SEARCH
JP / EN
TOP / 参加者・出演者募集 / レパートリーの創造 ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ「ショールームダミーズ #4」 出演者(女性ダンサー)募集

JOIN参加者・出演者募集

募集中 募集期間:2019年1月11日〜2019年3月8日

レパートリーの創造 ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ「ショールームダミーズ #4」 出演者(女性ダンサー)募集

  • twitter
  • facebook
レパートリーの創造 ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ「ショールームダミーズ #4」 出演者(女性ダンサー)募集

ロームシアター京都では、レパートリーの創造 ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ「ショールームダミーズ #4」公演に際し、出演者を募集します。

【公演概要】
ロームシアター京都 レパートリーの創造
「ショールームダミーズ #4」
2020年2月8日(土)9日(日)開催
演出・振付・舞台美術:ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ
会場:ロームシアター京都 サウスホール

募集要項

募集人数

5名程度

参加条件

・18歳以上の女性。
・ダンスの基礎があり、ダンサー、パフォーマー、俳優として活動されている方。
・下記スケジュール(リハーサル及び公演期間)にすべて参加できる方。
・リハーサル及び本番期間中の出演謝金300,000円~(税込/交通費、宿泊費、日当含む)をお支払いします。

<スケジュール> 
リハーサル①|2019年6月19日―30日(6月24日休み)
リハーサル②|2020年1月2日―12日(1月7日休み)
リハーサル③|2020年1月29日―2月2日
舞台リハーサル|2020年2月4日―7日
本番|2020年2月8日―9日

※リハーサル①~③は10:00-17:00、2月4日-9日は終日を予定。

応募方法

WEBフォームからお申込みください。

<WEBより提出頂くもの>
①経歴書(WEBフォーム上で入力)
②写真(全身・バストアップ)各1枚 ※各3MB以内
③本人が特定できる2分以内の動画(過去の出演作品、創作パフォーマンス、即興等)をアップロードしたURL

◎受付完了メールをお送りしますので、3日以内にご連絡が無い場合はお問合せください。

※ご応募の際いただきました個人情報に関しましては、ロームシアター京都で管理し、今回の出演に関する連絡のみに使用し、それ以外には使用しないことをお約束いたします。
※個人情報保護法に基づき、目的以外の使用、第三者への売却、譲渡などは一切いたしません。

応募締め切り

2019年3月8日(金)23時59分

選考方法

◎一次オーディション
応募書類にて選考。通過された方には、2019年3月25日(月)までにメールにてご連絡いたします。

◎二次オーディション
2019年4月8日(月)18:00-21:00 
二次オーディション通過者は当日発表いたします。

◎最終オーディション(ワークショップ形式)
2019年4月9日(火)-13日(土)18:00-21:00

選考会場:ロームシアター京都 ノースホール

※オーディション会場までの交通費・宿泊費は自己負担となりますのでご了承ください。

選考結果

2週間以内に、郵送で通知いたします。出演が決定した方は、ロームシアター京都と契約書を取り交わします。

レパートリーの創造について

ロームシアター京都が、時代を超えて末永く上演される劇場のレパートリー演目を製作することを念頭に、2017年度から継続して取り組むプロジェクトです。

今年度からは、世界中の観客を魅了し続けるフランスの俊才、ジゼル・ヴィエンヌを迎え、次代へ繋ぐレパートリーを2年間にわたって製作します。

ショールームダミーズ|Showroomdummies について

マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』をモチーフに、2001年の初演から現在に至るまで、幾度も再創作を繰り返しながら変化を続けるジゼル・ヴィエンヌの出世作。本作でヴィエンヌは、エティエンヌ・ビドー=レイと共に演出・振付・舞台美術を担当。5人のダンサーと1人のシンガー、そして複数の人形によって構成される舞台は、生きている身体とそうでないもの、現実と表象の境界が、ヴィエンヌ独自の視点から模索されている。日本では、2014年に第3バージョンにあたるShowroomdummies♯3(邦題「マネキンに恋して―ショールーム・ダミーズ―」)が、ふじのくに⇄せかい演劇祭で上演されている。

 

講師プロフィール

プロフィール

ジゼル・ヴィエンヌ

(c) Patrick Chiha

ジゼル・ヴィエンヌ Gisèle Vienne

1976年生まれ。哲学を学んだ後、フランス国立高等人形劇芸術学校に在学。振付家、演出家、パフォーマー、美術家として活躍。小説家のデニス・クーパーとのコラボレーションのほか、写真やインスタレーション作品も積極的に発表している。2018年には、KYOTO EXPERIMENTで鮮烈な印象を与えた『CROWD』で、フランスの批評家協会賞の最優秀賞を受賞。

お問い合わせ

ロームシアター京都 担当:国枝、寺田
電話:075-771-6051
メール:oubo[at]rohmtheatrekyoto.jp  ※[at]を@に変えてください。