TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会

2016年7月30日(土)

パークプラザ3階 共通ロビー
  • twitter
  • facebook
  • コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会

    写真:茶野邦雄

  • コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会

    写真:茶野邦雄

  • コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会

    写真:茶野邦雄

  • コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会

    写真:茶野邦雄

  • コンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR(サプール)』によるトークショー・サイン会・撮影会

    写真:茶野邦雄

京都岡崎 蔦屋書店にコンゴ共和国のおしゃれ紳士集団『SAPEUR』が来店し、トークショーとサイン会、撮影会を開催します。サプールを追いかけた写真家 茶野邦雄氏が、サプールの写真集第2弾「日本を旅するサプール」の撮影と沖縄での「サプール写真展」の為に招聘し、京都でのイベント開催も実現しました。

公演・作品について

SAPEUR(サプール)とは

平均月収3万円の生活上や安定しない政治的背景、そんな中でも「エレガント」であることで、暮らしを豊かに、人生さえもお洒落に華やかに彩る男たち。色鮮やかなスーチングスタイルやこだわりのアクセサリーなどそのルールとテクニックはサプールを志す者に受け継がれています。サプールの原点は「エレガントであること、礼儀正しく振る舞い、他人を尊敬すること、そして非暴力を貫くこと」です。

茶野邦雄プロフィール

1959年滋賀県出身。大学卒業と同時にフリーランスカメラマンとして活動開始。
1984年に最年少で日本広告写真協会(APA)の正会員に推挙される。1986年渡米し、NEWYORK YOMIURI PRESS社勤務。欧米各国で取材撮影を敢行。1991年沖縄に移住。現在沖縄を拠点に広告写真、サプールの写真をライフワークとしている。

京都岡崎 蔦屋書店

ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

ジェイアール京都伊勢丹

お問い合わせ

京都岡崎 蔦屋書店 TEL.075-754-0008