ロームシアター京都

  • 演劇
  • 公演
  • 共催

第3回全国学生演劇祭

2018年2月22日(木)~ 2月26日(月)

終了しました
  • 第2回学生演劇祭より シラカン「永遠とわとは」©脇田友

    第2回学生演劇祭より シラカン「永遠とわとは」©脇田友

札幌、東北、東京、名古屋、京都、大阪、四国、福岡、そして中国地方と、全国各地の演劇祭を勝ち抜いてきた学生劇団が「京都」に集結し、日本一を競う学生演劇の祭典です。2016年度より会場をロームシアター京都に移し、文化芸術の拠点となる劇場で、若き才能の発掘と発展をバックアップします。

公演情報

公演日時

2018年2月22日(木) ~ 2月26日(月)

開演2/22(木)

2/23(金)

2/24(土)2/25(日)2/26(月)
10:30 [Bブロック][Aブロック] [Cブロック][特別枠]
14:30 [Cブロック]  [Bブロック] 
15:00  [Bブロック]  
16:30[Aブロック]    
18:30 [Aブロック]   
19:00  [Cブロック]  

会場

ノースホール

出演団体

[Aブロック]

劇団宴夢 (酪農学園大学) 

フライハイトプロジェクト (早稲田大学、東京藝術大学ほか)

元気の極み (大阪府立大学×大阪大学×神戸大学)

楽一楽座 (徳島大学)

 

[Bブロック]

ヲサガリ (京都工芸繊維大学)

喜劇のヒロイン (日本大学) 

砂漠の黒ネコ企画 (九州大学ほか)

 

[Cブロック]

三桜OG劇団ブルーマー (仙台三桜高校演劇部 OG)

LPOCH (京都教育大学)

はねるつみき (岐阜大学ほか)

お問合せ先

全国学生演劇祭事務局 

TEL:080-3136-6575

jst.fes@gmail.com

チケット情報

チケット料金

2018年1月10日(水) 10:00より予約開始
学生/U-25 (※) 前売 2,000円 当日2,500円
一般 前売 2,500円 当日3,000円
高校生以下(※) 前売・当日 1,000円

【以下チケットは全国学生演劇祭窓口のみで取扱い】
〇JSTF2018スペシャルパス 【2月10日(土)までのご予約限定】
 2ブロックの金額で、3ブロック観劇できるお得なパスです。
 学生/U-25(※) 4,000円  一般 5,000円
※受付にて、学生証または年齢確認できるものをご提示お願い致します。
〇遠方割(近畿二府四県以外からお越しの方限定)
 前売・当日料金より500円引き(JSTF2018スペシャルパスをご利用の方も500円引き)になります。
※当日、住所の記載があるもの(証明書・1ヶ月以内に届いた郵便物など)をご持参・ご提示お願い致します。

発売日

2018年1月10日(水)
※先行発売:2018年1月5日(金)10:00~ 
フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

チケット取扱窓口

関連イベント

観劇レポーター、ツイートキャンペーン(Twitter)企画など関連企画を実施予定!

詳細は全国学生演劇祭公式webサイトよりご確認ください。

プロフィール

全国学生演劇祭とは

各地域の演劇祭で推薦を受けた学生劇団が同じ舞台に立ち、いま・ここにしかない『全国学生演劇祭』を形づくります。ここでは、観客と審査員の評価をもとに日本一の学生劇団を決めるだけでなく、学生同士が互いに刺激し高め合うことを目指します。
第3回のコンセプトは「全国学生演劇祭が織り成すつながり」。横糸を紡ぐのは、同世代に生きながら出会うはずのなかった学生たち。今回は、札幌・東北・東京・名古屋・京都・大阪・四国・福岡そして大邱(韓国)の9地域より11組の学生劇団を迎えます。さらには、「演劇」と多様な距離感をもつ様々な世代の人々が紡ぐ縦糸を織り合わせ、地域・世代を超えた人々のつながりを生み出していきます。

劇団紹介

[Aブロック]

〇札幌学生対校演劇祭 推薦(最優秀賞/審査員賞/一般審査賞 受賞)
劇団宴夢 (酪農学園大学) 『熱血!パン食い競走部』
脚本/演出 本澤貴史
【作品紹介】この物語はパン食い競走に命をかけた男達の青春の記録だ。
【団体紹介】1979年旗揚げ。地元である江別、札幌で活動する老舗劇団。作品に芸術性、文学性は一切無く『くだらなさ』の追求に全てをかけている。
Twitter @rgu_enmu

