ロームシアター京都

  • 音楽
  • 公演
  • 主催

ROHM CLASSIC SPECIAL

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトX Ⅵ
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」
ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」

2018年3月16日(金)、3月18日(日)

開催まで94
  • © Shintaro Shiratori

    © Shintaro Shiratori

世界的な指揮者である小澤征爾が、自らの音楽経験を後進の若手音楽家に伝えることを目的に、2000年に立ち上げた教育プロジェクトによるオペラ公演です。オーディションで選ばれる若手音楽家たちで結成するオーケストラと、一流の出演者・制作陣によって、高水準のオペラを制作します。また、一般向けの公演に加え、京都府内の小学生を対象とした、「子どものためのオペラ」公演も開催します。

公演情報

公演日時

2018年3月16日(金)、3月18日(日)
開演時間 3月16日(金) 19:00開演 (18:00開場)
3月18日(日) 15:00開演 (14:00開場)

会場

メインホール

上演演目

プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」

ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」

【各全1幕】<原語上演/字幕付き>

出演

音楽監督・指揮:小澤征爾(「子どもと魔法」)
指揮:ジョセフ・コラネリ(「ジャンニ・スキッキ」)※
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
児童合唱:京都市少年合唱団
※当初発表した 「ジャンニ・スキッキ」の指揮者デリック・イノウエは、都合により変更になりました。
代わりまして、ジョセフ・コラネリが指揮いたします。


<プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」>
ジャンニ・スキッキ:ロベルト・ディ・カンディア
ラウレッタ:サラ・タッカー
ツィータ:マリアンヌ・コルネッティ
リヌッチオ:アレッサンドロ・スコット・ディ・ルツィオ
ゲラルド:キース・ジェイムソン
ネッラ:清水多恵子
ベット:ディヴィッド・クロフォード
シモーネ:ドナート・ディ・ステファノ
マルコ:駒田敏章
チェスカ:エミリー・フォンズ
スピネロッチオ:塙 翔平
アマンティオ・ディ・ニコラーオ:寺田功治
ピネッリーノ:松澤佑海
グッチオ:後藤春馬


<ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」>
子ども:エミリー・フォンズ
肘掛椅子/木:駒田敏章
母親/中国茶碗/とんぼ:マリアンヌ・コルネッティ
火/お姫様/うぐいす:キーラ・ダフィー
雌猫/りす:清水多恵子
大時計/雄猫:町 英和
ティーポット/小さな老人/雨蛙:キース・ジェイムソン
安楽椅子/こうもり:栗林瑛利子
羊飼いの娘/ふくろう:藤井玲南

お問合せ先

ロームシアター京都チケットカウンター
TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

チケット情報

チケット料金

全席指定(税込)
S席 25,000円 A席 21,000円 B 席17,000円 C 席13,000円 D席8,000円

発売日

2017年12月9日(土)
※京都コンサートホール&ロームシアター京都フレンズ会員(オンラインのみ)・Club会員、
京響友の会会員先行は、2017年12月2日(土)10:00開始

チケット取扱窓口

  • エラート音楽事務所[TEL.075-751-0617]
  • ロームシアター京都オンラインチケット
  • ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
  • 京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231 (10:00~17:00、第1・3月曜休※祝日の場合は翌日)]
  • チケットぴあ
  • 0570-02-9999(自動音声24時間対応)《Pコード:346-724》
  • ローソンチケット《Lコード:54969》
  • 【発売初日特電】0570-084-655(発売日10:00~18:00/自動音声対応/Lコード不要)
  • 【通常特電】0570-084-005(発売日18:00以降/自動音声24時間対応/要Lコード)
  • 【オペレーター】0570-000-407(10:00~20:00)
  • e+(イープラス)

関連イベント

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVI 子どものためのオペラ
<プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」>

2018年3月13日(火)11:00/14:00開演
ロームシアター京都 メインホール

音楽監督・お話:小澤征爾
指揮:ジョセフ・コラネリ
演出:デイヴィッド・ニース 
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
対象:京都の小学生を対象に無料招待(一般販売なし/申込受付終了)
※出演者(歌手)は、上記の有料公演とは異なります。
※原語上演、字幕付き
※教育プログラムのため、一般の方のご入場はできません。

小澤征爾(音楽監督・指揮)よりメッセージ

今回の音楽塾では、初めての試みとして2つのオペラ作品を組み合わせて上演します。
プッチーニの最高傑作とも言われる「ジャンニ・スキッキ」の喜劇と、
僕が指揮するラヴェル作曲の「子どもと魔法」の幻想的な世界です。
2作品とも音楽塾プロダクションによるものです。
オーケストラも、この公演のために国内外の厳しいオーディションを受かった若い演奏者を集めて結成する音楽塾オーケストラです。
ローム株式会社の佐藤研一郎社長(当時・現名誉会長)が僕の想いに熱く賛同してくれて、
2000年以来、大事なパートナーとして僕らの活動を支えてくれています。
この機会に、ぜひ我々のオペラを、見にいらしてください。

