重要なお知らせ
サーバーメンテナンス実施のため、1/20(月)および1/27(月)の最大2時間程度、当サイトが一時ご利用いただけない状態となります。詳細はこちら
SEARCH
重要なお知らせ : サーバーメンテナンス実施のため、1/20(月)および1/27(月)の最大2時間程度、当サイトが一時ご利用いただけない状態となります。詳細はこちら
JP / EN
重要なお知らせ : サーバーメンテナンス実施のため、1/20(月)および1/27(月)の最大2時間程度、当サイトが一時ご利用いただけない状態となります。詳細はこちら
TOP / ニュース / ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2018年度報告書 発行のお知らせ

NEWSニュース

2019.10.31 その他

ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2018年度報告書 発行のお知らせ

  • twitter
  • facebook

このたび、ロームシアター京都では、「ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2018年度報告書」を発行いたします。

ロームシアター京都では、プログラム策定のためのリサーチ、舞台芸術に関わる研究・批評分野と実践の場をつなげる若手人材の育成を目的に、「ロームシアター京都リサーチプログラム」を2017年度より実施しています。2年目となった2018年度のリサーチテーマは、引き続き「古典芸能と現代演劇」、「子どもと舞台芸術」としました。このテーマでのリサーチに関心のある人材を募集し、メンターおよび劇場職員、事業に関わる関係者とのミーティング、リサーチ、ディスカッション等を通じて、調査研究に取り組んでいただきました。本書は、これらの調査研究について取りまとめたものです。

 

「ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2018年度報告書」
・無料
・発行:2019年10月
・執筆者:2018年度リサーチャー(中谷森、林立騎、大野はな恵)、メンター(吉岡洋、若林朋子)

 

報告書の内容はこちら(PDF)からご覧いただけます

 

【コンテンツ】
ロームシアター京都リサーチプログラム概要
リサーチャープロフィール
テーマA:古典芸能と現代演劇
 観客の体験とヴィジョン―「シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能Vol.2『鷹姫』」をめぐって 中谷森
 都市の空地としての劇場―脱「上演中心主義」のドラマトゥルギー 林立騎
テーマB:子どもと舞台芸術
 子どもと共につくる劇場のかたち―「子どもの参画」はいかにして展開されうるか 大野はな恵
メンター寄稿
 リサーチプログラムの社会的意義 吉岡洋
 2年目の気づき 若林朋子
最後に
 リサーチャープログラムに参加して(執筆者より)
事業資料
 2018年度リサーチャー募集概要

関連イベント