SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / ホリデー・パフォーマンス Vol.5:おおしまたくろう
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

ホリデー・パフォーマンス Vol.5:おおしまたくろう

2020年9月6日(日)

音楽美術・映像パークプラザ3階共通ロビー2階共通ロビーサウスホール1階ホワイエ(予定)
  • twitter
  • facebook
  • ホリデー・パフォーマンス Vol.5:おおしまたくろう

  • ホリデー・パフォーマンス Vol.5:おおしまたくろう

  • ホリデー・パフォーマンス Vol.5:おおしまたくろう

音楽を中心としたパフォーマンスを無料で気軽にお楽しみいただける「ホリデー・パフォーマンス」では、毎回ジャンルにとらわれない多様な音楽を紹介しています。
Vol.5では、新型コロナウイルス感染症への対策も鑑み、一定の時間に観客が集う演奏会形式のパフォーマンスではなく、自由に出入りしながら体験出来る、
約3時間にわたる展示形式のパフォーマンスを行います。
また、当日のパフォーマンスはライブ配信も予定しています。

当日のライブ配信はこちら(YouTube)

開催日時・会場

2020年9月6日(日)

13:00~16:00

会場:パークプラザ3階共通ロビー,2階共通ロビー,サウスホール1階ホワイエ(予定)

公演・作品について

出演

おおしまたくろう(サウンドデザイナー)

タイムスケジュール

*オンラインでも全てのコンテンツをご覧いただけます
 当日のライブ配信はこちら(YouTube)

13:00 オープニング「ごあいさつ」(3階共通ロビー)
13:15 PLAY A DAYパフォーマンス(2階共通ロビー)
14:00 PLAY A DAY入門講座「Noise is Massage」(映像作品)
14:30 都市のグルーヴ「LチカからNB-606まで」(映像作品)
14:45 NB-606パフォーマンス(3階共通ロビー)
15:00 滑琴(かっきん)について「都市のノイズにライドせよ!」(映像作品)
15:30 滑琴パフォーマンス(サウスホール1階ホワイエ)
15:40 これからのPLAY A DAY(映像作品)
15:50 PLAY A DAYパフォーマンス(サウスホール1階ホワイエ〜野外)
16:00 終了

おおしまたくろう

撮影:金田金太郎

おおしまたくろう Oshima Takuro

PLAY A DAY(毎日PLAYする)をモットーに、身近な道具を改変した楽器の制作とそれらを組み合わせた少し不思議なパフォーマンスを行い、音楽や楽器の名を借りた遊びやユーモアを提示する。
近作に車のウィンカーのタイミングのズレを利用したグルーヴマシン「NB-606」、魂柱を失ったバイオリンを昆虫として蘇らせる「Violinsect」など。音の実験ワークショップ「SOUNDやろうぜ」を主宰。

PLAY A DAY

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ

ロームシアター京都  TEL:075-771-6051

チケット購入・予約

チケット料金

無料・予約不要(出入自由)