ロームシアター京都

  • 舞踊
  • 公演
  • フェスティバル
  • 主催

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017

マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada『病める舞』

2017年11月3日(金)~ 11月4日(土)

開催まで73
  • (C)Mauricio Pkemon

    (C)Mauricio Pkemon

  • (C)Mauricio Pkemon

    (C)Mauricio Pkemon

ブラジルの鬼才ダンサーが日本の舞踏に出会ったら。未知なる出会いの到達点は果たしてどこだ!?

ほぼ全裸のパフォーマーが輪になって走り続ける『マタドウロ(屠場)』、全身を漆黒に染めたダンサーがひと塊になって観客の間を蠢きまわる『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』。ブラジルの鬼才マルセロ・エヴェリンは、過去2回KYOTO EXPERIMENTで作品を発表しているが、いずれも客席と舞台が混然一体となった場の中で、観客を興奮と困惑のはざ間へと連れ出してくれた。

そんなエヴェリンが次に目をつけたのが日本の舞踏。舞踏を生んだ土方巽とその残された著作『病める舞姫』を手がかりに、日本で数々の舞踏家や研究者と接触を重ね制作を深めてきた。約30年にわたって活動してきたエヴェリンの身体やダンスへの問いかけが引き寄せた土方のラディカルな思想「衰弱体」。およそ近代のダンスに根底的な問いを投げかけたその思想に対して、野生の知性と生命に満ちた作品を送り出してきたエヴェリンがどのように向き合うのか。 安寧なる日常、そしてコンテンポラリーダンスを激しく揺り起こす作品となることだろう。

公演情報

公演日時

2017年11月3日(金) ~ 11月4日(土)
開演時間

11.3 (金) 17:30–◎
11.4 (土) 17:30−

◎託児サービス(利用料:¥1,500、要予約)ご予約の締め切りは1週間前まで。詳細は下部項目をご覧ください。

※各公演の受付開始は開演の1時間前です。

会場

サウスホール

アーティスト・出演

コンセプト、振付:マルセロ・エヴェリン

クリエイション、パフォーマンス:アンドレ=リーン・ジッゼ、ブルーノ・モレノ、Carolina Mendonça, Fabien Marcil, 長洲仁美、Luana Gouveia, マルセロ・エヴェリン、 Márcio Nonato, Rosângela Sulidade, 瀧口翔

年齢制限、注意事項

18歳以上推奨、12歳以下は保護者の同伴が必要。

託児サービス

詳細はこちら

上演時間

90分

お問合せ先

KYOTO EXPERIMENT事務局[平日11:00-19:00] Tel 075-213-5839 Fax 075-213-5849 E-mail info@kyoto-ex.jp www.kyoto-ex.jp

チケット情報

チケット料金

一般 前売 ¥3,500/当日 ¥4,000
ユース・学生 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア ¥6,500(前売のみ)

※ユースは25歳以下

発売日

2017年8月8日(火)
※ペアは2枚分の料金です。同一演目・日時の公演を2人で観劇する場合のみ有効です。
※ユース・学生、高校生以下チケットをご購入の方は公演当日、証明書のご提示が必要です。
※車椅子でお越しのお客様は、各料金の¥500引き(介助者1名無料)となります。
(お席をこちらで指定する場合がございます。お問合せはKYOTO EXPERIMENT チケットセンターまで)
※年齢により入場を制限させていただく場合がございます。詳細は各公演ページをご覧ください。
※主催者の都合による公演中止の場合をのぞき、ご購入後のキャンセル、日時の変更はできません。
※演出の都合上、開演時刻を過ぎると入場できない場合がございます。その際払い戻しはいたしません。

チケット取扱窓口

プロフィール

マルセロ・エヴェリン | Marcelo Evelin

ブラジル、テレジナ生まれ、アムステルダムとテレジナを拠点に活動 振付家・研究者・パフォーマー。1986年にパリに移り住み、マーク・トンプソン、オディール・デュボックらにダンスを師事する。1988年には、ピナ・バウシュが主催するヴッパダール舞踊団に入門する。1989年振付家としての活動を開始し、現在までに30を超える作品を制作。当初から、ダンスだけでなく、フィジカル・シアター、演劇、音楽、映像、サイトスペシフィックな作品をはじめとする、異なる分野のアーティストたちとのコラボレーションを積極的に展開。1995年自らの伝記的な長編ダンス作品『ai, ai, ai』でオランダのシルバー・ダンス・プライズを受賞。1996年には、ダンスカンパニー「デモリション Inc.」をアムステルダムで立ち上げる。1999年以降、アムステルダムにあるパントマイムの学校で教鞭を取るかたわら、数多くのワークショップやレクチャーを通してヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジアを含む世界各地の人々を指導してきた。2006年ブラジルに帰国、キュレーターとして現代舞台芸術のインディペンデントな研究開発コレクティブ集団Núcleo do Dirceuを立ち上げ、2013年まで芸術監督を務める。2003年には、ブラジル人作家エウクリデス・ダ・クーニャの小説『Os Sertões』を基に、ブラジル北東の荒廃した奥地で巻き起こる貧困街の戦争の物語を三部構成で作品に落とし込み、世界各地のフェスティバルや劇場で発表する。そのうちの『Matadouro(屠場)』は2011年のKYOTO EXPERIMENTにて上演。近作『どこもかしこも黒山の人だかりとなる』(2012)や『Batucada』(2014)は世界各地のフェスティバルで発表されている。

スタッフ

  • ドラマトゥルク

    Carolina Mendonça

  • アーティスティック・コラボレーション

    ルス=ファン=デル・プリット

  • 照明

    トーマス・ワルグラーヴ

  • 音響

    瀧口翔

  • 衣装アドバイザー

    Julio Barga

  • 技術監督

    Luana Gouveia

  • リサーチ・アドバイス

    クリスチーネ・グライナー

  • 日本舞踊指導

    日置あつし

  • 写真

    Maurício Pokemon

  • 大野慶人

クレジット

主 催

KYOTO EXPERIMENT

プロダクションディレクション

Materiais Diversos + レジーナ・ヴェロソ / Demolition Incorporada

Agency and distribution

Sofia Matos/Materiais Diversos, Abroad, CAMPO, Brazil

共同製作

KYOTO EXPERIMENT、クンステンフェスティバルデザール(ブリュッセル)、Vooruit(ゲント)、Teatro Municipal do Porto Rivoli – Campo Alegre(ポルト)、Teatro Municipal Maria Matos(リスボン)、アルカンタラ・フェスティバル(リスボン)、Festival d’Automne à Paris / T2G-Théâtre de Gennevilliers(パリ)、モンペリエ・ダンス・フェスティバル、スプリング・フェスティバル(ユトレヒト)、八月のダンス(ベルリン国際ダンスフェス)/HAU Hebbel am Ufer(ベルリン)、クンストラーハウス・ムーゾントゥルム・フランクフルト、Göteborgs Dans & Teater Festival(ヨーテボリ)、Tanzhaus NRW(デュッセルドルフ)、La Batie – Festival de Genève、ブラジル政府

PageTop