ロームシアター京都

  • 音楽
  • 公演
  • 主催

京都岡崎音楽祭2017 OKAZAKI LOOPS

-SYMPHONIC EVOLUTION SPECIAL –
高木正勝オーケストラコンサート
with 広上淳一× 京都市交響楽団

2017年6月10日(土)

開催まで14
  • 「おおかみこどもの雨と雪」サウンドトラックジャケット

    「おおかみこどもの雨と雪」サウンドトラックジャケット

  • アン・サリー「おかあさんの唄」ジャケット

    アン・サリー「おかあさんの唄」ジャケット

第1回のOKAZAKI LOOPS「大山咲み」公演でその存在感を発揮した京都出身の音楽家 高木正勝と京都市交響楽団との満を持してのコラボレーション。
高木正勝が音楽を手掛けた細田守監督作品の映画「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」の楽曲を高木正勝のピアノとオーケストラ演奏で披露する。

公演情報

公演日時

2017年6月10日(土)
開演時間 14:30開演(13:30開場)

会場

メインホール

出演

高木正勝(ピアノ)、広上淳一(指揮)、京都市交響楽団(管弦楽)
ゲスト/アン・サリー(Vo)

高木正勝インタビュー映像

お問合せ先

OKAZAKI LOOPS実行委員会事務局

TEL.075-771-6051(ロームシアター京都内)

チケット情報

チケット料金

全席指定
一般 6,500円(当日7,000円)
ユース(25歳以下)4,000円(当日座席指定 当日要身分証明書)
※ユースチケットは舞台の一部が見えにくいお席になる場合がございます
※未就学児入場不可

◎6月10日(土)「-SYMPHONIC EVOLUTION SPECIAL-高木正勝オーケストラコンサートwith広上淳一×京都市交響楽団」(メインホール)と「渋さ知らズオーケストラ」(サウスホール)のセット券を一般発売から販売いたします。
「渋さ知らズオーケストラ」とのセット券 9,500円
※ロームシアター京都、京都コンサートホールのみ発売

発売日

2017年3月25日(土)
≪フレンズ会員・Club会員・京響友の会会員 先行発売≫2017年3月11日(土)
※先行販売は、ロームシアター京都メインホールで開催する2公演のみ

チケット取扱窓口

プロフィール

高木 正勝(映像作家/音楽家) | Masakatsu Takagi

高木 正勝(映像作家/音楽家)

1979年生まれ、京都出身、兵庫県在住。山深い谷間にて生活。
長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した”動く絵画”と評される映像、両方を手掛ける作家。
国内外でのCDやDVDリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサート、映画やCM音楽など、分野に限定されない多様な活動を展開している。2009年Newsweek日本版で、「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれるなど、世界的な注目を集めるアーティスト。
細田守監督の映画「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」、スタジオジブリを描いた「夢と狂気の王国」の音楽を手掛ける。2013年、アフリカ開発会議(TICAD Ⅴ)関連企画としてエチオピアを訪問・取材し、映像作品『うたがき』を発表した。
2015年秋、7人のミュージシャンとともに5年ぶりのホールワンマンコンサート“山咲み”を東京で開催、後に各地で公演し、2016年秋には15人超に及ぶ大編成の“大山咲み”を京都オカザキループスで披露した。2016年3月に『山咲み(DVD+2CD)』と、2010年のピアノソロツアーを収めたアルバム『YMENE』を同時リリース。

広上 淳一(指揮) | Junichi Hirokami

広上 淳一(指揮)

東京音大指揮科に学ぶ。1984年第1回キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクールに優勝し、国際的な活動を開始。1991~95年ノールショピング響首席指揮者、91~2000年日本フィル正指揮者、98~2000年リンブルク響首席指揮者、06~08年コロンバス響音楽監督を歴任する傍らフランス国立管、ベルリン放送響、コンセルトヘボウ管、モントリオール響、イスラエル・フィル、ロンドン響など欧米各地のオーケストラに客演。国内では全国各地のオーケストラはもとより、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管へも客演。オペラでも、シドニー歌劇場《仮面舞踏会》や《リゴレット》が高く評価されたのをはじめ、国内外で活躍。2015年4月京都市交響楽団とともにサントリー音楽賞受賞。現在、京都市交響楽団常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー。東京音楽大学指揮科教授。京都市立芸術大学客員教授。

アン・サリー(ヴォーカル) | Ann Sally

アン・サリー(ヴォーカル)

幼少時からピアノを習い音楽に親しむ。10代の頃より様々なジャンルの音楽を垣根なく愛聴し、歌で表現する面白さにのめり込む。
2001年「Voyage」でアルバムデビュー。2003年には「Day Dream」「Moon Dance」で日本語の曲を含むカヴァー曲をオリジナルに昇華した歌唱によりロングセラーとなる。2002年から3年間ニューオリンズに医学研究のため暮らし、現地の音楽家とプライベート録音した音源を、帰国後アルバム「Brand-New Orleans」として発表し話題に。帰国後も2007年に「こころうた」を、2008年には書き下ろしマキシCD「時間旅行」を発表。2009年には第60回紅白歌合戦に出演しテーマソングを歌唱。2010年末には7枚目のアルバム「fo:rest」(フォレスト)を発表。2012年には映画「おおかみ子どもの雨と雪」の主題歌「おかあさんの唄」が話題になった。2013年11月には初の著書『森の診療所』を発表すると同時に、他アーティストとの共演を集約したコンピレーション『森の診療所...featuring Ann Sally』をリリース。穏やかな暮しから紡がれる、時代やジャンルの枠を超えた音楽性と、柔らかく深みある唯一無二の歌唱は幅広い層に支持されている。

京都市交響楽団 | Kyoto Symphony Orchestra

京都市交響楽団

日本唯一の自治体直営オーケストラとして1956年創立。2008年4月第12代常任指揮者に広上淳一が就任。2014年4月から常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーに広上淳一、常任首席客演指揮者に高関健、常任客演指揮者に下野竜也が就任。2015年「第46回サントリー音楽賞」受賞。同年6月ヨーロッパ公演で成功を収め、2016年は創立60周年記念国内ツアーと京都市内で「ふらっとコンサート」を開催し、平成28年度地域文化功労者表彰を受ける。「第37回音楽クリティック・クラブ賞」本賞受賞。2017年4月からは下野竜也を常任首席客演指揮者に据えて広上・高関・下野による3人指揮者体制を確立し、文化芸術都市・京都にふさわしい「世界に誇れるオーケストラ」として更なる前進を図っている。

クレジット

主 催

OKAZAKI LOOPS実行委員会/MBS
(OKAZAKI LOOPS実行委員会:京都市/公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団/京都新聞/株式会社エフエム京都/株式会社京都放送/有限会社エピファニーワークス/公益社団法人京都市観光協会/京都市立芸術大学)

協 力

京都岡崎魅力づくり推進協議会

特別協賛

ローム株式会社

助成

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業

PageTop