ロームシアター京都

  • 音楽
  • 公演
  • 主催

ROHM CLASSIC SPECIAL

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIV
J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」全3幕

2016年2月18日(木)~ 2月20日(土)

終了しました

小澤征爾による、オペラを通じた若手音楽家育成プロジェクトがついに京都で始動!

世界的指揮者小澤征爾が自分の音楽経験を後進の若手音楽家に伝えることを目的に2000年に始まった教育プロジェクト「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」が京都で始動します。J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」全3幕(音楽監督、指揮:小澤征爾、演出:ディヴィッド・ニース)をグランドオペラで上演します。オリジナル・プロダクションは、オットー・シェンク(所有:メトロポリタン歌劇場)。

音楽監督/指揮:小澤征爾
指揮:村上寿昭
演出:デイヴィッド・ニース
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団

公演情報

公演日時

2016年2月18日(木) ~ 2月20日(土)
開演時間 18日18:30、20日15:00
※19日は休演となります。

2/18(木) 2/20(土)
15:00
18:30

会場

メインホール

キャスト

ロザリンデ:タマラ・ウィルソン
ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン:アドリアン・エレート
アデーレ:アナ・クリスティー  
アルフレード:ディミトリー・ピタス
オルロフスキー公:マリー・ルノルマン
ファルケ博士:ザッカリー・ネルソン  
フランク : デール・トラヴィス
ブリント博士:ジャン=ポール・フーシェクール 
イーダ:鷲尾 麻衣
フロッシュ: 笹野 高史
 ※やむをえない事情で出演者が変更となる場合があります。ご了承ください。

 

オリジナル・プロダクション:オットー・シェンク
オリジナル・プロダクション照明デザイン:ギル・ウェシュラー
このプロダクションは、メトロポリタン歌劇場が所有しています。
プロダクション初演:1986年12月4日 メトロポリタン歌劇場
装置、小道具、衣装、製作:メトロポリタン歌劇場ショップ

出演者代役についてのお知らせ

ファルケ博士役を予定しておりましたロッド・ギルフリーは、やむを得ない事情により、来日することができなくなりました。代わりまして、ザッカリー・ネルソンが出演します。(2015.12.11)

上演時間

約3時間30分(休憩あり)

上演言語

原語上演/字幕付き

お問合せ先

ロームシアター京都 075-771-6051

チケット情報

チケット料金

両日共に販売予定枚数を終了いたしました。
◆当日券販売もございません◆

S席¥25,000
A席¥21,000
B席¥17,000
C席¥13,000
D席¥8,000
※全席指定
※出演者等、記載内容は2015年10月20日現在の予定です。病気、怪我等の事情で出演者が変更になる場合がございます。
※公演中止の場合を除き、チケットのキャンセル・払戻しはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※乳幼児等就学前のお子様の同件・入場はご遠慮ください。

発売日

2015年12月19日(土)
京都コンサートホールほかで販売
≪フレンズ会員 先行発売≫2015年12月12日(土) ~ 2015年12月18日(金)

チケット取扱窓口

  • 京都コンサートホール チケットカウンター(予定枚数終了)
  • エラート音楽事務所 075-751-0617
  • チケットぴあ(予定枚数終了)
  • ローソンチケット(予定枚数終了)
  • イープラス(予定枚数終了)

関連イベント

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅣ京都公演
子どものためのオペラ J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」

小澤征爾音楽塾が、小学生を対象とした特別演出のオペラ公演を上演します。本公演と同じ会場で繰り広げられる質の高い演奏や歌、工夫を凝らした演出によって、子どもたちがオペラの迫力を体験し楽しめる企画です

2016年2月15日(月)11:00開演/14:00開演
ロームシアター京都 メインホール
京都府内の小学生を無料招待(学校単位でのお申込みとなり、ご応募期間は終了いたしました。)
※子どものためのオペラ公演のため、一般公開はございません。
※出演者(歌手)は本公演カバーキャストです。

音楽監督・お話:小澤征爾
指揮:村上寿昭
演出:デイヴィッド・ニース
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団

主催:小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン
京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
共催:公益財団法人 ローム ミュージック ファンデ―ション
協賛:ローム株式会社
助成:平成27年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
企画・制作:ヴェローザ・ジャパン
            

プロフィール

小澤 征爾 ( おざわ せいじ) | Seiji Ozawa

小澤 征爾 ( おざわ せいじ)

1935年、中国のシャンヤン(旧奉天)生まれ。幼いころからピアノを学び、成城学園中学校を経て、桐朋学園で齋藤秀雄に指揮を学んだ。
1959年、ブザンソン指揮者コンクールで第1位を獲得。当時ボストン響の音楽監督であり、このコンクールの審査員であったシャルル・ミュンシュに翌夏タングルウッドに招かれた。その後、カラヤン、バーンスタインに師事、ニューヨーク・フィル副指揮者、シカゴ響ラヴィニア・フェスティバル音楽監督、トロント響音楽監督、サンフランシスコ響音楽監督を経て1973年にボストン交響楽団の第13代音楽監督に就任。アメリカのオーケストラ史上でも異例の29年という長期にわたって務め、アメリカ国内はもとより、オーケストラの評価を国際的にも高めた。
1978年には、中国政府の公式招待により中国を訪問、以来、中国とは深い関係を築いている。2002年秋には、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任、2010年春まで務めた。日本においては、サイトウ・キネン・オーケストラを、秋山和慶とともに恩師齋藤秀雄を偲んで1984年に組織し、1992年より、芸術的念願であった国際的音楽祭"サイトウ・キネン・フェスティバル松本"へと発展させ、総監督に就任(~継続中)。フェスティバルは、2015年より、“セイジ・オザワ 松本フェスティバル”として新たなステージに踏み出す。
また、1997年にサイトウ・キネンの室内楽勉強会から始まった室内楽アカデミー奥志賀を、アジア圏の優秀な学生に門戸をひろげる小澤国際室内楽アカデミー奥志賀として2011年にNPO法人化。一方で、実践を通して若い音楽家を育成するための “小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト”(2000年~)、および “小澤征爾音楽塾オーケストラ・プロジェクト”(2009年~)を精力的に展開。2005年にはヨーロッパにおける音楽学生を対象にした
Seiji Ozawa International Academy Switzerlandをスイスに設立し、教育活動に力を注いでいる。その他、水戸室内管弦楽団とは1990年の創立時より親密な関係にあり、2014年からは同楽団の総監督を務めると共に水戸芸術館館長も務めている。さらに、新日本フィルハーモニー交響楽団とも創立時より定期的に活動を続けている。これまでに、フランス・レジオン・ドヌール勲章オフィシエ、日本国文化勲章、ケネディ・センター名誉賞をはじめ国内外で多くの賞を受賞。

クレジット

主 催

小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン
京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

共 催

公益財団法人
ローム ミュージック ファンデーション

協 賛

ローム株式会社

協 力

ANA

企画・制作

ヴェローザ・ジャパン

その他

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅣ ロビーコンサート、バックステージツアー、リハーサル公開実施のお知らせ

詳しくはこちら

チラシダウンロード

チラシはこちら(PDF 3000kb)

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト公式ウェブサイト

公式ウェブサイトはこちら

PageTop