SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4
雅楽 ~現代舞踊との出会い
PROGRAM公演・イベント

自主事業

ロームシアター京都開館5周年記念事業

シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4
雅楽 ~現代舞踊との出会い

2021年1月10日(日)

音楽舞踊メインホール
  • twitter
  • facebook
  • シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4 雅楽 ~現代舞踊との出会い

  • シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4 雅楽 ~現代舞踊との出会い

日本の伝統音楽“雅楽”と現代舞踊が出会い、伝統を更新する。
開館5周年を寿ぐ、華やかなコラボレーション!

ロームシアター京都の開館5周年記念日を華やかに彩るスペシャルなコラボレーション公演。2017年度から始まった伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ「舞台芸術としての伝統芸能」第4弾です。古典作品はもちろん、現代作品の演奏にも積極的に取り組む雅楽演奏団体・伶楽舎に、りゅーとぴあ専属舞踊団Noism Company Niigataとその芸術監督である金森穣氏をコラボレーターに迎え、新しい“雅楽”のかたちを探ります。それは「雅楽」の新たな魅力を引き出し、京都らしい「温故知新」を体現する舞台となるはずです。前半は伶楽舎および京都の雅楽団体・音輪会による雅楽演奏、後半はNoism0と伶楽舎によるコラボレーションを行います。

開催日時・会場

2021年1月10日(日)

14:00開演

会場:メインホール

公演・作品について

【第一部】 開館5周年を寿ぐ雅楽演奏
演奏:伶楽舎、音輪会
  芝祐靖 作曲:巾雫輪説(伶楽舎)
  双調音取、催馬楽「新しき年」(伶楽舎)
  声明「普賢讃」、舞楽「陵王」(音輪会)

【第二部】 『残影の庭 –Traces Garden』
演奏:伶楽舎
演出振付:金森 穣
出演:Noism0(ノイズムゼロ)
  武満徹 作曲:秋庭歌一具(伶楽舎+Noism0)

伶楽舎 

Photo : T.Tairadate

伶楽舎  Reigakusha

雅楽演奏グループ。1985年に芝祐靖(元芸術院会員、2017年文化勲章受章)が創立し、長らく音楽監督を務めた。現行の雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲や正倉院楽器の復元演奏、現代作品の委嘱や演奏など、幅広い活動を展開。現代曲、復元曲等のCDも多数録音。国内外で演奏活動を行う。2002年中島健蔵音楽賞特別賞、芸術祭レコード部門優秀賞受賞。2016年佐治敬三賞受賞。2020年ENEOS音楽賞邦楽部門受賞。他に解説入りの親しみやすいコンサートや小・中学生のためのワークショップなども多く行い、雅楽への理解と普及に努める。

公式ウェブサイト

金森 穣 

撮影:篠山紀信

金森 穣  Jo Kanamori

演出振付家、舞踊家。りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 舞踊部門芸術監督/Noism芸術監督。
17歳で単身渡欧、モーリス・ベジャール等に師事。ルードラ・ベジャール・ローザンヌ在学中から創作を始め、NDT2在籍中に20歳で演出振付家デビュー。10年間欧州の舞踊団で舞踊家、演出振付家として活躍したのち帰国。03年、初のセルフ・プロデュース公演『no・mad・ic project − 7 fragments in memory』で朝日舞台芸術賞を受賞し、一躍注目を集める。04年4月、りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任し、劇場専属舞踊団Noismを立ち上げる。海外での豊富な経験を活かし次々に打ち出す作品と革新的な創造性に満ちたカンパニー活動は高い評価を得ており、サイトウ・キネン・フェスティバル松本での小澤征爾指揮によるオペラの演出振付を行う等、幅広く活動している。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞、第60回毎日芸術賞ほか受賞歴多数。

公式ウェブサイト

ノイズム・カンパニー・ニイガタ

Noism0『鏡の中の鏡』撮影:篠山紀信

ノイズム・カンパニー・ニイガタ Noism Company Niigata

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館を拠点に活動する、日本初の公共劇場専属舞踊団。芸術監督は金森穣。プロフェッショナル選抜メンバーによるNoism0(ノイズムゼロ)、プロフェッショナルカンパニーNoism1(ノイズムワン)、研修生カンパニーNoism2(ノイズムツー)の3つの集団があり、2004年の設立以来、国内・世界各地からオーディションで選ばれた舞踊家が新潟に移住し、年間を通して活動している。Noism1はりゅーとぴあで創った作品を国内外で上演し、新潟から世界に向けてグローバルに活動。Noism2はプロをめざす若手舞踊家が所属し、劇場での公演の他に、新潟市内で開催されるイベントや学校への出前公演等、地域に根ざした活動を続けている。Noism0は、舞踊に限らず、齢と経験を積み重ねた芸術家だからこそ生み出せる表現を、新潟から世界に向けて発信していく。Noismの由来は、「no-ism=無主義」。特定の主義を持たず、歴史上蓄積されてきた様々な身体知を用いて、あらゆるismを再検証することで、今この時代に有用な新しい形に置き換え、現代人としての身体表現を後世に伝えていこうとしている。

公式ウェブサイト

音輪会 Otonowakai

一千年を越える日本の伝統音楽、『雅楽』を追求する演奏者達が、御遊のふるさと・京都に集い、『音輪会』という雅楽団体を平成8年に発足。以来、宮内庁楽部からの講師陣により、雅楽の精神・響きを厳しく教わり、定期演奏会や京都市と縁あるウクライナ・キエフ姉妹都市提携40周年、クロアチア・ザグレブ姉妹都市提携30周年など国内外の文化交流にてその成果を発揮。また、各地の学校などで雅楽教室を開き、世界に誇れる日本の伝統音楽として積極的に次世代に伝えることも大切な活動としている。

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
特別協賛:公益財団法人 稲盛財団
協賛:京都信用金庫

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
S席 5,000円、A席 3,000円

ロームシアター京都5周年記念セット券(一般S席セット)9,000円
★ロームシアター京都5周年記念セット券対象公演
京都市交響楽団×石橋義正 パフォーマティブコンサート「火の鳥」とのセット券【限定50セット】
※ロームシアター京都オンラインチケット、ロームシアター京都チケットカウンター、京都コンサートホールチケットカウンターにて取扱。

◎5周年記念企画として、ユース(25歳以下)をご招待します
小学生の方:オンラインチケットにて、一般チケットと一緒に無料チケットをご予約いただけます【座席指定可】
中学生以上の方:こちらのWEBフォームからお申込みください【先着順/座席指定不可/当日チケットをお渡し】
10月17日(土)10:00~申込受付を開始します

先行発売日

2020年10月17日(土)
フレンズ会員・club会員・京響友の会会員

一般発売日

2020年10月24日(土)

当初9月発売を予定しておりましたが、10月に発売を延期いたしました

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ TEL.0570-02-9999

    Pコード: 188-628

  • e+(イープラス)

    スマートフォン/PC/Famiポート

募集情報

【ユース(25歳以下)ご招待申込受付中】シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4 雅楽 ~現代舞踊との出会い

ロームシアター京都開館5周年記念事業として、ユース(25歳以下)の方をご招待します。