TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演 「蝶々夫人」全2幕
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

平成29年度

新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演 「蝶々夫人」全2幕

2017年10月30日(月)、11月1日(水)

音楽メインホール
  • twitter
  • facebook
  • 新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演 「蝶々夫人」全2幕

    2015年新国立劇場公演より/撮影:寺司正彦

高校生にオペラの素晴らしさを伝え、次世代の育成と舞台芸術文化の振興を目指し開催している、新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演は、平成28年度からロームシアター京都で開催します。平成29年度の作品は、歌劇「蝶々夫人」。新国立劇場でも上演されるダイナミックな舞台をご覧いただきます。

開催日時・会場

2017年10月30日(月)、11月1日(水)

両日13:00

会場:メインホール

上演時間:約2時間45分(休憩1回含む)

公演・作品について

出演・スタッフ

指揮:高関 健

蝶々夫人:横山恵子
ピンカートン: 村上敏明
シャープレス:大沼 徹
スズキ:山下牧子
ゴロー:内山信吾
ボンゾ :峰 茂樹
ヤマドリ:吉川健一 ほか

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:京都市交響楽団

演出:栗山民也
美術:島 次郎
衣裳:前田文子
照明:勝柴次朗
再演演出:澤田康子
舞台監督:髙橋尚史

 

上演演目

ジャコモ・プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」(全2幕)

上演言語

イタリア語(日本語字幕付)

あらすじ

明治時代の長崎。軍港だった長崎滞在中のアメリカ人海軍士官ピンカートンは、結婚斡旋人ゴローの仲介で「妻」をめとる。妻になる芸者の蝶々さんがピンカートンを真剣に愛していると知ったアメリカ領事シャープレスはその行く末を危ぶむ。ピンカートンが帰国して三年。船の入港を告げる大砲の音が響く。夫の船と知って歓喜する蝶々さんは、部屋中に花びらを敷き詰め、婚礼の日の衣裳に着替えて夫を待つが・・・。

【学生対象】当日券の事前予約受付について

高校生以下(2,160円)および大学生(一般料金4,320円)の方は、WEBフォームから当日券の事前予約が可能です(お1人様1枚限り)。

こちらのWEBフォームからお申込みください。

事前予約用WEBフォーム

※当日座席指定券にお引換の際、学生証等の身分証明書を必ずご提示ください。
※座席はお選びいただけません。また、舞台が一部見えづらいお席になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

公演チラシ

こちらからご覧いただけます(PDF)

主 催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、新国立劇場
協 賛:ローム株式会社
助成:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業

お問い合わせ

【学校団体のお問合せ】

ロームシアター京都 TEL.075-771-6051