Column & Archivesコラム&アーカイヴ

#コラム・レポート#参加/学び#機関誌「ASSEMBLY」

機関誌『ASSEMBLY(アセンブリー)』第二号

[特集]集まりの現在

2018.12.21 UP

今号より特集を設け内容を拡充。初回はこの機関誌の名称とも関わる「集まりの現在」を特集します。
今日における人々の集まりの多様な試みと実践を通じ、劇場やそこで行われる文化イベントを批評的にとらえ直します。さらに、ブックガイドやアーティスト・インタビュー、そしてレビューなどを通じ、現在の文化状況を横断的に紹介することによって、当劇場で行っている「リサーチプログラム」および「トークシリーズ」の実践を広い視点から見つめます。ここで展開される批評的視点が、この劇場の行く先を示す羅針盤となり、多くの人と共有できることを企図しています。

 

ASSEMBLY|アセンブリー|京都に劇場文化をつくる| 02
・無料配布
・発行:平成30年12月21日
・配布場所:ロームシアター京都館内、地域文化会館、市内図書館、京都コンサートホール、京都芸術センター、全国の劇場・美術館(予定)、ほか
※施設によって、早期に配布を終了している場合があります。予めご了承ください。

誌面の内容はこちらからご覧いただけます(PDF)
『ASSEMBLY アセンブリー|京都に劇場文化をつくる』02 [特集]集まりの現在(16MB)


【コンテンツ】

■[特集]集まりの現在
▷[対談|津田大介×小山田徹] 集まりは可能か? 往来する自由がもたらすもの
▷[「 集まり」を考えるための5つの場] 
―Theatre E9 Kyoto
―京都市立芸術大学ワークショップシリーズ
―臨済宗建仁寺塔頭 禅居庵
―かねよ寄席[日本一の鰻・京極かねよ]
―DIAMONDS ARE FOREVER
▷泥仕合の彼方―ドイツの公共劇場はどこへ向かっていくのか?|文=ウルリケ・クラウトハイム

■リサーチプログラム 2017年度最終報告会レポート
■「いま」を考えるトークシリーズ2017年度抄録
■[Book Guide]コミュニティのややこしさと向き合う2冊|文=家成俊勝
■[Artist Pickup]茂山童司/和田ながら|したため
■[連載]
脱領土化/再領土化から〈破片〉的へ―あるいは、10年代の上演系芸術を俯瞰する 第一回|文=内野儀
■[Review]
▷三輪眞弘+前田真二郎|モノローグ・オペラ『新しい時代』|文=北野圭介
▷シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.1「一居一道」 |文=林立騎
■時評|文=島貫泰介

※本誌はロームシアター京都自主事業として2017年度より実施しているプログラム「リサーチプログラム」、「いまを考えるトークシリーズ」と連携する機関誌です。「リサーチプログラム」に参加するリサーチャーによる寄稿などを掲載しています。

=======================

[訂正とお詫び]
2018年12月発行の弊誌vol.2におきまして、以下の誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

26ページ、「リサーチプログラム2017年度最終報告会レポート」本文
誤)浅海健(九州大学院人間環境学府)の「主体性尺度」に
正)心理学者の浅海健一郎が1999年に発表した「主体性尺度」に

32ページ、「『いま』を考えるトークシリーズ2017年度抄録」内の「AI(人工知能)と音楽の未来」開催日
誤)2018年3月17日(土)
正)2018年3月24日(土)

37ページ、「Artist Pickup 02 和田ながら[したため]」掲載図版クレジット
誤)こまばアゴラ劇場(東京、2018年月)
正)こまばアゴラ劇場(東京、2018年8月)

以上

  • 島貫泰介
    島貫泰介 Taisuke Shimanuki

    美術ライター/編集者。1980年神奈川生まれ。京都在住。『美術手帖』『CINRA.NET』などで執筆・編集・企画を行う。2020年夏にはコロナ禍以降の京都・関西のアート&カルチャーシーンを概観するウェブメディア『ソーシャルディスタンスアートマガジン かもべり』をスタートした。19年には捩子ぴじん(ダンサー)、三枝愛(美術家)とコレクティブリサーチグループを結成。21年よりチーム名を「禹歩(u-ho)」に変え、展示、上演、エディトリアルなど、多様なかたちでのリサーチとアウトプットを継続している。

  • 橋本裕介(ロームシアター京都)
    橋本裕介(ロームシアター京都) Yusuke Hashimoto

    ロームシアター京都事業担当課長・プログラムディレクター。
    1976年福岡生まれ。京都大学在学中の1997年より演劇活動を開始、2003年橋本制作事務所を設立後、京都芸術センター事業「演劇計画」など、現代演劇、コンテンポラリーダンスの企画・制作を手がける。2010年よりKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭を企画、2019年までプログラムディレクターを務める。2013年から2019年まで舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)理事長。2014年1月よりロームシアター京都に勤務。

  • 松本花音(ロームシアター京都)
    松本花音(ロームシアター京都) Kanon Matsumoto

    ロームシアター京都 広報・事業企画担当/Spin-Off・機関誌「ASSEMBLY」編集担当。横浜市出身。早稲田大学第二文学部卒業後、株式会社リクルートメディアコミュニケーションズにて広告のライティング、ディレクションやメディア・業務設計に従事。舞台芸術業界に転向し、国際舞台芸術祭フェスティバル/トーキョー制作・広報チーフ(2011-13年)、パフォーミングアーツ制作会社勤務を経て2015年より現職。

関連事業・記事

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください