Column & Archivesコラム&アーカイヴ

#コラム・レポート#舞踊#レパートリーの創造#ショールーム・ダミーズ#2019年度

第2期クリエーションレポート

再始動と、深まる関係性が描くあらたな作品世界

高嶋慈(美術・舞台芸術批評)
2020.2.1 UP
撮影:中谷利明

第2期クリエーションは、約半年間の期間を空けて、2020年1月15日~2月2日にかけての計15日間、ノースホールにて行なわれた。第1期クリエーションの時点ですでに、本作のキーポイントである「等身大の女性のマネキンたち」「過剰な化粧のマスク」が稽古場に用意されていたが、第2期では、舞台装置や照明、衣装も整えられ、作品の仕上げに向けての再始動となった。

撮影:中谷利明

第1期では、少しずつシーンを構築し、作品全体の骨格づくりが進められたが、第2期では、細かい動きの調整や「目線を合わせる/合わせない」など、微修正を加えながら完成度を上げていった。基本的には、第1期と同様、①ウォーミングアップ→②身体性の共有を図るワーク→③個別シーンの稽古という順で進められ、週後半には通し稽古も何度か行なわれた。特に第1期のワークでは、「abandoned wave」「letting go」といった独自の言葉を用いて、「意識のコントロールを手放しつつ、仙骨を起点に波動のような動きが全身に広がる」という身体状態の共有が図られたが、第2期では「snow fall」という言葉が新たに登場した。仙骨と後頭部に意識をフォーカスすることで背骨を柔らかく保ちつつ、ゆっくり重心を傾け、身体が流体のように崩れて床に沈み込むような動きだ。「落下して地面に着地した雪がゆっくりと溶けて水になり、広がっていく」イメージが込められた言葉であり、初動が途切れずに余韻のように動きを導いていくこと、床と身体との接点を意識することも重視されている。実際の作品ではダンサーはハイヒールを履いて動くのだが、「ヒールを着用した時にできるかどうかよりも、この感覚をキープすることが重要」とジゼルは述べ、個別シーンの稽古時にも「snow fall」という言葉はたびたび発された。

撮影:中谷利明

特に第2期のクリエーションで重要ポイントと思われたのが、「各自のキャラクターや相手との関係性」を言語化し、話し合うミーティングの時間がしっかりと確保されたことだ。第1期でもこのミーティングは設けられたが、稽古の進展に応じて、より内面化や具体性、感情の強度が深まっていた。たとえば、以前は独裁者的にふるまう人物に対して、「怖そうだから、良い子を演じて従っている」という一面的な捉え方しかしていなかったのが、「私が言うことをきかなくなったらどう反応するのか見てみたい」という反抗心の芽生え、「良い子」ではない新しい自分の模索、支配者を共に倒そうという共犯関係の形成、従順に従っているようで実は精神的な支配下に置いているのではないかなど、関係の捉え方に発展性が出てきた。さらに以前は、独裁者的な存在や直接コンタクトのある相手との1対1の関係にとどまっていたものが、関係性や感情が向かうベクトルがより多方向へと発展した。また、マスク=素顔を隠すと同時に「被ることで自由奔放にふるまえる」力を付与する装置でもあるという両面性についての意見も出された。ダンサーたちの言葉からは、支配/被支配の錯綜した関係や心理的な駆け引き、女性性を身にまとうことと力の誇示、人形的な受動性から自我の覚醒への移行、現実と妄想の境界の攪乱など、『ショールームダミーズ』という作品の根幹に関わるさまざまな考察が出ていたと思う。
「自分の内側で何が起こっているか」をダンサー自身に観察させ、それをモチベーションとして次の動きを引き出させる。ルールや前提はあるが、その時々に出てきた即興性を「間違い」として否定せず、重要視するジゼルの創作態度は、この6人だからこそつくり上げられる新たな『ショールームダミーズ』の世界を見せてくれると期待したい。

関連事業

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください