ロームシアター京都

  • その他
  • イベント
  • パークプラザ
  • 主催

「まちの見方を180度変えるローカルメディアづくり
~CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)~」

キックオフトークイベント
「新たな京都を発見するローカルメディアのかたち」

2017年4月29日(土)

終了しました
  • ©Mai Narita

    ©Mai Narita

  • ©Mai Narita

    ©Mai Narita

  • ©Mai Narita

    ©Mai Narita

  • ©Mai Narita

    ©Mai Narita

今年1年に渡り実施する新プロジェクト、「CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)」のキックオフイベントとして、参加クリエイターによる、無料公開トークイベントを実施。ローカルメディアの最新事例や登壇者の地域の見方、リサーチ方法などを紹介しながら、地域の新たな姿を見つけるローカルメディアの可能性についてお話します。また、プロジェクトの概要も合わせて紹介します。

第一部│プロジェクト・ディレクターの影山裕樹が各地のローカルメディアの最新事例を紹介しながら、地域における情報発信、「人と人をつなぐ」ローカルメディアのあり方をお話します。

第二部│参加クリエイターを交えたディスカッションを実施。各登壇者の地域の見方やリサーチの方法を紹介しながら、京都のまちの新たな姿を探る本プロジェクトの概要や狙い、可能性をお話します。


※『まちの見方を180度変えるローカルメディアづくり~CIRCULATION KYOTO(サーキュレーション キョウト)~』とは?
山科区、伏見区、北区、西京区、右京区にそれぞれ位置する5つの京都市文化会館とロームシアター京都を円でつなぎ、新たな“京都ローカル”の姿を探る新プロジェクトが始動。参加クリエイター、京都在住のさまざまな地元パートナー、ワークショップの一般参加者が協働して構想・制作するメディアを通じ、「ローカル」と「メディア」を問い直します。

公演情報

公演日時

2017年4月29日(土)
開演時間 14:00〜16:00

会場

パークプラザ3F共通ロビー

参加クリエイター

プロジェクト・ディレクター:影山裕樹(編集者/千十一編集室) アートディレクター:加藤賢策(アートディレクター/ラボラトリーズ) エディター:上條桂子(編集者) リサーチディレクター:榊原充大(都市建築等リサーチ/RAD)

お問合せ先

ロームシアター京都 TEL.075-771-6051

チケット情報

チケット料金

入場無料、予約不要

プロフィール

影山裕樹

編集者、プランニング・エディター。1982年東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、雑誌編集部、出版社勤務を経て独立。アート/カルチャー書のプロデュース、ウェブサイトや広報誌の編集、展覧会やイベントの企画・ディレクションなど幅広く活動している。近年は「フェスティバル/トーキョー」(12、13)「十和田奥入瀬芸術祭」「札幌国際芸術祭2014」など各地の芸術祭やアートプロジェクトに編集者、ディレクターとして関わる。著書に『大人が作る秘密基地』(DU BOOKS)、『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社)、共編著に『決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば』(スペースシャワーネットワーク)など。2017年「千十一(せんといち)編集室」をスタート。

加藤賢策

アートデザイナー・グラフィックデザイナー。1975年生まれ。 武蔵野美術大学大学院視覚伝達デザインコース修了。 2006年株式会社東京ピストル設立(取締役)。 2013年株式会社ラボラトリーズを設立(代表取締役)。「 十和田奥入瀬芸術祭」「国東半島芸術祭」 など各地の芸術祭やアートプログラムに関わる。 主にアートや建築、思想関連などのグラフィックデザイン、 エディトリアルデザイン、WEBサイトなどを手がける。 武蔵野美術大学、女子美術大学非常勤講師。

上條桂子

編集者、ライター。雑誌でカルチャー、デザイン、アートについて編集執筆、書籍の編集も多く手がける。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科非常勤講師。編集を手がけた書籍に、『お直し とか カルストゥラ』(横尾香央留著/青幻舎)、『庭園美術館へようこそ』(朝吹真理子、ほしよりこ他/河出書房新社)、『ROVAのフランスカルチャーA to Z』(小柳帝著/アスペクト)、『Act of Love 求愛行動図鑑』(human research)等。著書にドイツやスイスの木工玩具デザインの歴史をまとめた『玩具とデザイン』(青幻舎)がある。みちのおく芸術祭山形ビエンナーレ2014では、イラストレーターの平澤まりことともに市民参加のワークショップ「みちのおくつくるラボ」1期ブックラボの講師を務め、山形市民とともに『山形をいく REDISCOVER YAMAGATA』の企画編集に携わった。

榊原充大

建築家、都市建築等リサーチャー。1984年愛知県生まれ。2007年神戸大学文学部人文学科芸術学専修卒業。建築や都市に関する調査・取材・執筆、物件活用提案、ディレクション、アーカイブシステムの構築など、編集を軸にした事業を行う。2008年には、より多くの人が日常的に都市や建築へ関わる経路を増やすことをねらいとし、建築リサーチ組織RADを共同で開始。寄稿書籍『レム・コールハースは何を変えたのか』(2014)、制作書籍に『LOG/OUT magazine ver.1.1』(2016)。2014年度から京都精華大学非常勤講師、2016年度から京都建築大学校非常勤講師。

クレジット

主 催

公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(ロームシアター京都、京都市東部文化会館、京都市呉竹文化センター、京都市西文化会館ウエスティ、京都市北文化会館、京都市右京ふれあい文化会館)、
京都市

共 催

京都岡崎 蔦屋書店

企画製作

ロームシアター京都

助成

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業

その他

特設WEBサイト

http://circulation-kyoto.com/

PageTop