〇東京学生演劇祭 推薦(審査員部門大賞 受賞)
フライハイトプロジェクト (早稲田大学、東京藝術大学ほか)
『今夜、あなたが眠れるように。』
脚本Nana Keira Ichikawa 演出 大舘実佐子
【作品紹介】八重から産まれたゆり子。ゆり子から産まれたわか葉。三代にわたる、女性の姿。物語は八重の最期の日を描き出す。時間とともに変化していくこと。時が経っても変わらないこと。母から子へ、繋いでいく想いとは。
【団体紹介】市川奈々と大舘実佐子が立ち上げた演劇プロジェクト。溢れる想像力で創り上げる、枠に収まらない舞台芸術制作を目的としており、団体名である「フライハイト」は、ドイツ語で「自由」の意。毎公演、新しいメンバーを募集して作品創りを行う。
Twitter @FreiheitProject

〇大阪短編学生演劇祭 推薦(最優秀賞/スタッフ賞/観客投票MVP賞/審査員MVP賞 受賞)
元気の極み (大阪府立大学×大阪大学×神戸大学) 『せかいのはじめ』
脚本/演出 中村奏太
【作品紹介】ここ、ロームシアター京都は2016年にリニューアルオープンしたそうです。私は1998年に生まれました。この演劇祭は今年で第3回目だそうです。……いつか終わりは来るのかな。私はこの劇場で、この演劇祭で、演劇をする。わたしはそうして生まれ、そうして死ぬ。せかいのはじめ。
【団体紹介】大阪府立大学休学中で無隣館所属の中村奏太、大阪大学一回生で劇団六風館所属の中尾多福、神戸大学一回生ではちの巣座所属のキャメロン瀬藤謙友によるユニット。第4回大阪短編学生演劇祭のために結成。一人芝居を上演します。
Twitter @genkinokiwami

〇四国学生演劇祭 推薦(第1位 獲得)
楽一楽座 (徳島大学) 『Say! Cheese!!』
脚本/演出 中西一斗
【作品紹介】「空襲か!?」「夏が邪魔して…」「俺おばあちゃん子だから!」「豊満じゃねえわ!」「生きて帰りましょうね…」「吐血したー!」「追えって!」「大丈夫、あなたは一人じゃないわ」「二年前」「僕は君に会った事がある気がする…」「子供…生命…」「お前ら、信じてるぜ」「男の子だったら」「はい、チーズ!」
【団体紹介】2017年5月19日、代表中西一斗を中心に旗揚げ。第2回全国学生演劇祭出場の「劇団マシカク」を前身とする。団体名の候補として他に「怒涛ハレンチ隊」「月刊コペルニクス」などが挙げられていたが、一同頭を冷やして「楽一楽座」とした。徳島を中心に活動する、楽しく笑顔の絶えない劇団です。
Twitter @raku1rakuza0519


[Bブロック]

〇東京学生演劇祭 推薦(実行委員部門大賞 受賞)
喜劇のヒロイン (日本大学) 『べっぴんさん、1億飛ばして』
脚本/演出 新宮虎太朗
【作品紹介】 ・・・昔テレビで流れてた べっぴんさん。べっぴんさん。べっぴんさん。ふざけて1億飛ばしたら、そこには誰がいるのだろう。誰ならいいのだろう。そんな事より、これは私の家族の写真です。
【団体紹介】2016年活動開始 第五回名古屋学生演劇祭で観客賞を獲得 報われ過ぎているヒロインへの妬みを原動力にくだらない笑いとの心中を目指す。迫力もない、芸術性もない、くだらない、喜劇のヒロイン。
Twitter @comedy_heroine

〇京都学生演劇祭 推薦(京都学生演劇祭賞 受賞)
ヲサガリ (京都工芸繊維大学) 『ヲサガリの卒業制作』
脚本/演出 小川晶弘
【作品紹介】早く大人になりたいと思っていた。ら、すぐになった。人気者になりたいと思っていた。けど、なれぬと気づいた。自分の才能を信じていた。のに、信じられなくなった。居心地のいいこの場所に、長く居すぎたかもしれない。
【団体紹介】京都工芸繊維大学を拠点にする団体。あらゆるところからのヲサガリを頂き、成長していく。学生生活もあと僅か。もうヲサガらない。平均年齢26歳。今回は学生らしからぬ学生が集まったネオなヲサガリ。
Twitter @wosagari

