重要なお知らせ
5月20日より開館しております。新型コロナウイルス感染症の影響による 中止公演についてはこちら(随時更新) ROHM Theatre Kyoto reopened on May 20. Please note that the open space and hours of operation will vary for the time being.
SEARCH
重要なお知らせ : 5月20日より開館しております。新型コロナウイルス感染症の影響による 中止公演についてはこちら(随時更新) ROHM Theatre Kyoto reopened on May 20. Please note that the open space and hours of operation will vary for the time being.
JP / EN
重要なお知らせ : 5月20日より開館しております。新型コロナウイルス感染症の影響による 中止公演についてはこちら(随時更新) ROHM Theatre Kyoto reopened on May 20. Please note that the open space and hours of operation will vary for the time being.
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 【公演中止】名和晃平×ダミアン・ジャレ『PLANET [wanderer]』
PROGRAM公演・イベント

自主事業

【公演中止】名和晃平×ダミアン・ジャレ『PLANET [wanderer]』

2020年11月18日(水)、11月19日(木)

舞踊サウスホール
  • twitter
  • facebook
2020年04月14日更新|本公演は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により、中止することとなりました。詳細はこちら
  • 【公演中止】名和晃平×ダミアン・ジャレ『PLANET [wanderer]』

    photo: Yoshikazu INOUE

京都発の彫刻家 名和晃平と、世界で脚光を浴びる振付家 ダミアン・ジャレによる、『VESSEL』に続くコラボレーション作品。

2016年秋にロームシアター京都で世界初演を迎え、その後も世界中で再演を重ねている『VESSEL』に続く名和晃平×ダミアン・ジャレの異分野コラボレーション作品を、ふたたびロームシアター京都にて日本初演します。人間的/非人間的、固体/液体、彫刻/ダンスという変形し続けるもののアンビバレンスを表現した前作『VESSEL』と、今作『PLANET [wanderer]』(以下『PLANET』)は二連祭壇画のように対をなすものとして位置づけられる作品です。『VESSEL』では『古事記』における「黄泉の国(死者の世界)」と「高天原(たかまがはら)(神の住処)」の二つの世界を舞台としていたのに対し、『PLANET』では、高天原と黄泉の国の間にあるとされる「葦原中国(あしはらのなかつくに)」という、われわれ人間が住むとされる地上世界を舞台とします。副題「wanderer」は、「PLANET」の語源となるギリシャ語が持つ「さまようもの」という意味と重なります。生者と死者の境界線で、人間の身体と、宇宙世界の構成要素や重力の不可分な関係を表現する―そこに日本庭園の現代的解釈などが混ざり合うという、日本の彫刻家と欧州の振付家の共同作業ならではの唯一無二の世界観を提示します。
動画

開催日時・会場

2020年11月18日(水)、11月19日(木)

会場:サウスホール

公演・作品について

振付:ダミアン・ジャレ
舞台美術:名和晃平
ドラマトュルク:プラープダー・ユン

ダミアン・ジャレ 

©Koen Broos

ダミアン・ジャレ  Damien Jalet

振付家。ダンスをはじめ、彫刻家のアントニー・ゴームリーやミュージシャン、振付家、映画監督、デザイナーらと作品の合同制作をするほか、オペラや音楽ビデオの振付を手がけ、その活動は多岐にわたる。2013年パリ国立オペラにおいて、シディ・ラルビ・シェルカウイ、マリーナ・アブラモヴィッチと共同創作した『Boléro』を初演、好評を博し、フランス芸術文化勲章シュヴァリエ章を受章。近作として、ジム・ホッジズらとコラボレーションした『THR(O)UGH』(2015)、『BABEL 7.16』(2016,「 アヴィニョン演劇祭 2016」) などがある。2017年には、イギリスのナショナル・ユース・ダンス・カンパニーのアーティスティックディレクターに任命されている。 パリ国立シャイヨー劇場のアソシエイト・アーティスト。

名和晃平 

photo: Nobutada OMOTE|Sandwich

名和晃平  Kohei Nawa

彫刻家。1975年大阪府生まれ。京都を拠点に活動。京都芸術大学教授。1998年京都市立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻を卒業。2000年同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2003年同大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2011年東京都現代美術館で個展「名和晃平‐シンセシス」開催。ビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなどの現代的な素材を用いて、造形の新たな可能性を切り拓く。2009年より京都にて、建築家、デザイナーなどのクリエイターと、横断的な創造活動を行うプラットフォーム「Sandwich  Inc.」のディレクターをつとめる。

製作:パリ国立シャイヨー劇場(フランス)
共同製作:ロームシアター京都、東京芸術劇場、ブルターニュ国立劇場(フランス)、サドラーズ・ウェルズ劇場(イギリス)
主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
協力:アンスティチュ・フランセ、京都芸術センター

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
一般5,000円、ユース(25歳以下)3,000円、高校生以下1,000円
コンテンポラリーダンス演目セット券 7,000円
★コンテンポラリーダンス演目セット券対象公演
※セット券対象事業: フランソワ・シェニョー&ニノ・レーネ「不確かなロマンス −もう一人のオーランドー」
※ユース(25歳以下)チケットは、公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示ください。

先行発売日

2020年7月11日(土)

一般発売日

2020年7月18日(土)

関連ニュース