SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 2021年度 劇場の学校プロジェクト
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

2021年度 劇場の学校プロジェクト

2021年7月22日(木)~ 8月22日(日)【舞踊コース】2021年7月22日(木・祝)~26日(月)
【演劇コース】2021年7月27日(火)~31日(土)
【メディア表現コース】2021年8月18日(水)~22日(日)
【オープンクラス】2021年7月22日(木・祝)・7月25日(日)・7月28日(水)・8月6日(金)・8月17日(火)
【特別コース】2022年2月23日(水・祝)・2月27日(日)

演劇舞踊美術・映像
  • twitter
  • facebook
2021年09月22日更新|2022年2月23日(水)、2月27日(日)開催 〈特別コース〉ワークショップ 「戯曲を書いてみる」詳細はこちら
  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

    演劇コース © 金サジ(umiak)

  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

    舞踊コース © 金サジ(umiak)

  • 2021年度 劇場の学校プロジェクト

    メディア表現コース © 金サジ(umiak)

2019年度からスタートしたロームシアター京都の「劇場の学校プロジェクト」。2年間でのべ122名が参加しました。3年目も、国内外の第一線で活躍するアーティストや研究者が講師を務め、参加者自身が考え、身体を動かし、共に「創る」ことに取り組みます。
5日間に渡って実施する「演劇」「舞踊」「メディア表現」(昨年までは「メディア・パフォーマンス」)の3つのコースのほか、コース受講に関わらず参加できるオープンクラス、そして来春には特別コースも実施します。
表現活動において必要な想像力、他者との対話、身体への意識が、これからの社会を生き抜く術でもあると考え、参加者とともに劇場での学びの場をつくる試みです。

開催日時・会場

2021年7月22日(木)~ 8月22日(日)【舞踊コース】2021年7月22日(木・祝)~26日(月)
【演劇コース】2021年7月27日(火)~31日(土)
【メディア表現コース】2021年8月18日(水)~22日(日)
【オープンクラス】2021年7月22日(木・祝)・7月25日(日)・7月28日(水)・8月6日(金)・8月17日(火)
【特別コース】2022年2月23日(水・祝)・2月27日(日)

公演・作品について

【舞踊コース】 2021年7月22日(木・祝)~26日(月)
講師:木田真理子(ダンサー)

【演劇コース】 2021年7月27日(火)~31日(土)
講師:岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰)

【メディア表現コース】 2021年8月18日(水)~22日(日)
山城大督(美術家・映像作家)
協力:京都芸術大学 ウルトラファクトリー The Projected Image Laboratory

【オープンクラス】
①オープニングレクチャー「芸術の良し悪しは誰が決めるのか?」
7月22日(木・祝 )10:30~12:00 
講師:吉岡洋(京都大学こころの未来研究センター特定教授)

②講座「体の広がり ダンスの広がり」
7月25日(日)11:00~12:30 
講師:中島那奈子(ダンス研究/ダンスドラマトゥルク)

③講座「演劇のことばと視点」
7月28日(水)11:00~12:30 
講師:長島確(ドラマトゥルク/翻訳家)

④講座「メディア表現のはじめかた」
8月17日(火)15:00~16:30
講師:伊藤隆之(YCAM InterLabディレクター)、今野恵菜(YCAMプログラム/エクスペリエンス デザイン)

⑤講座・ワークショップ&実演「沖縄伝統芸能の道 ―かさでぃ・あゆでぃ―」
8月6日(金)16:00~17:30
会場:ノースホール
講師:沖縄県立芸術大学 遠藤美奈(准教授/民族音楽学)、新垣俊道(准教授/野村流古典音楽保存会師範)、喜納彩華(玉城流七扇会教師)
詳細はこちら

【特別コース】
ワークショップ「戯曲を書いてみる」
2022年2月23日(水・祝)・2月27日(日) 
講師:松田正隆(劇作家/演出家/マレビトの会代表)
詳細はこちら

岡田利規

© Kikuko Usuyama

岡田利規 Toshiki Okada

1973年横浜生まれ、熊本在住。演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰。
活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。主な受賞歴は『三月の5日間』で第49回岸田國士戯曲賞、小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で第2回大江健三郎賞、『プラータナー:憑依のポートレート』で第27回読売演劇大賞 選考委員特別賞、『未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀』で第72回読売文学賞 戯曲・シナリオ賞を受賞。主な著書は『遡行 変形していくための演劇論』、『現在地』(共に河出書房新社)など。2016年よりドイツ有数の公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品の演出を4シーズン務め、2020年に最新作『The Vacuum Cleaner』がドイツの演劇祭Theatertreffenの“注目すべき10作品”に選出された。3年連続で「劇場の学校」講師を務める。

