TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / マーク・テ特別レクチャー「『Baling』について」
PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭2016 AUTUMN[プレイベント]

マーク・テ特別レクチャー「『Baling』について」

2016年7月15日(金)

演劇パークプラザ3F会議室2
  • twitter
  • facebook

マレーシア・クアラルンプールを拠点に活動する演出家、マーク・テ(Mark Teh)は、今秋、KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMNの公式プログラムとして『Baling』を上演します。 本作は、1955年にマラヤ・バリンで行われ、のちに「バリン会談」と呼ばれるマレーシアの現代史にとって非常に重要な出来事を基にしています。この和平会談は、「マラヤ非常事態」/革命闘争を終結させ、第2次世界大戦で荒廃したマレー半島に和平をもたらすための異例の試みとして、マレーシアの現在において、そして世界史においても大きな意味を持つものでした。彼はこの会談に関心を寄せ、2005年以来、実際の会談の採録を用いたドキュメンタリー・パフォーマンスの連作を上演し、本作はその試みの集大成ともいえます。 今回のレクチャーでは、マレーシアの公式の歴史とは異なる視点で歴史を捉えようとする本作『Baling』について、マーク・テ自身が、制作の動機、過去11年間に試みたそれぞれ異なるバージョンについて、また、1948〜60年のマレーシア非常事態について語ります。

公演・作品について

マーク・テ Mark Teh

マレーシアの演出家、キュレーター、研究者。歴史や記憶、都市といったテーマで幅広いプロジェクトに携わっている。主にパフォーマンスや教育の分野でコラボレーションを行っているが、展覧会やニューメディア、執筆、社会活動といった分野でも活躍している。ロンドン大学ゴールドスミス校芸術政治専攻で修士課程を修了、現在はマレーシアのサンウェイ大学のパフォーマンス・メディア科で教鞭を取っている。マレーシアのアーティスト、アクティビスト、プロデューサーからなる共同体、ファイブ・アーツ・センターのメンバーでもある。

京都国際舞台芸術祭実行委員会

申込フォーム

申込フォームはこちら

作品詳細について(KYOTO EXPERIMENTウェブサイト)

こちら

お問い合わせ

京都国際舞台芸術祭実行委員会 TEL.075-213-5839