ロームシアター京都

  • 舞踊
  • 公演
  • 主催

笠井叡振付『高丘親王航海記』

2019年1月11日(金)~ 1月12日(土)

開催まで142
  • © 細江英公

    © 細江英公

澁澤龍彦の文学作品を笠井叡が舞踊作品として創作
黒田育世、近藤良平ら人気コンテンポラリーダンサーを迎えての世界初演

文学作品「高丘親王航海記」(作:澁澤龍彦)を、振付家・笠井叡が舞踊作品として創作し、ロームシアター京都で初演する。舞踏の創生期から活躍する笠井叡が、盟友の澁澤龍彦の原作をもって、黒田育世、近藤良平といった実力、人気共にコンテンポラリーダンスを代表するダンサーを迎えての大作に挑む。

公演情報

公演日時

2019年1月11日(金) ~ 1月12日(土)

会場

サウスホール

チケット情報

チケット料金

全席指定
一般 4,000 円、ユース(25 歳以下)3,000 円

発売日

2018年10月13日(土)

原作

澁澤龍彦

構成・演出・振付

笠井叡

出演

笠井叡、 黒田育世、 近藤良平、 笠井瑞丈、 岡本優、 篠原くらら、上村なおか、BATIK ダンサー、天使館オイリュトミスト

美術

榎本了壱

プロフィール

澁澤龍彦 | Tatsuhiko Sibusawa

作家、翻訳家
1928 ~ 1987 年。東京生まれ。本名龍雄。東京大学文学部フランス文学科卒業後、マルキ・ド・サドやジャン・コクトーらの著作を翻訳するかたわら、美術評論や中世の悪魔学などのエッセイ、独自の幻想小説など、幅広いジャンルで旺盛な執筆活動を展開した。

笠井叡 | Akira Kasai

笠井叡

舞踏家
1943 年生まれ。1960 年代に大野一雄、土方巽に出会い、舞踏家として活動を始める。1971年に天使館を設立、多くの舞踏家を育成する。1979 年から 1985 年までドイツ留学し、ルドルフ・シュタイナーの人智学、オイリュトミーを研究。帰国後、1994 年に『セラフィータ』で舞台に復帰。2001 年初演『花粉革命』は代表作として世界各都市で上演を果たす。ソロ作品のほか、ジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。

黒田育世

黒田育世

近藤良平

近藤良平

クレジット

主 催

ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

共同製作

ロームシアター京都

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会

PageTop