上嘉和

京都市交響楽団  City of Kyoto Symphony Orchestra

日本唯一の自治体直営オーケストラとして1956年創立。2008年4月第12代常任指揮者に広上淳一が就任。2014年4月から常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーに広上淳一、常任首席客演指揮者に高関健、常任客演指揮者に下野竜也が就任。2015年広上淳一とともに「第46回サントリー音楽賞」受賞。同年6月広上淳一指揮のもとヨーロッパ公演で成功を収め、2016年は創立60周年記念国内ツアー等を開催し、平成28年度地域文化功労者表彰を受ける。2017年「第37回(2016年度)音楽クリティック・クラブ賞」本賞及び「第29回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」クラシック部門「現代音楽部門賞」を受賞。2017年4月から下野竜也を常任首席客演指揮者に据えて広上・高関・下野による3人指揮者体制を確立。2020年4月からは新指揮者体制として、第13代常任指揮者兼芸術顧問に広上淳一、首席客演指揮者にジョン・アクセルロッドが就任し、名実ともに文化芸術都市・ 京都にふさわしい「世界に誇れるオーケストラ」として更なる前進を図っている。

森谷真理 

©武藤章

森谷真理  Mari Moriya

武蔵野音楽大学卒業、同大学院およびマネス音楽院修了。《魔笛》夜の女王で鮮烈なメトロポリタン歌劇場デビューを飾る。その後、《トゥーランドット》リューでの欧州オペラデビューを皮切りに、リンツ州立劇場専属歌手として《ラ・ボエーム》、《椿姫》など数々の作品に出演するほか、ウィーン・フォルクスオーパーをはじめ欧米主要歌劇場で活躍。国内では、びわ湖ホール《リゴレット》ジルダ、《ラインの黄金》フライア、東京二期会《魔笛》夜の女王、《ばらの騎士》元帥夫人、兵庫県立芸術文化センター《夏の夜の夢》ティターニア、日生劇場《後宮からの逃走》コンスタンツェ等を務める。本年は日生劇場《魔笛》パミーナ、ベルギーフレミッシュオペラ《サティヤーグラハ》に出演した。ウィーン在住。二期会会員。

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
S席 6,000円、A席 4,000円、B席 3,000円、 ユースS席(25歳以下)3,000円(予定)、ロームシアター京都5周年記念セット券 料金未定
※ユース(25歳以下)の方は、公演当日に年齢が確認できる証明書をお持ちください。
★ロームシアター京都5周年記念セット券対象公演
※セット券対象事業: シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4 「雅楽」ハンブルク・バレエ団「ベートーヴェン・プロジェクト」
[2020年9月発売予定]

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]