TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / 小澤征爾音楽塾展コンサート
~塾生が奏でるそれぞれのラヴェルとプッチーニ~
Vol.2≪クラリネット編≫

PROGRAM公演・イベント

自主事業

終了

ROHM CLASSIC SPECIAL

小澤征爾音楽塾展コンサート
~塾生が奏でるそれぞれのラヴェルとプッチーニ~
Vol.2≪クラリネット編≫

2018年3月10日(土)

音楽ミュージックサロン(パークプラザ3階)
  • twitter
  • facebook
  • 小澤征爾音楽塾展コンサート~塾生が奏でるそれぞれのラヴェルとプッチーニ~Vol.2≪クラリネット編≫

これまでに小澤征爾音楽塾に参加した塾生によるコンサートを開催! 2018年3月に行われる小澤征爾音楽塾の演目ラヴェル作曲「子どもと魔法」とプッチーニ作曲「ジャンニ・スキッキ」をテーマに、オーケストラや室内楽で多岐に渡り活躍する、クラリネット・亀井良信が楽器の特徴を活かした名曲をお届けします。

公演・作品について

プログラム

ハバネラ形式の小品〔M.ラヴェル作曲〕

スペイン民謡組曲より抜粋〔M.d.ファリャ〕

ヴェルディのオペラ「リゴレット」による幻想曲〔L.バッシ作曲〕

ほか

亀井 良信 Yoshinobu Kamei (クラリネット)

2004年小澤征爾音楽塾 塾生。
9歳の時に父の手ほどきで、クラリネットを始める。桐朋女子高等学校音楽卒業後渡仏。パリ市12区立ポールデュカ音楽院、オーベルヴィリエ・ラ・クールヌーヴ地方国立音楽院をいずれも満場一致の1位で卒業する。フランスの作曲家ピエール・ブーレーズに認められ、騎馬オペラ団ZINGAROのソリストを務めた。2003年帰国後はソロ、室内楽奏者として各地で活動している。NHK-FM「FMシンフォニーコンサート」「ベストオブクラシック」「きらクラ」NHK-BS「クラシック倶楽部」「題名のない音楽会」に出演。2012年にリリースのCD「Rhapsodie」、2016年リリースの「Cantabile」が「レコード芸術」特選盤に選ばれている。第16回出光音楽賞、2005年度「アリオン賞」、名古屋音楽ペンクラブ賞を受賞。桐朋学園大学准教授。使用楽器:Buffet Crampon「Tosca」&「Tradition」

鈴木 慎崇 Yoshitaka Suzuki(ピアノ)

札幌市出身。東京藝術大学卒業。
第51回全日本学生音楽コンクール、第71回日本音楽コンクールにて、それぞれ第1位。さまざまなオーケストラと共演。また、リサイタル、FM、CDなどで数多くの演奏家と共演。国内外の音楽祭、コンクールにおいて公式伴奏者を務めるなど、伴奏、室内楽にも活動の場をひろげている。最近では、オーケストラの演奏会に鍵盤楽器奏者として度々出演している。東京藝術大学、武蔵野音楽大学非常勤講師を務めたのち、現在、洗足学園音楽大学非常勤講師として、後進の指導にあたっている。

公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

ローム株式会社

お問い合わせ

公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

TEL:075-311-7710