SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / CIRCULATION KYOTO – 劇場編 相模友士郎『LOVE SONGS』プレトーク
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

ロームシアター京都×京都市文化会館5館連携事業 地域の課題を考えるプラットフォーム 

CIRCULATION KYOTO – 劇場編 相模友士郎『LOVE SONGS』プレトーク

2018年12月17日(月)

パークプラザ3階共通ロビー
  • twitter
  • facebook
  • CIRCULATION KYOTO – 劇場編 相模友士郎『LOVE SONGS』プレトーク

5 組のアーティストが京都の中心部を囲む 5 つの地域(山科区・伏見区・西京区・北区・右京区)を出発点に創作し、新作を連続して発表する「CIRCULATION KYOTO ー 劇場編」。【山科区】相模友士郎『『LOVE SONGS』上演にさきがけ、ボーリングの球や食器、水など様々な「モノ」との関わりの中でダンス作品を創作する振付家・ダンサーの白井剛と、物言わぬ「モノ」と関わる方法について語ります。

開催日時・会場

2018年12月17日(月)

19:00‐20:30

会場:パークプラザ3階共通ロビー

公演・作品について

出演

相模友士郎(本作演出家)、白井剛(振付家・ダンサー)

相模友士郎 コメント

今回の『LOVE SONGS』という作品では植物をモチーフに、目で見ることのできない「時間」そのものに触れることができるような上演を『無人劇』として構想しています。
その上で、様々な「モノ」との関わりの中で作品を創作されてきた白井さんと、自らは語りださないモノ(無機物や自然物)とどのように関わり、作品の時間を創作してゆくのか、その方法や可能性について話を展開できればと思っています。
『LOVE SONGS』公演詳細

プロフィール

相模友士郎

相模友士郎 Yujiro Sagami

演出家。1982 年福井生まれ、福井市在住。2009 年に伊丹に住む 70歳以上の市民との共同制作舞台『DRAMATHOLOGY /ドラマソロジー』を発表し、翌年フェスティバル/トーキョーに正式招聘され高い評価を
得る。12 年にダンス作品『天使論』を TPAM in YOKOHAMA2012 にて発表、各地で再演を重ねる。最近の作品に、『スーパーインポーズ』(16年/まつもと市民芸術館、福井市文化会館)、ダンサーの佐藤健大郎との共同制作による『ナビゲーションズ』(14 年~ ) など。様々なコミュニティの中に入り込み、そこにいる人々と共同しながら、見るという身体的経験を問い直すような舞台作品を発表している。

プロフィール

白井剛

白井剛 Tsuyoshi Shirai

1998年「study of live works発条ト(ばねと)」設立。2000年バニョレ国際振付賞受賞。2006年より活動単位「AbsT」を設定し作品毎に形態を変えながら国内外にて作品を製作・発表している。物・音・光・言葉など様々な対象と交感する独自の身体性、精緻な時間/空間構成が評される。
[受賞歴] バニョレ国際振付賞(’00), 舞踊批評家協会賞(’05), TOYOTA Choreography Award次代を担う振付家賞(’06), 日本ダンスフォーラム賞(’06/’11), 文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品選出(’11), シンガポール“Straits Times” 紙「2015 Best Arts」ダンス部門選出(’15)

主催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(ロームシアター京都、京都市東部文化
会館、京都市呉竹文化センター、京都市西文化会館ウエスティ、京都市北文化会館、京都市右京ふれあい文化会館)、京都市
助成:一般財団法人地域創造
平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

特設サイト

お問い合わせ

ロームシアター京都 TEL.075-771-6051

チケット購入・予約

チケット料金

参加無料・予約優先制
お申込みはこちら

関連イベント