〇福岡学生演劇祭 推薦(大賞/俳優賞 受賞)
砂漠の黒ネコ企画 (九州大学ほか) 『ぼくら、また、屋根のない中庭で』
脚本 Granous B.K Ponser 演出 木下智之
【作品紹介】そこにはどんな悪いところも治せる《先生》がいるそうだ。その中庭に、落としものを探す足の悪い男、目の悪い女、そしてもうひとり男がやってきた。あるいは皆、《先生》に会うために。これは、どこか欠けていて、どこにも行けなかった3人の、どこかへの旅立ちの――その少し前の一幕。
【団体紹介】劇作家、Granous B.K Ponserが発起人となり立ち上げた自主企画。メンバー・作風共に一切不定で、出会いと発見を積み重ねながら創作活動を行っている。作家の人間観に根差し、激しくも弱く悲しい人間達の生の慟哭を描いた自作戯曲を上演する。
Twitter @blackcat_desert


[Cブロック]

〇とうほく学生演劇祭 推薦(大賞/観客賞/俳優賞 受賞)
三桜OG劇団ブルーマー(仙台三桜高校演劇部 OG) 『スペース.オブ.スペース』
脚本/演出 熊谷美咲
原案者 平岩あかり
【作品紹介】隕石が落ち、地球は滅びる。というニュースが半年前、全世界で報じられた。世間は大騒ぎになり、隕石の対処・脱出方法を求め、家族や恋人との別れに悲しんだ。しかし、もはや避けようがないとわかった滅亡前夜。人々は半年前と同じ日常を送っていた。元地学部による、この隕石観測女子会も例外ではない。むしろ、やりたいことをやりまくる!だって明日は来ないから!ネイル塗る?告る?いや、スーパーカップ食べずに死ねないから。
【団体紹介】 Q.ブルーマーとは? A.ブルマ好きな集団ではなく、bloomerで咲かせる人という意味です。三桜高校演劇部卒業生で構成されています Q.劇団の特徴は? A.元気と食欲が止まらない、女子校上がりの恥じらいのなさです! Q.今更高校のメンバーで集まって劇団を立ち上げるという行為にやや痛い印象を受けるがそこに恥じらいはない? A.うるせえ Q.高校時代との違いは? A.ありません!若さも体力も全て昔のままです。本当に変わりません。本当です。みんな、まったく変わりません
Twitter @bloomerOf

〇名古屋学生演劇祭 推薦(大賞/観客賞/審査員賞 受賞)
はねるつみき (岐阜大学ほか) 『昨日を0とした場合の明後日』
脚本/演出 常住奈緒
【作品紹介】ここは支配者を「かみ」と呼ぶ星。わたしたちは今日の学校帰りも、トモちゃんと二人でデモに行きます。
【団体紹介】高校演劇の大会で出会い気が合った同士で結成した団体。団員は全員この前の3月に高校を卒業したばかりの18・19歳。若さを言い訳にもプライドにも都合いい感じに使いながら頑張ります。
Twitter @spring_blocks

〇京都学生演劇祭 推薦(審査員特別賞 受賞)
LPOCH (京都教育大学) 『溺れる』
脚本 蒼色メチル基 演出 未定
【作品紹介】基本的に溺れます。助けてください。
【団体紹介】青倉玲依という人のひとりぼっちユニットでした。寂しいなぁ~と思いながらやっています。大阪とか京都らへんをふらふら。よろしくお願いいたします。
Twitter @LPOCH_


[特別枠]

 大邱演劇協会 推薦
 啓明劇芸術研究会 (啓明大学校)
----------------
 2017年6月、第2回全国学生演劇祭に出場した3団体(幻灯劇場、劇団なかゆび、劇団西一風)が、韓国の大邱広域市で行われた第2回大韓民国演劇祭in大邱から招聘を受け、韓国で上演を行いました。今後も日韓の学生間の文化交流を継続させていくため、今回は日本に韓国の学生団体を迎えます。
日時:2月26日(月) 10:30開演 ※審査対象には含まれません。
入場無料・要予約(2018年1月10日(水) 10:00より予約開始)

クレジット

主 催

全国学生演劇祭実行委員会

共 催

ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

協 力

大邱演劇協会、京都市岡崎いきいき市民活動センター、NPO劇研 

後援

京都市

助成

京都府文化力チャレンジ事業

特別協賛

株式会社ネクステージ

パートナー

DEN-EN

PageTop