SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

2024年6月7日(金)、6月8日(土)

演劇サウスホール
  • twitter
  • facebook
2024年07月25日更新|公演前メッセージが届きました!こちら
●【KAAT×ロームシアター京都×久留米シティプラザ×那覇文化芸術劇場なはーと 4館合同感想シェア会】開催決定!
7月7日(日)17:00~(2時間程度を予定) 申込方法は公演にて配布する資料等にてお知らせいたします。
●当日券を販売いたします。詳細はこちら
  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

    撮影:引地信彦

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

    撮影:引地信彦

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

    撮影:引地信彦

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

    撮影:引地信彦

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

    撮影:引地信彦

  • KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』

    撮影:引地信彦

誰も読もうとしなかった、読まれなかった沖縄の物語は、
沖縄の人々から我々が鋭く問われている、”今を生きる私たち”の物語。

沖縄在住の若手劇作家・兼島拓也が書き下ろし、沖縄に出自を持つ演出家・田中麻衣子が手掛ける『ライカムで待っとく』。沖縄本土復帰50年の2022年、「アメリカ占領下の沖縄と現代の沖縄、変わったもの、変わらないものは何か。」、「沖縄の問題は、果たして沖縄だけの問題なのか。」ということを視野に入れ、KAAT神奈川芸術劇場が創作した本作は、第26回鶴屋南北戯曲賞ノミネート、第30回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞、第67回岸田國士戯曲賞最終候補に残るなど話題になりました。 この作品は、アメリカ占領下の沖縄で起こった1964年の米兵殺傷事件を基に書かれたノンフィクション「逆転」(伊佐千尋著、新潮社・岩波書店刊)に着想を得て、当時の資料や、現代を生きる東京の若者たち、基地問題の専門家、同じ基地の町・横須賀に暮らす人たちなどにヒアリングし、田中と推敲を重ねながら、1年の歳月をかけて兼島が書き上げたものです。 戦後80年近い時を経ても、辛い戦争体験をした者たちは語りたがらず、忘れることができないゆえに語らない、語りたくない、語れない「記憶と時間」を持っている島。島の中で基地賛成、反対と対立が続きながら、観光都市沖縄としての存在を益々高め、大きな経済のうねりの中で、共に生きながら歴史が刻まれていく。戯曲にたびたび登場する「決まり」という島の定めとは何なのか。 沖縄で生まれ育った兼島だからこそ書ける視点、これまで誰も読もうとしなかった、読まれなかった沖縄の物語は、沖縄の人々から我々が鋭く問われている、今を生きる私たちの物語なのです。

動画
動画

開催日時・会場

2024年6月7日(金)、6月8日(土)

7日(金)19:00開演
8日(土)14:00開演
託児あり(8日のみ)。下欄「託児サービス」をご確認ください。
※開場は開演の30分前

会場:サウスホール

上演時間:約120分(途中休憩なし)

公演・作品について

作:兼島拓也
演出:田中麻衣子

出演:中山祐一朗、前田一世、佐久本宝、蔵下穂波
小川ゲン、神田青、魏涼子、あめくみちこ

あらすじ

雑誌記者の浅野は、60年前の沖縄で起きた米兵殺傷事件について調べることになったのだが、実はその容疑者が自分の妻の祖父・佐久本だったことを知る。調査を進めながら記事を書くうち、浅野は次第に沖縄の過去と現在が渾然となった不可解な状況下に誘われ、「沖縄の物語」が育んできた「決まり」の中に自分自身も飲み込まれていく……。

「ライカム」とは

かつて沖縄本島中部の北中城村比嘉地区に置かれていた琉球米軍司令部(Ryukyu Command headquarters)の略。現在「ライカム」は地名として残っている。司令部があった近辺の米軍関係者専用のゴルフ場の跡地には、2015年「イオンモール沖縄ライカム」がオープン。地元民のみならず県外からの観光客も多く訪れる場所になっている。

「米兵殺傷事件」とは

1964年8月16日未明、宜野湾市普天間の飲食街周辺で、米兵2人と数人の沖縄人が乱闘し、米兵1人が死亡、1人が重傷を負った。沖縄青年4人(2人は徳之島出身)が普天間地区警察署に逮捕され、傷害致死罪で米国民政府裁判所に起訴された。事件は陪審に付された。
沖縄人に重罪を課そうとする米国人らが陪審員の多数を占め、評議は4人に不利な流れとなったが、無罪を主張する沖縄人陪審員・伊佐千尋の粘り強い説得で形勢は逆転し、傷害致死罪については無罪、傷害罪では有罪の評決に至った。しかし、同年11月の判決では3人に懲役3年の実刑(1人は猶予刑)という初犯としては重い量刑が下った。
殺傷事件と沖縄住民への差別意識が渦巻く陪審評議、その後の判決は米統治下に置かれた沖縄の過酷な現実を浮き彫りにしている。

