SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / ノエ・スーリエ 『The Waves』
PROGRAM公演・イベント

自主事業

ノエ・スーリエ 『The Waves』

2024年4月5日(金)

舞踊サウスホール
  • twitter
  • facebook
2024年02月26日更新|【開催決定!】 4/5(金)『The Waves』終演後、振付家ノエ・スーリエによるポスト・パフォーマンス・トークを実施いたします。
  • ノエ・スーリエ 『The Waves』

    ©José Caldeira

  • ノエ・スーリエ 『The Waves』

    ©José Caldeira

ヨーロッパで今、注目を集めるフランスの若手振付家ノエ・スーリエ
絶え間なく移りゆく わたしたちの意識の世界を音と身体で描く

2020年よりアンジェ国立現代舞踊センターのディレクターを務めるなど、ヨーロッパのダンス界で注目を集めるノエ・スーリエ。『The Waves』はわたしたちの身体の記憶や知覚、その複雑に絡み合ったディテールを呼び覚まし、身体の表現に変換しようという試みだ。 イギリスの作家ヴァージニア・ウルフが1931年に手掛けた長編小説『The Waves(波)』の一節を淡々と語る1人のパフォーマー。 ウルフの小説の中で織りなされる男女6人のモノローグのように、6人のパフォーマーが多様なムーヴメントを緻密に重ねながら、響き合う。 作品を共に導くのは、ローザス作品に数多く参加してきた、現代音楽アンサンブル・イクトゥス。生演奏による打楽器の常に変容するリズムが、パフォーマーの緊張を高め、ムーヴメントと絶えず呼応しながら観る者の記憶を呼び覚ます、濃密なパフォーマンス。
動画

開催日時・会場

2024年4月5日(金)

19:00 開演 
終演後、振付家ノエ・スーリエによるポスト・パフォーマンス・トークを実施いたします。 公演チケットをお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
※演出の都合により、開演時間を過ぎての入場や途中退場されますと、ご予約席へのご案内ができません。予めご了承ください。

会場:サウスホール

上演時間:約60分(途中休憩なし)

公演・作品について

キャスト・スタッフ

振付:ノエ・スーリエ
出演:ステファニー・アムラオ、ジュリー・シャルボニエ、アドリアーノ・コレッタ、
船矢祐美子、ナンガリンヌ・ゴミス、ナン・ピアソン
パーカッション:トム・ドゥ・コック、ゲリット・ヌレンス(イクトゥス)
音楽:ノエ・スーリエ、トム・ドゥ・コック、ゲリット・ヌレンス

プロフィール

ノエ・スーリエ

ⒸWilfried Thierry-Cndc

ノエ・スーリエNoé Soulier

1987年パリ生まれ。 パリ国立高等音楽・舞踊学校やベルギーのP.A.R.T.S.でダンスを学び、ソルボンヌ大学で哲学の修士号を取得。2010年パリ市立劇場とミュゼ・ドゥ・ラ・ダンスが主催するダンスコンクール「ダンス・エラルジー」で最優秀賞を受賞。 2020年よりアンジェ国立現代舞踊センター(Cndc-Angers)のディレクターを務める。 ラン国立バレエ団、バレエ・ロレーヌ、L.A. Dance Project 、リヨン・オペラ座バレエ団、ネザーランド・ダンス・シアター2(NDT2)の委嘱で振付を提供するほか、劇場や美術館、書籍などにおいて身振りと身体経験との関係、ダンスへの様々なアプローチを探求する、今注目のアーティスト。

関連企画

映像作品上映会+トーク
『振付家ノエ・スーリエの映像的アプローチ』

 関西では初紹介となる、フランスの振付家ノエ・スーリエ。文学や哲学、現代音楽といった周辺分野も積極的に取り入れながら創作を行っています。映像作品の上映およびトークを通して、これまでの活動を紹介するとともに、その思想や創作の秘密に迫ります。
上映作品:ノエ・スーリエ監督作品『Fragments』(2022 年)

日時:4 月 3 日(水)19:00上映
会場:関西日仏学館 京都 
※ロームシアター京都ではございませんのでご注意ください。
入場無料・要予約(定員80名)
以下のフォームよりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/9f735f64307809

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
共催:関西日仏学館
協力:Cndc – アンジェ 

 

屋外パフォーマンス
『Passages』

『Passages』は、身体の動きと空間の関係を探求するプロジェクト。そこに実在しないはずの空想の物体によって決定されたパフォーマーの動きによって、かれらのいる場所の様々な位相が共鳴しあいます。ステージも、舞台技術も、音響機材も必要ない、場所の特性に合わせて構成された振付で、6 人のダンサーが空間への新たな視点を提示します。桜満開の季節、地元民や観光客でにぎわうローム・スクエアにて、身体の動きがもたらす日常の空間のなかの非日常を生みだします。

2024年4月6日(土)14:00開演
上演時間:約45分
会場:ローム・スクエア
入場無料・予約不要

 

  • 主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

  • 共同招聘:彩の国さいたま芸術劇場(公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団)

  • 助成:ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル、

  • アンスティチュ・フランセ パリ本部 

  • 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ

お問い合わせ

ロームシアター京都チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定 一般4,000円、ユース(25歳以下)2,000 円、18歳以下1,000 円
※ユース(25歳以下)および18歳以下チケットは、公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示ください。 ※未就学児入場不可

先行発売日

2023年12月15日(金)
※フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2023年12月22日(金)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~17:00、年中無休 ※臨時休館日等により変更の場合あり)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ

    Pコード:523-520

  • e+(イープラス)

観劇サポート

本公演では、お客様の観劇に際して以下のサポートのご用意をしております。ぜひご活用ください。

■車椅子でご来場のお客様へ
本公演では車椅子席のご用意がございます。座席位置および台数に限りがございますので、下記までお問合せください。なお、同伴の介助者がいらっしゃる場合もあわせてご相談下さい。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都チケットカウンター Tel. 075-746-3201

福祉専用駐車場、多目的トイレがご利用いただけます。また、車椅子のお貸出しも承っております。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都 Tel. 075-771-6051

託児サービス

■託児サービス
小さなお子さまをお連れの方も安心してゆっくりと舞台をお楽しみいただけるよう、託児サービスを実施いたします。
お申込み、問い合わせは下記までご連絡ください。

【ロームシアター京都】
Email. accessibility@rohmtheatrekyoto.jp/TEL. 075-771-6051

お問合せの際に、以下の通りお知らせください。
内容確認後、こちらからご連絡いたします。
件名:「ノエ・スーリエ託児について」
① お名前 ②ご連絡先 ③お申込・ご質問内容