SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIX
G.プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

ROHM CLASSIC SPECIAL

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIX
G.プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」

2023年3月17日(金)、3月19日(日)

音楽メインホール
  • twitter
  • facebook
  • 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIXG.プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」

  • 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIXG.プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」

    © Shintaro Shiratori

世界的な指揮者である小澤征爾が、自らの音楽経験を後進の若手音楽家に伝えることを目的に、2000年に立ち上げた教育プロジェクト「小澤征爾音楽塾」によるオペラ公演です。19回目となる演目は、イタリアが誇る大作曲家ジャコモ・プッチーニ作の歌劇「ラ・ボエーム」です。ボヘミアンたちが多く集まるパリを舞台に、貧しい生活ながら愛と夢に生きた若者たちを描いた名作で、音楽塾では2004年ぶり、2度目の公演となります。
イタリアオペラの中でも最もよく公演される人気作を、ディエゴ・マテウスの指揮、世界の歌劇場で活躍する歌手たち、オーディションで選ばれたアジア各国からの若手演奏家オーケストラと共に、新制作による高水準な舞台でお届けいたします。

開催日時・会場

2023年3月17日(金)、3月19日(日)

会場:メインホール

公演・作品について

演目

G.プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』
【全4幕】新制作《原語(イタリア語)上演/字幕付》

出演・スタッフ

音楽監督:小澤征爾
指揮:ディエゴ・マテウス
演出:デイヴィッド・ニース
装置・衣装:ロバート・パージオラ
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ

小澤征爾音楽塾とは

小澤征爾音楽塾は、ローム株式会社の佐藤研一郎社長(当時)と小澤征爾がオペラを通じて若い音楽家を育成することを目的に、2000年に立ち上げた教育プロジェクトです。恩師カラヤンの教えである「交響曲とオペラは車の両輪のようなもの」を持論とする小澤が「教えること」に生涯を捧げたもう一人の恩師斎藤秀雄のスピリットを受け継ぎ、若い音楽家たちとともに学ぶ場として開催しています。毎年、国内外でのオーディションで選ばれたアジア諸国(日本、中国、台湾、韓国)の若い音楽家たちでオーケストラを結成し、小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラメンバーをはじめとする演奏家のもとで指導を受け、分奏や歌手とのリハーサルを重ねながら、世界の歌劇場で活躍するオペラ歌手や演出家と共に高水準のオペラ「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」を創り上げます。

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関する対策、留意点

新型コロナウイルス感染症の感染予防に関して、ロームシアター京都における対策、留意点をまとめています。必ずご一読ください。
新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせのページ

主催:小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン
   京都市、 ロームシ アター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
共催:公益財団法人ロームミュージックファンデーション
協賛:ローム株式会社
企画・制作:ヴェローザ・ジャパン

お問い合わせ

ロームシアター京都 TEL:075-771-6051

募集情報

2023年小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIX
G.プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」カヴァーキャスト オーディション開催のお知らせ

小澤征爾音楽塾は毎年国内外のオーディションによって選ばれた若い音楽家でオーケストラを結成し、指揮者小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーをはじめとする講師陣のもとで指導を受け、世界中のオペラハウスで活躍する一流の歌手や演出家とともにリハーサルを重ね、その成果をオペラやコンサートで披露する教育プログラムです。