TOP / ニュース / 「感染拡大防止と文化芸術活動の両立支援補助金」制度の創設について(10/7追記)

NEWSニュース

2020.10.5 施設新型コロナウイルス感染症関連

「感染拡大防止と文化芸術活動の両立支援補助金」制度の創設について(10/7追記)

  • twitter
  • facebook

新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長期化する中、公演・展示等の発表機会を失った文化芸術関係者の
活動継続・再開を支援するため、京都市において、「感染拡大防止と文化芸術活動の両立支援補助金」制度が創設されました。

この補助金では、文化芸術の鑑賞機会を提供する際の施設使用料及び附帯設備使用料の半額(上限40万円/日、最大5日間・200万円)を
補助する「施設使用料等補助」と、感染拡大防止等経費を補助(上限50万円)する「感染拡大防止等経費補助」があり、
当館は、「施設使用料等補助」の対象施設となっています。

補助対象期間は2020年10月1日から2021年3月31日まで、申請受付は10月19日から2月28日までですが、予算の上限に達した場合は、
締切前であっても受付を終了するとのことですのでご注意ください。

当館での催しを予定・検討されている方には、本補助金の活用もご検討いただければと存じます。

なお、申請にあたっては、施設利用料金及び付属設備利用料金の概算が必要となる見込みです。特に付属設備利用料金については、見積もり作成にお時間をいただく場合もあることから、お早めにご相談いただきますようお願いいたします。

詳細は、特設WEBサイトをご覧ください。