木田真理子

© Hironori Tsukue

木田真理子 Mariko Kida

ダンサー
ローザンヌ国際バレエコンクール受賞後、カナダ、スウェーデンでプロダンサーとして活動し、ブノワ賞(ロシア)、レオニード・マシーン賞(イタリア)、文化庁長官表彰(国際芸術部門)など受賞。スウェーデン王立バレエ団での活動後、2016年よりフリーランスに転身し、ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団に客演するなど各国で活躍。2021年4月より芸術文化観光専門職大学准教授。共著に『22世紀の荒川修作+マドリン・ギンズー天命反転する経験と身体』(フィルムアート社、2019年)がある。3年連続で「劇場の学校」講師を務める。

山城大督

Photo:Nobutada OMOTE

山城大督 Daisuke Yamashiro

美術家/映像作家。
映像の時間概念を空間やプロジェクトへ応用し、その場でしか体験できない〈時間〉を作品として展開する。インスタレーション作品《VIDERE DECK》で第18回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品受賞。主な展覧会に森美術館「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」。子どもと共創するプロジェクト「子どもと大人と社会の現場《NENNE|ねんね》」を2018年より始動。京都芸術大学専任講師。ロームシアター京都では、プレイ!シアター2018にて、映像や音、光による上演型インスタレーション「風をたべる、光をのむ」を発表。「劇場の学校」では初めて講師を務める。

よくある質問

これまでに寄せられた問い合わせ、また6月13日(日)に実施したオンライン説明会での質疑応答をもとに、「Q&A」を作成しました。こちらをご覧ください(PDF)

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ

ロームシアター京都 TEL. 075-771-6051

 

チケット購入・予約

チケット料金

【舞踊・演劇・メディア表現コース】
対象年齢:中学生1年生~18歳(または高校3年生)
※経験は問いません。対象年齢であれば、どなたでもご参加いただけます。
定員:1コースにつき20名
※応募人数が定員を超えた場合、希望コースの実施日すべてに参加できる人を優先した上で、抽選を行います。
料金:1コース8,000円
募集締切:2021年6月26日(土)

【オープンクラス】
対象年齢:中学生1年生~18歳(または高校3年生)
※対象年齢であれば、コースを受講していなくても参加できます。
料金:1回500円 
※コース受講生は無料です。
募集締切:実施日前日まで受け付けます。

【特別コース】
定員:8名 
料金:1,000円
※12月中に募集開始

詳しい申込み方法は、下記「募集情報」より別ページをご覧ください。

説明会
オンラインでの説明会を開催します。「劇場の学校」についてのご質問にお答えしますので、お気軽にご参加ください。
日時:6月13日(日)10:00~
参加方法:メールにて参加を希望される方のお名前(保護者でも構いません)をお知らせください。参加用URLをお送りします。
メール送付先:oubo@rohmtheatrekyoto.jp

募集情報

2021年度 劇場の学校プロジェクト 受講生募集

2019年度からスタートしたロームシアター京都の「劇場の学校プロジェクト」。2年間でのべ122名が参加しました。3年目も、国内外の第一線で活躍するアーティストや研究者が講師を務め、参加者自身が考え、身体を動かし、共に「創る」ことに取り組みます。 5日間に渡って実施する「演劇」「舞踊」「メディア表現」(昨年までは「メディ

劇場の学校プロジェクト2021 オープンクラス 講座・ワークショップ&実演 「沖縄伝統芸能の道 −かさでぃ・あゆでぃ−」 ※一般公開 見学者募集 / 中高生 参加者募集

沖縄の芸能とは何か、その歴史の「かさでぃ(重なり)」のはじまりからお話します。一般的な日本史の教科書ではなかなか見聞きすることが少ない沖縄の歴史と音楽文化について少しずつ紐解き、衣装や結髪などの実演を混ぜながらその時代の音楽を学びます。続いて琉球王朝時代に花開いた古典舞踊とその後に大成した雑踊りの「あゆでぃ(歩み)」を

関連イベント・記事

関連ニュース