SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 小野彩加、中澤陽 /スペースノットブランク 「再生数」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

KYOTO EXPERIMENT 2022 京都国際舞台芸術祭

小野彩加、中澤陽 /スペースノットブランク 「再生数」

2022年10月1日(土)~ 10月2日(日)

演劇ノースホール
  • twitter
  • facebook
  • 小野彩加、中澤陽 /スペースノットブランク 「再生数」

    ©Ayaka Ono & Akira Nakazawa / Spacenotblank

スクリーンに映されたドラマ。
これは、映画か演劇か?

どちらも劇場で体験される芸術なのに、交わることのない「演劇」と「映画」。一般に、前者はライブで演じられ、後者は映像を再生する。そんなふたつの邂逅を目撃できるのが、『再生数』だ。
本作を手がけるのは、今注目のコレクティブ「スペースノットブランク」と、岸田國士戯曲賞受賞作家でもある気鋭の劇作家・松原俊太郎。小野彩加と中澤陽からなるスペースノットブランクは、舞台芸術の新たな思考や手法を探究しながら、固有の環境や関係により生じるコミュニケーションを創作の根源として活動してきた。
松原とは2019年より継続的に協働しており、4度目となる本作では、なんと、演劇の上演と映画の上映をリアルタイムで表現していくという。8人の出演者のうち、2人が担うのはカメラの役割。残る6人が演じる松原作のドラマを、舞台上のスクリーンに映し出されたカメラの視点を通して「映画」として鑑賞する。演劇と映画を同時に鑑賞するような二重の体験が待ち受けているのだ。
言葉、サスペンス、切実さ、軽快さ……さまざまな意味と印象がコラージュされた松原の戯曲と、スペースノットブランクの演出によりスピード感をもって解体されていく空間と身体­­——。舞台上に巻き起こるドラマと再生成されていく演劇と映画の関係は、いかに結実するのか。その協働が行き着いた新たな境地に、頭痛がするくらいどっぷり浸かりたい。

開催日時・会場

2022年10月1日(土)~ 10月2日(日)

1(土)14:30 / 19:00
2(日)14:30 ★♡
★ポスト・パフォーマンス・トーク ♡託児あり
※開場は開演の30分前。
言語:日本語(英語字幕あり)

会場:ノースホール

上演時間:90分~120分(予定)

公演・作品について

プロフィール

スペースノットブランク

Dan Åke Carlsson

スペースノットブランク

二人組の舞台作家の小野彩加と中澤陽が舞台芸術の創作を行なうコレクティブとして2012年に設立。舞台芸術の既成概念に捉われず、独自の新しい仕組みを研究開発しながら舞台芸術の在り⽅と価値を探究している。固有の環境や関係により生じるコミュニケーションを創作の根源とし、作品ごとに異なるアーティストとのコラボレーションを積極的に行なっている。第 8 回せんがわ劇場演劇コンクール・グランプリ受賞(2017)。下北ウェーブ選出(2018)。ロームシアター京都×京都芸術センターU35創造支援プログラム“KIPPU”選出(2020)。金沢21世紀美術館芸術交流共催事業 アンド21選出(2021)。

小野彩加Ayaka Ono

舞台作家。1991年生まれ。2016年から2019年まで多田淳之介率いる〈キラリふじみ・リージョナルカンパニーACT-F〉に参加。ダンサー、パフォーマーとして、白神ももこ『絵のない絵本』、黒沢美香『6:30 AM』、浅井信好『はてしない物語』、かえるP『スーパースーハー』、三野新『アフターフィルム』、ピチェ・クランチェン『MI(X)G』、山崎広太『ダンス・スプリント』『ダンステレポーテーション』、ひとごと。『花をそだてるように、ほんとうをそだてています。』『はなれながら、そだってく。』、ClariS『ClariS 1st 武道館コンサート 〜2つの仮面と失われた太陽〜』『ClariS 3rd HALL CONCERT in 舞浜アンフィシアター ♪over the rainbow 〜虹の彼方に〜♬』などの作品に参加している。利賀演劇人コンクール2019 優秀演出家賞二席受賞。KYOTO CHOREOGRAPHY AWARDファイナリスト(2021)。

中澤陽Akira Nakazawa

舞台作家。1992年生まれ。映像作家として、室伏鴻のアーカイブ映像の制作、中村蓉『リバーサイドホテル』『顔』などの作品に参加。パフォーマーとして、fabien prioville dance company『The SOMA Project』、藤田貴大『A-S』、ゆうめい『フェス』『〆』、三野新『アフターフィルム』、ヌトミック『ワナビーエンド』、福井裕孝『デスクトップ・シアター』、ウンゲツィーファ『ロイコクロリディウム』『Uber Boyz』、バストリオ『一匹のモンタージュ』などの作品に参加している。利賀演劇人コンクール2019 優秀演出家賞二席受賞。KYOTO CHOREOGRAPHY AWARDファイナリスト(2021)。2021年度セゾン文化財団セゾン・フェローⅠ。

 

松原俊太郎

松原俊太郎Shontaro Matsubara

劇作家。1988年、熊本生まれ、京都在住。神戸大学経済学部卒。処女戯曲『みちゆき』(2015)が第15回 AAF戯曲賞大賞を受賞。戯曲『山山』(2018)が第63回岸田國士戯曲賞を受賞。小説『ほんとうのこといって』を「群像」(講談社)2020年4月号に寄稿。主な作品として『正面に気をつけろ』、『光の中のアリス』、『イヌに捧ぐ』など。2022年度セゾン文化財団セゾン・フェローⅠ。

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:京都国際舞台芸術祭実行委員会
[京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、京都芸術大学 舞台芸術研究センター、THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)]

特設サイト

お問い合わせ

KYOTO EXPERIMENT 事務局 TEL:075-213-5839

チケット購入・予約

チケット料金

自由席
一般 ¥3,000
ユース(25歳以下)・学生¥2,500
高校生以下¥1,000
ペア ¥5,500
当日券は+500円(高校生以下は同額)

一般発売日

2022年8月9日(火)

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]
  • KYOTO EXPERIMENT チケットセンター(11:00–19:00、日曜・祝日休[フェスティバル開催期間中は無休])
    オンライン| https://kyoto-ex.jp ( セブン- イレブン引取)
    電話予約| 075-213-0820 ( セブン- イレブン引取)
    窓口|京都市中京区少将井町229-2 第7 長谷ビル 6F

関連イベント・記事