ロームシアター京都

  • 音楽
  • 舞踊
  • 公演
  • 主催

五感で感じる和の文化事業
創生劇場「やわらかなかぐら」

2016年11月26日(土)

終了しました

既存の伝統芸能の分野や流派を越えた、新しい「かぐら」の創作

国内の貴重な伝統芸能・文化を発信し、将来に継承するための拠点施設「国立京都伝統芸能文化センター(仮称)」の誘致を目指す京都市が、センター機能として想定する事業として実施する「五感で感じる和の文化事業」。
既存の伝統芸能の分野や流派を越えて独創的で意欲的な舞台を創作・上演する「創生劇場」は、神に奉納する歌舞「神楽」を題材に、アーティストと市民の皆様とともに新しい「かぐら」を創作します。

演出:杉原邦生(KUNIO主宰)
脚本:いしいしんじ(小説家)
脚色:小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授)
出演:筝曲:横山佳世子、伊藤美奈子、原 妙、芦田拓也
   能楽森田流笛方:左鴻泰弘
   演者:茂山良暢(能楽大蔵流狂言方)、山口耕道(能楽大蔵流狂言方)、
      森田真和、田中真之(劇団俳優座)、大駱駝艦(我妻恵美子、高桑晶子、
      鉾久奈緒美、藤本 梓、梁 鐘譽、伊藤おらん、齋門由奈)、岩下 徹 ほか 
      公募で選出した方

公演情報

公演日時

2016年11月26日(土)
開演時間 16:00
(受付開始15:00、開場15:30)

会場

サウスホール

お問合せ先

京都芸術センター TEL.075-213-1000

チケット情報

チケット料金

おとな        前売 2,500円
せいねん(25歳以下)前売 2,000円
こども(高校生以下) 前売 500円
※当日券は500円アップ(前売券完売の場合、当日券の販売はございません)

発売日

2016年9月10日(土)
9月上旬発売予定 ※座席指定

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター〔TEL:075-746-3201〕(10:00-19:00 無休)
  • 京都コンサートホールチケットカウンター〔TEL:075‐711‐3231〕(10:00-17:00 第1・3月曜日休)
  • 京都芸術センター(10:00-20:00 無休)
    窓口:京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

プロフィール

杉原邦生(演出)

杉原邦生(演出)

演出家,舞台美術家。1982年東京生まれ,神奈川県茅ケ崎市育ち。KUNIO主宰,木ノ下歌舞伎企画員。京都造形芸術大学在学中より演劇活動を開始し,2004年に自身が様々な作品を演出する場としてプロデュースカンパニー“KUNIO”を立ち上げる。2006年『yotsuya-kaidan』の演出をきっかけに木ノ下歌舞伎に参加。今後の上演として,歌舞伎座の八月納涼歌舞伎『東海道中膝栗毛』(構成)を予定。

いしいしんじ(脚本)

いしいしんじ(脚本)

作家。1966年大阪生まれ。京都大学文学部仏文学科卒。1996年,短篇集『とーきょーいしいあるき』刊行(のち『東京夜話』に改題して文庫化)。2000年,初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞受賞。2004年『プラネタリウムのふたご』,2006年『ポーの話』,2007年『みずうみ』が,それぞれ三島賞候補になる。その他の小説に『トリツカレ男』『四とそれ以上の国』,エッセイに『いしいしんじのごはん日記』『熊にみえて熊じゃない』『遠い足の話』など。現在,京都在住。

クレジット

主 催

京都市
ロームシアター京都
(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
京都芸術センター
(公益財団法人京都市芸術文化協会)

助成

平成28年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業

その他

「こどもたち」役 ワークショップオーディションのお知らせ

舞台である「こどもたちの村」の住人を演じる「こどもたち」を募集します。

募集詳細、応募方法等は、京都芸術センターWEBサイトにてご確認ください。

PageTop