SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 穂の国とよはし芸術劇場PLAT プロデュース
「たわごと」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

穂の国とよはし芸術劇場PLAT プロデュース
「たわごと」

2023年11月23日(木)

演劇サウスホール
  • twitter
  • facebook
2024年06月24日更新|当日券を販売いたします。詳細はこちら
  • 穂の国とよはし芸術劇場PLAT プロデュース 「たわごと」

    撮影:伊藤華織

  • 穂の国とよはし芸術劇場PLAT プロデュース 「たわごと」

寄る辺なき人々の生きづらさに焦点を当て、今を生きる人々を見つめなおす。
言葉にできない寂しさや、守られない約束、行き場のない声、私たちは何をよすがに生きていくのか。

愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュースによる新作オリジナル作品が、ロームシアター京都に初登場します。脚本と演出は、PLATの芸術監督で劇作家・演出家・俳優として幅広く活躍する桑原裕子。PLATプロデュースで作・演出を務めた『荒れ野』(2017年初演/2019年再演)は、第5回ハヤカワ「悲劇喜劇賞」、第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞するなど、高い評価を得ています。 桑原裕子が描くのは、決して都会ではない、どこかの土地の片隅でひっそりと生きている市井の人々の姿。ひとつの出来事をきっかけに、悲しみ、怒り、諦め、喜びといった感情が登場人物たちの内面で渦巻くなか、人と人の交差のなかで未来へ踏み出す一歩を見つけていくさまを立ち上げ、人生の”真実味とは”を問いかける。そのような心を揺さぶる物語です。

幾千もの たわごとの上に横たわり 生きさらばえるなんて ごめん
そうやって吐き捨てたはずの いつかを忘れて まだわたしは まっている
動画
動画

開催日時・会場

2023年11月23日(木)

14:00開演 13:30開場
※終演後、アフタートークを開催します。
ゲスト:土田英生(MONO代表/劇作家・演出家・俳優)

会場:サウスホール

公演・作品について

作・演出:桑原裕子(穂の国とよはし芸術劇場PLAT芸術監督)
出演:渋川清彦、田中美里、谷恭輔、松岡依都美、松金よね子、渡辺いっけい

あらすじ

「引退した作家・越間亭杔(こしまていたく)は死の瀬戸際にある。別れの挨拶に集まったのは元家族、元愛人、医師ら6人の男女。亭杔の残す不可解な遺言書を巡り、“戯言(たわごと)”に翻弄されながらも、言葉の裏側に隠された心の有り様を描く。」

プロフィール

桑原裕子

撮影:相川博昭

桑原裕子Yuko Kuwabara

東京都出身。劇作家・演出家・俳優。KAKUTA主宰。
2018年穂の国とよはし芸術劇場PLAT芸術文化アドバイザー就任、2023年4月芸術監督に名称変更。ワークショップや「文化祭ArtPlatter」「市民と創造する演劇」などを手がける。俳優業のほかに、テレビ、ラジオ、映画の脚本、舞台への作・演出など、多方面で活動。19年に劇団作品『ひとよ』が白石和彌監督で映画化。映像脚本に昭和歌謡ミュージカル「また逢う日まで」など。その他近年の主な舞台に『徒花に水やり』(出演)『シブヤデアイマショウ』(出演)『ロビー・ヒーロー』(演出)『サンセットメン』(作演出)『閃光ばなし』(出演)など。09年KAKUTA『甘い丘』第64回文化庁芸術祭・芸術祭新人賞(脚本・演出)受賞。16年KAKUTA『痕跡』第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。18年穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース『荒れ野』第5回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞受賞、読売文学賞戯曲シナリオ部門受賞。

京都公演に向けて

昨年、俳優として初めてロームシアター京都に立たせていただいたとき、「ああ、やっと京都に来れた」という感慨を覚えました。東京の小劇場で劇団活動を始めた若い頃は、関西をはじめ他の地方で演劇公演を発表することが、はるか遠い夢だったことを思い出したからです。けれど今の演劇は、各地の公共劇場が交流を持ち、多くの地域が繋がっていくことで豊かに拡がりを見せています。関西の舞台芸術を支えてきたロームシアター京都で、穂の国とよはし芸術劇場PLAT発信の舞台を見て頂けることが嬉しいです。舞台『たわごと』、よろしくお願いします。

