SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / Sound Around 004
PROGRAM公演・イベント

自主事業

Sound Around 004

2024年6月29日(土)~ 6月30日(日)

音楽ノースホール
  • twitter
  • facebook
2024年04月23日更新|Sound Around 004 荒木優光 ワークショップ&パフォーマンス 参加者募集開始(4/22申込締切)詳細はこちら
  • Sound Around 004

シリーズ第4弾は荒木優光。
多彩な出演者と劇場空間をフルに活かしたパフォーマンスで「音-音楽」の境界を探る

音楽を軸とし、ジャンルや固定観念にとらわれない表現活動を行うアーティストによるパフォーマンスシリーズの第4弾。
今回メインアーティストを務めるのは、聴くことの創造性をユーモラスに追求し、パフォーマンスやインスタレーションなどの多岐にわたる作品を発表している荒木優光です。音に関する体験や環境に着目し、音楽と結びつけることで文脈の再考を促してきた荒木が、その原点に立ち返り、多彩な出演者と劇場空間をフルに活かした新作パフォーマンスを発表します。わたしたちを取り巻く音の総体について、身近な視点から分解・観察することでみえてくる「音-音楽」の境界をともに漂うプログラムです。

テーマ|げんし
原始 自然のまま、未発達、未開発、おおもと、はじめ
原子 最小の微粒子 アトム 事物を構成する微小存在
幻視 実際にはないものがあたかもあるように見えること

空き地は開かれる
空き地に家を建てるとなれば、その作業が始まる。工務店や建築士、大工さんなどがわらわらと来ることになる。そこで、家を建てることを全員が忘れたらどうなるだろうか、と想像してみたい。持ってきた資材はある。工具はある。防音シートもある。腕利きの大工さんも職人さんもいる。謎の図面もある。程なくして建築士や工務店の担当者も車でやってきて、ヘルメット被って、やはり空き地で全部忘れた。その時の、顔、佇まい、それぞれの立ち位置。ヘルメットとは。もちろん、帰ることもできる。でも、気になると思う。何故我々はここに来ているのか。帰らずに、その宙吊りにされた状態で「何か忘れてる気がするけど、思い出せず」に静かにもがき続けたい。電動ノコギリで木材を切り、立ててみたり、接合してみたり、転がしたり、時には数人でやってみたり。足場を組んで高い所で寝転んだり、工具を飾ってみたり、ただ電動ノコギリを回して皆で見たり、火花を楽しんだり…。そういった状態を、何だと言えようか。この、家になりそうな気配ムンムンで、家になり得そうにない、でも奇跡的に家になるかもしれない、ここへ、まずは行きたい。そうして当て所なく、狭間のような時空間で生じる音響・サウンドスケープは、我々にどのような幻視をもたらすのだろうか。

                                                      荒木優光

開催日時・会場

2024年6月29日(土)~ 6月30日(日)

29日(土)17:00開演
30日(日)15:00開演※
※託児サービスあり

会場:ノースホール

公演・作品について

出演・スタッフ

アーティスト:荒⽊優光

荒木優光

kai maetani

荒木優光Masamitsu Araki

1981年山形県生まれ、京都市在住。アーティスト、サウンドデザイナー、音楽家。音楽の周縁に立つことを起点として、音や映像、声、サイトスペシフィックな要素を取り入れた作品をインスタレーションやパフォーマンス、コンサート、ツアー、音源など多岐にわたる形態で発表する。近年の個展に「ダンスしないか?」(長野県立美術館アートラボ、長野、2022)、「そよ風のような、出会い」(gallery αM、東京、2022)、「わたしとゾンビ」(京都市京セラ美術館ザ・トライアングル、京都、2020)がある。グループ展に「モノラルズ」(WHITEHOUSE、東京、2023)、200年をたがやす(秋田市文化創造館、秋田、2022)、「としのこえ、とちのうた」(旧豊田市東高等学校、豊田、2019)など。コンサートやパフォーマンス作品に「Paradise Lost」(SPA of Narratives、城崎国際アートセンター、2023)、「サウンドトラックフォーミッドナイト屯」(KYOTOEXPERIMENT 2021 AUTUMN、比叡山山頂駐車場)、「パブリックアドレス 音場」(Kunstenfestivaldesarts 2021、ブリュッセル)、「ゾンビとサウンドトラック」(京都市京セラ美術館 講演室、京都、2021)など。また、サウンドデザイナーとしてのコラボレーションも多く、アーティストコレクティヴARCHIVES PAY、音楽グループNEW MANUKEのメンバーとしても活動する。

Sound Around 004 荒木優光 ワークショップ&パフォーマンス 参加者募集

メインアーティストを務める荒木優光によるワークショップを開催します。ここではアーティストと参加者みなさんの多様な視点をもちよって「音-音楽」の境界を探り、作品へと立ち上げます。最後は6月29日(土)、30日(日)に開催の「Sound Around 004 」荒木優光のパフォーマンスの一部に参加いただきます。
音楽に関する経験、知識の有無は不問です。ぜひお気軽にお申込み、ご参加ください。

詳細はこちら

  • 主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

  • 助成:
    文化庁文化芸術振興費補助金
    劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業)
    独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席自由
一般2,500円、ユース(25歳以下)1,500円、18歳以下1,000円
※未就学児入場不可
※ユース・18歳以下チケット購入者は、公演当日、受付にて年齢が確認出来る証明書をご提示ください。

先行発売日

2024年4月13日(土)
※フレンズ会員(オンライン会員)、Club 会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2024年4月20日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~17:00、年中無休 ※臨時休館日等により変更の場合あり)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]

観劇サポート

■車椅子でご来場のお客様へ
本公演では車椅子席のご用意がございます。座席位置・提供数に限りがございますので、下記までお問合せください。なお、同伴の介助者がいらっしゃる場合もあわせてご相談下さい。
お申込・お問合いせ:ロームシアター京都チケットカウンター Tel. 075-746-3201

福祉専用駐車場、多目的トイレがご利用いただけます。また、車椅子のお貸出しも承っております。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都 Tel. 075-771-6051

託児サービス

■託児サービス
小さなお子さまをお連れの方も安心してゆっくりと舞台をお楽しみいただけるよう、託児サービスを実施いたします。
お申込み、問い合わせは下記までご連絡ください。

【ロームシアター京都】
Email. accessibility@rohmtheatrekyoto.jp/TEL. 075-771-6051

お問合せの際に、以下の通りお知らせください。
内容確認後、こちらからご連絡いたします。
件名:「託児について」
① お名前 ②ご連絡先 ③お申込公演名/ご質問等

募集情報

Sound Around 004 荒木優光 ワークショップ&パフォーマンス 参加者募集

音楽を軸にジャンルや固定観念にとらわれないパフォーマンスを紹介する、音楽シリーズSound Around 004では、メインアーティストを務める荒木優光によるレクチャーやワークショップを経て、パフォーマンス作品を共に立ち上げる参加者を広く募集します。 ワークショップでは、キックオフとして荒木の活動紹介や音楽を分解したレ