TOP / ニュース / 木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』上演記念ブックレット 発行・販売について

NEWSニュース

2019.2.8 公演・イベントその他

木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』上演記念ブックレット 発行・販売について

  • twitter
  • facebook

ロームシアター京都では、2/10(日)にいよいよ初演を迎える木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』に合わせて、上演記念ブックレット「語り継がれた異色作 摂州合邦辻2019」を発行・販売します。

昨年10月~12月に開催された、スピンオフ!プログラム「古典精読講座」全4回のアーカイブを中心にしながら、講座と関連する参考作品や資料の掲載、文楽・歌舞伎「摂州合邦辻」、先行作品である能「弱法師」、説経節「しんとく丸」のテキストを紹介し、人々を惹きつけてやまないこの物語の世界を多面的に楽しむ構成になっています。人気のまちあるきツアー「まいまい京都」とのコラボレーションで昨年12月に実現した、木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一と物語の舞台を巡るまちあるきツアーの誌上レポートも掲載。

「古典」と呼ばれる物語を、今を生きる私たちの視点で味わい、「新しい演劇の楽しみを見つける」ために制作された一冊です。

公演会場ホワイエにて販売いたしますので、ぜひお買い求めいただき、公演と合わせてお楽しみください。





レパートリーの創造

木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』上演記念ブック
林立騎、山口紀子 編

主な内容:

◇よくわかる!『摂州合邦辻』マトリクス

◇原典を読んでみる
 謡曲・能『弱法師』、説経節『しんとく丸』、文楽・歌舞伎『摂州合邦辻』

◇スピンオフ!プログラム 古典精読講座 収録
 伊藤比呂美 女はつらいよ ― 古典の中の女たち。説経節『しんとく丸』『小栗判官』を中心に ―
 日置貴之 恋か妄言か?―『摂州合邦辻』にみる本心のありか ―
 亀有碧 現代文学からはじめる古典 ― 三島、寺山、中上と『弱法師/身毒丸』―
 安藤礼二 古典がつなぐアジア世界 ―折口信夫と演劇の起源―

◇「まいまい京都」×木ノ下歌舞伎による 舞台めぐりツアー 誌上レポート
等、全160ページ

料金:1,200円(税込)

企画・発行:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
印刷:株式会社スイッチ.ティフ
編集:林立騎、山口紀子
デザイン:外山央

各公演会場ホワイエにて販売します。


お問合せ:ロームシアター京都 075-771-6051

関連イベント