作・演出 桑原裕子

企画制作:穂の国とよはし芸術劇場PLAT
主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

  • 助成:文化庁文化芸術振興費補助金
    劇場・音楽堂等活性化・ネットワーク強化事業(地域の中核劇場・音楽堂等活性化)
    独立行政法人日本芸術文化振興会

他地域での公演

豊橋公演 11月16日(木)~19日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
岡山公演 11月26日(日) 岡山芸術創造劇場 中劇場 
東京公演 12月8日(金)~17日(日)東京芸術劇場 シアターイースト

お問い合わせ

ロームシアター京都 チケットカウンター  TEL:075-746-3201

チケット購入・予約

チケット料金

全席指定
一般4,000円、ユース(25歳以下)2,000円、18歳以下1,000円
※未就学児入場不可

先行発売日

2023年8月19日(土)
※フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

一般発売日

2023年8月26日(土)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~17:00、年中無休 ※臨時休館日等により変更の場合あり)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ

    Pコード:521-454

観劇サポート

ロームシアター京都では、お客様の観劇に際して、以下のご用意をしております。ぜひ、ご活用ください。同伴の介助者がいらっしゃる場合はご相談下さい。

■きこえない・きこえづらいお客様へ
ヒアリングループ席。磁気コイル付補聴器・人工内耳を装用の方に、舞台音声を伝える機器をご用意しています。(補聴器をお持ちでない方には専用受信機の貸出あり)
【上記観劇サポートのお問合・お申込】
座席位置および台数に限りがございますので、下記までご予約・お問合せください。
申込締切:11月19日[日]23:59
ロームシアター京都 Tel. 075-771-6051 Fax.075-746-3366 Email. accessibility@rohmtheatrekyoto.jp
いずれかの方法で以下お知らせください。内容確認後、こちらからご連絡致します。
件名「たわごと・アクセシビリティ」
本文「お名前・連絡先・利用人数・介助者の有無」

車椅子でご来場のお客様へ
本公演では車椅子席のご用意がございます。座席位置および台数に限りがございますので、下記までお問合せください。なお、同伴の介助者がいらっしゃる場合もあわせてご相談下さい。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都チケットカウンター Tel. 075-746-3201

福祉専用駐車場、多目的トイレがご利用いただけます。また、車椅子のお貸出しも承っております。
お申込・お問い合せ:ロームシアター京都 Tel. 075-771-6051

託児サービス

小さなお子さまをお連れの方も安心してゆっくりと舞台をお楽しみいただけるよう、託児サービスを実施いたします。下記の申込要領をご確認の上、お申し込みフォームにてご予約ください。

委託先:(株)スマイルライフ 京都オフィス(全国保育サービス協会会員)

開催日時:
2023年11月23日(木・祝) 13:30~終演15分後まで。
申込締切:
2023年11月16日(木)
託児人数:託児スペースの関係上、お預かりできる人数に限りがあります。
定員になり次第、受付を終了させていただきますので、予めご了承ください。
対象年齢:3か月~就学前
料金:有料 1,000円(税込) /1公演/お子様1人あたり
※料金は公演当日、託児会場にてお支払いください。
※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。実施日1週間前を過ぎてのキャンセルの場合、ご利用料金が発生致しますので予めご了承ください。
※小学生以上のご利用や申込締切日以降のご希望は「ロームシアター京都 075-771-6051」までご相談ください。

■お申込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/11be436d283306

※お申込が完了しましたら(株)スマイルライフ 京都オフィスよりメールにてご連絡差し上げます。数日お時間を頂戴する可能性もございますのでご了承ください。申込締切日までに返信メールが届かない場合は、お手数をお掛けしますが、お電話にてご連絡ください。
※お申込フォームでのお申し込みが困難な場合はお電話にてお申込みください。

お電話でのお問い合わせ & お申込み: 075-343-6787 (受付時間:平日・土曜日 9:00 ~ 18:00 )

関連イベント・記事