ロームシアター京都

  • 舞踊
  • 公演
  • 主催

シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.1「一居一道(いっきょいちどう)」

2018年2月20日(火)

開催まで70

伝統芸術の継承と創造を目的とした「舞台芸術としての伝統芸能」シリーズが今年度よりスタート。
記念すべき初年度は、尾上流四代目家元の尾上菊之丞をスーパーバイザーに迎え、共通のテーマのもと、能・上方舞・歌舞伎舞踊と異なるジャンルの“舞踊”の連続上演と、出演者による対談を実施します。

※開催日が 2 月 21 日(水)から 2 月 20 日(火)に変更になりました

公演情報

公演日時

2018年2月20日(火)
開演時間 19:00

会場

サウスホール

出演

金剛龍謹(こんごうたつのり)/金剛流二十七世若宗家

井上安寿子(いのうえやすこ)/京舞井上流

吾妻徳陽(あづまとくよう)/吾妻流七代目家元、歌舞伎俳優 中村壱太郎

スーパーバイザー

尾上菊之丞(おのえきくのじょう)/尾上流四代家元

内容

【第一部】
「内外詣(うちともうで)」金剛龍謹(金剛流二十七世若宗家)
「珠取海士(たまとりあま)」井上安寿子(京舞井上流)
「娘道成寺(むすめどうじょうじ)」吾妻徳陽(吾妻流七代目家元、歌舞伎俳優 中村壱太郎)

 

【第二部】
出演者・スーパーバイザーによるディスカッション

演目紹介

・内外詣
伊勢神宮の神主と巫女が、京都から参詣してきた勅使のために祝詞・神楽・獅子舞を舞い、神徳をたたえ、この世の太平を寿ぐ、芸づくしの曲です。華麗な身のこなしを得意とする、金剛流のみで演じられる一曲をお楽しみください。

 

・珠取海士
亡き母の追善に四国へと下ってきた房前大臣。偶然出会った一人の海士から、かつて愛する子のために命をかけた母親の壮絶な物語を聞かされることになり…。能と文楽の影響を強く受けながら発展してきた、京舞井上流の真髄が感じられる大曲です。

 

・娘道成寺
能「道成寺」を起源に作られた、女方舞踊の最高峰ともいえる代表的な歌舞伎舞踊です。恋にまつわるさまざまな女性の姿を、色とりどりの衣裳や小道具で華やかに綴ります。

シリーズ「舞台芸術としての伝統芸能」について

能楽(能・狂言)、日本舞踊、人形浄瑠璃文楽、歌舞伎を始め、世界レベルで見ても、高度で独自性が強い芸能が、数多く、しかも日本の全国各地に存在します。それらを、同時代の舞台芸術として、伝統芸能の持つ普遍的なエッセンスがより鮮やかに浮かび上がるような仕掛けで上演する企画として、今年度から始動いたします。

 

お問合せ先

ロームシアター京都チケットカウンター

TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

チケット情報

チケット料金

全席指定 一般5,000円/ユース(25歳以下)4,000円(限定枚数/要証明書)

※未就学児童入場不可 
※ユースチケットはロームシアター京都オンラインおよびチケットカウンター、京都コンサートホールチケットカウンターで取扱。公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示いただき、指定席券とお引換えいたします。

発売日

2017年12月10日(日)
※フレンズ会員(オンライン会員) 12月6日(水)先行発売開始

チケット取扱窓口

  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231 (10:00~17:00、第1・3月曜休※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ0570-02-9999《Pコード:102-488》

クレジット

主 催

京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

助成

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業

PageTop