ロームシアター京都

  • 音楽
  • 公演
  • ワークショップ
  • フェスティバル
  • 主催

京都岡崎音楽祭2018 OKAZAKI LOOPS

タンブッコ・パーカッション・アンサンブル コンサート

2018年6月23日(土)~ 6月24日(日)

開催まで33

ロームシアター京都を中心とした文化ゾーン岡崎地域で繰り広げられる、京都岡崎音楽祭 2018「OKAZAKI LOOPS」の企画の一つとして開催する、メキシコのスーパー・パーカッション・アンサンブル「タンブッコ」によるコンサート。ホールでのコンサートのほか、地域の小学生を対象とした事前のワークショップも予定しています。

公演情報

公演日時

2018年6月23日(土) ~ 6月24日(日)
開演時間 両日13:00

会場

ノースホール

出演

タンブッコ・パーカッション・アンサンブル

予定曲目

S.ライヒ:マレット・カルテット
A.ブリンガス:バランコ
H.インファンソン:エマトフォニア(あざのできる音楽) ほか

お問合せ先

ロームシアター京都チケットカウンター TEL.075-746-3201

チケット情報

チケット料金

全席自由
一般2,000円/高校生以下1,000円
※高校生以下のチケットをご購入の方は、公演当日、証明書のご提示が必要です
※4歳以上入場可

発売日

2018年5月12日(土)
会員先行発売※:2018年5月5日(土)10:00~
※フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)、京響友の会会員

チケット取扱窓口

動画<A.ブリンガス:バランコ>

プロフィール

タンブッコ | Tambuco

タンブッコ

4人の傑出したメキシコ人打楽器奏者により結成。完璧な名人芸と芸術性豊かな、見て聴いて楽しいパフォーマンスが魅力。

2011年度国際交流基金賞を受賞。2013年に日本人の若手作曲家とともにメキシコで新作を創出。来日ツアーを展開し、それらの日本初演、各地で演奏、音大でマスタークラスを行う。NHK-FM「現代の音楽」「題名のない音楽会」に登場した。
1993年、4人の傑出したメキシコ人打楽器奏者により結成。数々の公演とレコーディングを通し、打楽器作品の地平を拓く膨大なレパートリーを展開、独自のプログラムは幅広く聴衆の耳を楽しませ、世界屈指の打楽器アンサンブルとしての高い評価を確立している。最優秀クラシック・アルバム賞を含むグラミー賞への4回のノミネート。多彩で、複雑な打楽器作品からエスニックなドラム・ピース、実験的前衛音楽と、広く柔軟なレパートリーを持つ。完璧なまでの名人芸と芸術性豊かなパフォーマンスが魅力の1つ。ニューヨーク、東京、ロンドン、パリ、ベルリン等世界の主要都市をはじめ五大陸すべてで公演を行う。これまでに多数のCDがリリースされている。内一枚は「日本の打楽器音楽」と題し、武満徹、西村朗等の作品を特集している。2014年9、10月に来日ツアーを行い大成功を納めた。愛知・長久手公演ではスカル サクラと共演し「カフェ ジェゴグ」を世界初演。CD収録も行った。2016年1月にマイスターミュージックよりリリース。2017年の来日ツアーでもコンサートに加えCD収録、マスタークラス等、各地で好評を得た。2018年に結成25周年を迎える。

クレジット

主 催

京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

PageTop