ロームシアター京都

  • 音楽
  • 公演
  • 主催

京都市交響楽団

京都 発見!クラシック Vol.8

2018年5月31日(木)

開催まで40
  • 奥田 瑛二(映画監督・俳優)

    奥田 瑛二(映画監督・俳優)

  • 松田 理奈(ヴァイオリン) (c)岡部 太郎

    松田 理奈(ヴァイオリン) (c)岡部 太郎

  • 大友 直人(京都市交響楽団桂冠指揮者)

    大友 直人(京都市交響楽団桂冠指揮者)

  • 京都市交響楽団 (c)伊藤菜々子

    京都市交響楽団 (c)伊藤菜々子

いよいよ最終回!ロームシアター京都で平日に楽しむトーク&オーケストラ!

平日に毎回多彩なゲストをお迎えして、トークとオーケストラ演奏による2部構成でお贈りするコンサート!
最終回となる第8回は、京都市交響楽団桂冠指揮者の大友直人と、2004年日本音楽コンクール第1位、2007年サラサーテ国際コンクール入賞の若き実力派ヴァイオリニスト松田理奈の独奏とともに、ゲストには映画監督・奥田瑛二が登場!あなたも緑深まるさわやかな初夏の京都で、自分流のクラシック音楽の楽しみ方を発見してみませんか?

公演情報

公演日時

2018年5月31日(木)
開演時間 11:00
(10:15開場)

会場

メインホール

出演

管弦楽:京都市交響楽団 指揮:大友 直人(京都市交響楽団桂冠指揮者) ゲスト:奥田 瑛二(映画監督・俳優)  独奏:松田 理奈 (ヴァイオリン)

プログラム

第Ⅰ部

「ドラマにある人生」

奥田瑛二&大友直人によるトーク

 

第Ⅱ部

サラサーテ:カルメン幻想曲op.25

ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調「運命」op.67

 

※本公演に休憩はございません。

 

お問合せ先

ロームシアター京都チケットカウンター TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

チケット情報

チケット料金

全席指定2,000円
※未就学児入場不可

発売日

2018年3月27日(火)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター〔TEL:075-746-3201〕
  • 京都コンサートホールチケットカウンター〔TEL:075-711-3231〕
  • チケットぴあ〔TEL:0570-02-9999 Pコード315-360〕
  • ローソンチケット〔TEL:0570-00-0407 Lコード55745〕

託児サービスのご案内

※このページにてご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。

プロフィール

奥田 瑛二 | Eiji Okuda

映画監督・俳優 1950年3月18日愛知県春日井市生まれ
1979年、にっかつ『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)で主役に抜擢され、頭角を表わす。
1986年『海と毒薬』(熊井啓監督)で毎日映画コンクール 男優主演賞受賞。
1989年『千利休・本覚坊遺文』(熊井啓監督)日本アカデミー主演男優賞。
1994年『棒の哀しみ』(神代辰巳監督)ではキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞する。
2001年、映画『少女~an adolescent』を初監督。同作はヴェネチア映画祭他多くの映画祭から招待を受け、第17回パリ映画祭、第16回AFI映画祭でグランプリを受賞。
以降『るにん』『長い散歩』『風の外側』と作品を送りだし、2006年『長い散歩』は第30回モントリオール世界映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞・エキュメニック賞の三冠を受賞。2009年同映画祭の審査員を務める。
2013年、監督最新作『今日子と修一の場合』(安藤サクラ・柄本佑主演)が全国劇場で順次公開中。

松田 理奈 | Lina Matsuda

桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大 学に編入。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクー ルヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホールにて「16才の イザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1 位、2007年にはサラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。2013年新日鉄住金音楽賞受賞。 これまでに国内の主要オーケストラに加え、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ヤナー チェク・フィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など数々のオーケストラや著名指揮者 と共演。 2006年ビクターより『ドルチェ・リナ』をリリース。全国ツアーを各地完売で沸かせた後、2008年 に『カルメン』、2010年には清水和音とライブ収録した『ラヴェル・ライブ』をリリースした。同 年収録のイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ば れた。

大友 直人 | Naoto Otomo

 桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦により同楽団を指揮してデビュー。
海外のオーケストラにも多く客演し、2013年にはエネスク国際音楽祭に招かれ「弦楽八重奏op.7」を演奏。〝繰り返し演奏されているが、今回の演奏は最高の演奏″〝日本のオーケストラ演奏が西洋音楽への新しい希望を見出した″と評され、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。
現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。
 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。

京都市交響楽団 | Kyoto Symphony Orchestra

日本唯一の自治体直営オーケストラとして1956年創立。2008年4月第12代常任指揮者に広上淳一、桂冠指揮者に大友直人が就任。2015年「第46回サントリー音楽賞」受賞。同年6月ヨーロッパ公演で成功を収め、2016年は創立60周年を祝う国内ツアーを開催。2017年4月からは常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー・広上淳一、常任首席客演指揮者・高関健&下野竜也による3人指揮者体制を確立し、文化芸術都市・京都にふさわしい「世界に誇れるオーケストラ」として更なる前進を図っている。

クレジット

主 催

京都市交響楽団、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

PageTop