重要なお知らせ
5月20日より開館しております。新型コロナウイルス感染症の影響による 中止公演についてはこちら(随時更新) ROHM Theatre Kyoto reopened on May 20. Please note that the open space and hours of operation will vary for the time being.
SEARCH
重要なお知らせ : 5月20日より開館しております。新型コロナウイルス感染症の影響による 中止公演についてはこちら(随時更新) ROHM Theatre Kyoto reopened on May 20. Please note that the open space and hours of operation will vary for the time being.
JP / EN
重要なお知らせ : 5月20日より開館しております。新型コロナウイルス感染症の影響による 中止公演についてはこちら(随時更新) ROHM Theatre Kyoto reopened on May 20. Please note that the open space and hours of operation will vary for the time being.
TOP / ニュース / ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2017年度報告書 発行のお知らせ

NEWSニュース

2018.12.27 その他

ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2017年度報告書 発行のお知らせ

  • twitter
  • facebook

このたび、ロームシアター京都では、「ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2017年度報告書」を発行いたします。
ロームシアター京都では、プログラム策定のためのリサーチ、舞台芸術に関わる研究・批評分野と実践の場をつなげる若手人材の育成を目的に、「ロームシアター京都リサーチプログラム」を2017年度より実施しています。初年度となった2017年度のリサーチテーマは、「古典芸能と現代演劇」、「子どもと舞台芸術」としました。このテーマでのリサーチに関心のある人材を募集し、メンターおよび劇場職員、事業に関わる関係者とのミーティング、リサーチ、ディスカッション等を通じて、調査研究に取り組んでいただきました。本書は、これらの調査研究について取りまとめたものです。
 
「ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2017年度報告書」
・無料
・発行:平成30年11月
・執筆者:2017年度リサーチャー(林立騎、清水久莉子、浜上真琴、大野はな恵)、メンター(吉岡洋、若林朋子)

報告書の内容はこちら(PDF)からご覧いただけます

【コンテンツ】
ロームシアター京都リサーチプログラム概要
リサーチャープロフィール

テーマA:古典芸能と現代演劇
古典芸能を巡るリサーチのアーカイブ 
〜問題提起、フィードバック、視察、ヒアリング、モデル化の過程〜 林立騎

テーマB:子どもと舞台芸術
公共劇場に人々は何を求めているのか~鑑賞に留まらない地域に開かれた場として~ 清水久莉子

自由な表現の場を守るための新しいアプローチとしてのチルドレンズ・チョイス・アワード 浜上真琴

チルドレンズ・チョイス・アワードを通じた子どもの変容に関する実証的研究 大野はな恵
 
メンター寄稿
「馴染む」ことの両義性
吉岡洋

思考と実践の行き来
若林朋子

最後に
リサーチャープログラムに参加して

事業資料
2017年度リサーチャー募集概要