デイヴィッド・ニース(演出)よりメッセージ

— 今回のオペラ・プロジェクトについて


「子どもと魔法」を「ジャンニ・スキッキ」と組み合わせる今回の上演は、子ども向けの童話である前者との鋭い対比が際立つ舞台となります。
「ジャンニ・スキッキ」は喜劇であり、実はプッチーニが書いた唯一のコミック・オペラです。登場人物が素晴らしく巧みに、情熱的な逞しい筆で描かれており、またその音楽語法がじつに滑稽であるため、卑劣極まりない欲の権化のような親戚の面々に対してスキッキがしかける策略とその勝利の物語は痛快です。聴衆は「ジャンニ・スキッキ」を通して、情熱的なイタリア・オペラならではの生の感情が渦巻くドラマを体験することができます。
今回の小澤征爾音楽塾プロダクションでは、フィレンツェを舞台にしたこの物語を、映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニが活躍した1960年代に設定します。登場人物は、活力に満ちた時代として知られる当時のイタリア映画でお馴染みのエキセントリックで派手好きな人々。彼らは、過去の時代設定の中に生きる現代の人々なのです。彼らの欲望は、かつてのフィレンツェの人々が抱いていたものと同じ。富、財産、権力が、幸福と成功の尺度です。
「ジャンニ・スキッキ」と「子どもと魔法」の組み合わせは奇妙に思えるかもしれませんが、私は、声高にがなり立てるプッチーニ作品の登場人物たちの大仰な性分が、控えめなラヴェル作品の登場人物たちの魅力と、見事に対照を成すと思うのです。
この幅広く多彩でバラエティに富んだ音楽と人物たちの綴る物語が、劇場において大いに満足のゆく体験を生むものとなるよう願っています。

公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション及びローム株式会社より

ローム ミュージック ファンデーションとロームは共に音楽文化の普及と発展のため様々な活動を行っており、その一環として若い音楽家を育てることを目的にした小澤征爾音楽塾の公演を支援しています。
今回もロームシアター京都を拠点に公演の準備と練習が行われます。多くの若い音楽家の方々が一流の音楽家の演奏に触れ、学び、成長することを願っています。

小澤征爾音楽塾について

小澤征爾音楽塾は、ローム株式会社の佐藤研一郎社長(当時・現名誉会長)と小澤征爾がオペラを通じて若い音楽家を育成することを目的に、2000年に立ち上げた教育プロジェクトです。恩師カラヤンの教えである「交響曲とオペラは車の両輪のようなもの」を持論とする小澤が「教えること」に生涯を捧げたもう一人の恩師 斎藤秀雄のスピリットを受け継ぎ、若い音楽家たちとともに学ぶ場として開催しています。毎年、国内外でのオーディションで選ばれたアジア諸国(日本、中国、台湾、韓国)の若い音楽家たちでオーケストラを結成し、小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラメンバーをはじめとする演奏家のもとで指導を受け、分奏や歌手とのリハーサルを重ねながら、世界の歌劇場で活躍するオペラ歌手や演出家と共に高水準のオペラ「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」を創り上げます。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトはこれまでに15回開催され、モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」をはじめ、9つのオペラ作品とマーラー:交響曲 第2番「復活」を上演しています。
半導体メーカーのローム株式会社(本社:京都市)及び公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションは、2000年の設立以来、継続的に本プロジェクトを支援しています。小澤征爾音楽塾は、2016年1月にリニュアルオープンしたロームシアター京都を制作拠点とし、京都をはじめ、全国3ヶ所で公演を開催しています。さらに、2015年以来、京都の小学生を対象とする「子どものためのオペラ」公演(入場無料)を実施しています。

スタッフ

  • 演出デザイン

    デイヴィッド・ニース

  • 装置・衣裳

    ジョン・マイケル・ディーガン&サラ.G.コンリー

  • 照明

    高沢立生

クレジット

主 催

小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン、京都市、ロームシアター京都(公益財団法人音楽芸術文化振興財団)

共 催

公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

協 賛

ローム株式会社

協 力

ANA

企画・制作

ヴェローザ・ジャパン

その他

小澤征爾音楽塾公式ウェブサイト

小澤征爾音楽塾 公式ウェブサイト

 

2018小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト ウェブページ

PageTop