ロームシアター京都

  • 演劇
  • 公演
  • 主催

作・演出 岡田利規

ミュンヘン・カンマーシュピーレ『NŌ THEATER』

2018年7月6日(金)~ 7月8日(日)

開催まで17
  • (C) Julian Baumann

    (C) Julian Baumann

  • (C) Julian Baumann

    (C) Julian Baumann

  • (C) Julian Baumann

    (C) Julian Baumann

  • (C) Julian Baumann

    (C) Julian Baumann

ドイツ有数の公立劇場として知られるミュンヘン・カンマーシュピーレにて、日本人演出家としては初めて3シーズンにわたるレパートリー作品の演出を務める岡田利規(チェルフィッチュ主宰)による、2017年2月に発表された作品がついにロームシアター京都に登場!日本国内での上演はこの京都公演のみとなります。

本作で岡田が取り上げるのは、日本最古の舞台芸術「能」。その様式を用いて、資本主義に飲み込まれている現代日本の姿を描き出します。音楽は、即興演奏を行う現代音楽家・内橋和久が担当。ミュンヘン・カンマーシュピーレ劇場専属の俳優と共にドイツで創作した話題作、どうぞご期待ください。


私にとって重要なことは、能の形式がきわめて演劇的だということで、その演劇的であることの度合いは、私にとっては、たとえば能が〈日本的〉であることの度合いなどよりずっと大きい。(岡田利規)

公演情報

公演日時

2018年7月6日(金) ~ 7月8日(日)

開演7/6(金)7/7(土)7/8(日)
15:00 ◎ ■
19:00  
  • ※各公演受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
    ■=ポスト・パフォーマンストークあり
    ポスト・パフォーマンストーク登壇者決定!
    6日(金)19:00回 岡田利規×横山太郎(能楽研究者)
    7日(土)15:00回 タールン・カーデ(ミュンヘン・カンマーシュピーレ劇場 ドラマトゥルグ)×橋本裕介(ロームシアター京都 プログラム・ディレクター)

    ◎=託児サービスあり(有料、要予約)詳細はロームシアター京都(TEL.075-771-6051)までお問合せください。

会場

サウスホール

作・演出

岡田利規(チェルフィッチュ)

音楽・演奏

内橋和久

ドイツ語翻訳

アンドレアス・レーゲルスベルガー

出演

マヤ・ベックマン、アンナ・ドレクスラー、トーマス・ハウザー、イェレーナ・クルジッチ、シュテファン・メルキ

美術

ドミニク・フーバー

衣裳

ペレット・シャード

照明

アンドレアス・レーフェルド

ドラマトゥルク

タールン・カーデ

お問合せ先

ロームシアター京都チケットカウンター TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

チケット情報

チケット料金

全席指定 一般4,500円 / ユース(25才以下)3,500円(限定枚数)

※ユースチケットをご購入の方は、公演当日、証明書のご提示が必要です
※未就学児入場不可

発売日

2018年4月14日(土)
チケット一般発売開始:2018年4月14日(土)10:00~
会員先行発売※:2018年4月7日(土)10:00~
※フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)、京響友の会会員

チケット取扱窓口

エキストラ募集!

詳しくはこちら

チラシ

PDFはこちら(4MB)

ティザームービー

託児サービスのご案内

■対象年齢:生後3ヵ月~12歳まで ■料金:有料 1,000(税込) /1公演/お子様1人あたり  ※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願い致します。 ※ご利用料金については、キャンセルの場合も発生致します事、予めご了承下さい。 ■委託先:有限会社ノトス 公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)正会員 ■保険:不測の事故に対応するために、有限会社ノトスが保険に加入しており、保険適用範囲で補償いたします。ロームシアター京都は事故の責任は負わないことを申し添えます。 ■申込方法 お問い合わせフォームより、必須事項をご入力のうえご予約下さい。 (7/6は、託児サービスは行っておりません。) お問い合わせフォームはこちらhttp://puchiputte.net/rohm-theatre-kyoto/ ・【ご利用希望日】公演日時 ・【ご利用希望時間帯】公演名 ・【お問合せ項目】お子様のお名前(ふりがな)、託児上の注意点(アレルギーなど) ※福利厚生クーポンについては、ご利用頂けません事、ご了承下さいませ。 なにかご不明点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。 有限会社ノトス 075-341-5150 (日祝除く9:0017:00)

プロフィール

ミュンヘン・カンマーシュピーレ | Münchner Kammerspiele

ドイツ語圏で最も重要な劇場のひとつ。設立当初より、現代の諸相に共鳴する作品を上演し、芸術的に革新的で、現代的かつ社会政治学的な視点を持った国際色豊かな公立劇場。2015/2016年のシーズンから、マティアス・リリエンタールが芸術監督を務める。著名なアーティストだけでなく、若手の作家を起用し、Philippe Quesne、Rabih Mroué、岡田利規をはじめとする海外の演出家を招聘するダイナミックなアプローチは、「新しいタイプの公立劇場」「ミュンヘンの味」「クラブ」「ハイブリッド」と言った言葉で形容される。

岡田利規 | Toshiki Okada

演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰
1973年横浜生まれ、熊本在住。従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。主な受賞歴は、『三月の5日間』にて第49回岸田國士戯曲賞、小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』にて第2回大江健三郎賞。主な著書に『遡行 変形していくための演劇論』、『現在地』(ともに河出書房新社)などがある。2016年よりドイツ有数の公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品の演出を3シーズンにわたって務めている。

クレジット

主 催

ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市

製作

ミュンヘン・カンマーシュピーレ劇場

初演

ミュンヘン・カンマーシュピーレ劇場 2017年2月初演

助成

ドイツ連邦共和国外務省、ゲーテ・インスティトゥート
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂機能強化推進事業)
独立行政法人 日本芸術文化振興会

PageTop