作:兼島拓也

作:兼島拓也Takuya Kaneshima

1989 年、沖縄県沖縄市出身。2013 年に演劇グループ「チョコ泥棒」を結成し、脚本と演出を担当。沖縄の若者言葉を用いた会話劇を得意とし、コメディやミステリを軸としたオリジナル脚本の上演を行う。また、琉球舞踊家との演劇ユニット「玉どろぼう」としても活動する。脚本を担当したオーディオドラマ『ふしぎの国のハイサイ食堂』(NHK・2021 年)で第31 回オーディオドラマ奨励賞入選。『Folklore(フォークロア)』(2018 年)で第14 回おきなわ文学賞シナリオ・戯曲部門一席を受賞。『ライカムで待っとく』が第30 回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞、第26 回鶴屋南北戯曲賞および第67 回岸田國士戯曲賞で最終候補となる。

演出:田中麻衣子

演出:田中麻衣子Maiko Tanaka

兵庫県宝塚市生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。主な演出作品に『かけがえのない日々ー冷蔵庫のうえの人生』『君は即ち春を吸ひこんだのだ』『ローズのジレンマ』『Shakespere’s R&J』『Ordinary Days』『A New Musical ゆびさきと恋々』『怪物/ The Monster』『どうぶつ会議』『血の婚礼』『胎内』『罪と罰』他。2014 年文化庁新進芸術家海外派遣制度でロンドンにて研修。Théâtre MUIBO 主宰。

  • 企画制作:KAAT神奈川芸術劇場
    主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
    助成:一般財団法人地域創造

  • 文化庁文化芸術振興費補助金
    劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業)
    独立行政法人日本芸術文化振興会

他地域での公演

【神奈川公演】 2024年5月24日(金)~6月2日(日)
KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ  https://www.kaat.jp/

【福岡公演】 2024年6月15日(土)
久留米シティプラザ  久留米座  https://kurumecityplaza.jp/

【沖縄公演】 2024年6月22日(土)~23日(日)
那覇文化芸術劇場なはーと 小劇場  https://www.nahart.jp

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
一般4,000円、ユース(25歳以下)2,000円、18歳以下1,000円
※未就学児入場不可
※ユース(25歳以下)および18歳以下チケットは、公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示ください。

先行発売日

2024年3月8日(金)
※フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2024年3月15日(金)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~17:00、年中無休 ※臨時休館日等により変更の場合あり)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ

    Pコード:524-584

観劇サポート

■きこえない・きこえづらいお客様へ
・ヒアリングループ対応のお席がございます。磁気コイル付補聴器・人工内耳を装用の方に、舞台音声を伝える機器をご用意しています(専用受信機の無料貸出)。
・ポータブル字幕機をご利用いただけます。
座席位置・提供数に限りがございますので、ご予約・お問合せをお願いします。 内容を確認後、こちらから折り返しご連絡いたします。
申込締切:5月31日(金)
予約・問合せ先:ロームシアター京都
申込方法:TEL/FAX/Emailのいずれかでお申込ください。
TEL:075-771-6051 (10:00~17:00、年中無休 ※臨時休館日等により変更の場合あり)
FAX: 075-746-3366  Email: accessibility[at]rohmtheatrekyoto.jp ※[at]は@に変えてください
メールでのお申し込みは、件名「公演名・アクセシビリティ」、本文「お名前・連絡先・観覧日・希望するサポート・利用人数・介助者の有無」を記入のうえお送りください。

■車椅子でご来場のお客様へ
本公演では車椅子席のご用意がございます。座席位置・提供数に限りがございますので、下記までお問合せください。なお、同伴の介助者がいらっしゃる場合もあわせてご相談下さい。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都チケットカウンター Tel. 075-746-3201

福祉専用駐車場、多目的トイレがご利用いただけます。また、車椅子のお貸出しも承っております。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都 Tel. 075-771-6051

託児サービス

小さなお子さまをお連れの方も安心してゆっくりと舞台をお楽しみいただけるよう、託児サービスを実施いたします。下記の申込要領をご確認の上、お申し込みフォームにてご予約ください。

委託先:(株)スマイルライフ 京都オフィス(全国保育サービス協会会員)

開催日時:2024年6月8日(土) 13:30~終演15分後まで。
申込締切:2024年6月1日(土)
託児人数:託児スペースの関係上、お預かりできる人数に限りがあります。
定員になり次第、受付を終了させていただきますので、予めご了承ください。
対象年齢:3か月~就学前
料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり
※料金は公演当日、託児会場にてお支払いください。
※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。実施日1週間前を過ぎてのキャンセルの場合、ご利用料金が発生致しますので予めご了承ください。
※小学生以上のご利用や申込締切日以降のご希望は「ロームシアター京都 075-771-6051」までご相談ください。

■お申込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/d538fb11306793
※お申込が完了しましたら(株)スマイルライフ 京都オフィスよりメールにてご連絡差し上げます。数日お時間を頂戴する可能性もございますのでご了承ください。申込締切日までに返信メールが届かない場合は、お手数をお掛けしますが、お電話にてご連絡ください。
※お申込フォームでのお申し込みが困難な場合はお電話にてお申込みください。
お電話でのお問い合わせ&お申込み:075-343-6787(受付時間:平日・土曜日 9:00~18:00)

関連イベント・記事