SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

前売券完売

ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」

2019年7月5日(金)~ 7月6日(土)

舞踊サウスホール
  • twitter
  • facebook
2019年06月26日更新|本公演は両日とも前売券完売いたしました。当日券販売についてはこちら
  • ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」

    photographs by Julian Mommert

  • ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」

    photographs by Julian Mommert

  • ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」

    photographs by Julian Mommert

  • ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」

    photographs by Julian Mommert

ギリシャ発、肉体が奏でる幻想の旅
アテネオリンピック開閉会式を手がけ、今、世界のダンス、演劇、美術シーンで注目を浴びる最重要アーティストが、代表作『THE GREAT TAMER』で初来日!古典絵画から宇宙まで、芸術と科学を横断するイマジネーションが、私たちを人類の起源へと誘う。

2004年アテネオリンピック開閉会式の演出を手がけ、近年ではピナ・バウシュ亡き後のヴッパタール舞踊団から初のゲスト振付家に指名されるなど、世界のアートシーンでその存在感を際立たせているディミトリス・パパイオアヌー。ヴィジュアル・アートと身体表現を接続する手法で、唯一無二のスタイリッシュな舞台を生み出しています。
『THE GREAT TAMER』(偉大なる調教師)は、フィジカルシアターとインスタレーションが交錯するこれまでにない美学に基づいたスペクタクル。2017年アテネでの初演以来、アヴィニョンをはじめロンドン、パリ、ロサンゼルス、ソウル、台北などすでに世界30都市以上で上演され各地で高い評価を受けています。神話に言及しながら、古代ギリシャからルネサンス・バロックへと美術史を辿る彫刻や絵画、映画史に残る名作を彷彿させるシーン、重力を操るサーカスの要素を取り入れるなど、身体表現と空間がパノラミックに展開する本作は謎かけのようであり、あなたの目を舞台に釘付けにするでしょう。ダンス、演劇、ヴィジュアル・アート、音楽を愛好する皆様必見の舞台。

「アヴィニョン演劇祭が予期していなかった発見」ーー仏/リベラシオン紙
「ディミトリス・パパイオアヌーと危うい橋を渡ろう」ーー英/イヴニング・スタンダード紙
「私たちが夢見ていたものを、パパイオアヌーは現実にした」ーー仏/ル・モンド紙

動画

開催日時・会場

2019年7月5日(金)~ 7月6日(土)

7月5日(金) 19:00 開演★
7月6日(土) 15:00 開演(託児サービスあり。詳細はページ下部の「託児サービス」をご覧ください)

★ポスト・パフォーマンストークあり
ディミトリス・パパイオアヌー×名和 晃平(彫刻家)
司会進行:小崎哲哉(『REALKYOTO』発行人兼編集長)
※6日(土)公演のチケットをお持ちのお客様も入場可。公演チケットをご持参のうえ、公演終了後アフタートーク開始時間に会場へお入りいただく形になります。

会場:サウスホール

公演・作品について

出演・スタッフ

ビジュアル・演出:ディミトリス・パパイオアヌー

音楽:ヨハン・シュトラウスⅡ「美しく青きドナウ」

ディミトリス・パパイオアヌー(演出/振付家)

photographs by Julian Mommert

ディミトリス・パパイオアヌー(演出/振付家) Dimitris Papaioannou

1964年アテネ生まれ。美術家として活動を始め、舞台芸術のアーティスト(演出家・振付家・美術家・パフォーマー)として知られるようになる前には、画家や漫画製作家として国際的に認められていた。NYでダンスを学び、86年に自身のカンパニーを設立。以後フィジカル・シアター、実験的ダンス、パフォーマンス・アートを融合した独自の舞台創作を展開。2004年アテネオリンピックの開閉会式を演出し、世界的に注目を集める。2015~17年には『PRIMAL MATTER』(12年初演)、『STILL LIFE』(14年初演)で大規模な世界ツアーを行い、2018年5月にはヴッパタール舞踊団の委嘱により同カンパニーに『Since She』を振付・演出。ピナ・バウシュ亡き後、初めて新作を発表した振付家として大きな話題を呼んだ。

Dimitris Papaioannou - Official Site

公演チラシ

ダウンロードはこちら(PDF)

ポスト・パフォーマンストーク(7/5回終演後)

7/5(金)19:00回終演後、ポスト・パフォーマンストーク開催決定!
ディミトリス・パパイオアヌー×名和 晃平(彫刻家)
司会進行:小崎哲哉(『REALKYOTO』発行人兼編集長)

<名和 晃平プロフィール>
1975年生まれ、大阪府出身。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。「ものの表皮」への意識から発して、感覚や思考のメタファーとしてのマテリアルを「セル」という概念を元に様々な表現に展開する。2009年より京都・伏見区の「SANDWICH」を拠点をしながら、国内外での展覧会や他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションを展開している。京都造形芸術大学 教授。http://sandwich-cpca.net/art/

※6日(土)公演のチケットをお持ちのお客様も入場可。公演チケットをご持参のうえ、公演終了後アフタートーク開始時間に会場へお入りいただく形になります。

ツアー情報

埼玉公演 (彩の国さいたま芸術劇場)
6月28日(金)-30日(日)

https://www.saf.or.jp/arthall/

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
共同招聘:彩の国さいたま芸術劇場(公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団)

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会
後援:駐日ギリシャ大使館

特設サイト

お問い合わせ

ロームシアター京都チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定 一般 6,000 円 ユース(25 歳以下) 4,000 円
・未就学児入場不可。12歳以下は保護者同伴の上、ご来場ください。
・演出の都合上、開演後は本来のお席にご案内できない場合がございます。
・6日(土)託児サービスあり。詳細はロームシアター京都チケットカウンターにお電話ください。TEL.075-746-3201

先行発売日

2019年3月9日(土)
※ロームシアター京都フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2019年3月16日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ TEL.0570-02-9999

    Pコード:144271

託児サービス

■対象年齢:生後3ヵ月~12歳まで
■料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり ※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。 ※ご利用料金については、キャンセルの場合も発生致します事、予めご了承下さい。
■委託先:有限会社ノトス 公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)正会員
■保険:不測の事故に対応するために、有限会社ノトスが保険に加入しており、保険適用範囲で補償いたします。 ロームシアター京都は事故の責任は負わないことを申し添えます。

■申込方法 お問合せフォームより、下記必須事項をご入力のうえご予約下さい。
お問い合わせフォームはこちら

・【ご利用希望日】公演日時
・【ご利用希望時間帯】公演名
・【お問合せ項目】お子様のお名前(ふりがな)、託児上の注意点(アレルギーなど)
※福利厚生クーポンについては、ご利用頂けません事、ご了承下さいませ。 なにかご不明点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。

関連ニュース