Column & Archivesコラム&アーカイヴ

#コラム・レポート#演劇#市民寄席#2022年度

【市民寄席】演目解説(第360-364回)

文:佐田吉(小佐田定雄)
2022.6.1 UP

1957年にスタートし、京都では恒例の落語会として長く親しまれてきた「市民寄席」。 京都会館がロームシアター京都としてリニューアルオープンしてから最初に開催された市民寄席は、第325回(2015年5月15日)の市民寄席です。第325回から今日まで、市民寄席は30回以上開催され、130以上の演目が上演されました。

市民寄席では、ご来場いただいたお客様に配布するパンフレットに、小佐田定雄氏による演目解説を掲載しています。Spin-Offでは、ロームシアター京都版・上方落語演目のミニ辞典として、また、これからも続く市民寄席の歩みのアーカイブとして、本解説を継続して掲載していきます。

 

第360回

日程:2022年5月24日(火)

番組・出演
「お忘れ物承り所(作 桂三枝)」桂 文路郎 
「上燗屋」桂 ひろば
「死神」笑福亭 仁扇
「八度狸金玉仇討」桂 文太

お忘れ物承り所 おわすれものうけたまわりじょ
 電車の忘れ物で一番多いのは雨傘。変わった忘れ物としては位牌とか遺骨などという罰当たりなものもあります。もっと変わった忘れ物といえば、模型の骸骨。先代桂歌之助さんが『善光寺骨寄せ』というバラバラの骸骨を寄せ集めるのが趣向になっている噺で使う道具をJR京都駅で電車の車内に忘れたんやそうです。見つけた駅員さん、きっと仰天したことでしょうね。

上燗屋 じょうかんや
 上燗屋とは屋台でおでんなどをあてに酒を飲ませる一杯飲み屋で、江戸時代から存在していました。お酒を温めて飲むという風習は平安時代に中国から持ち込まれた風習で、「上燗」とはちょうど飲みごろの40度のこと。50度は「熱燗」、55度は「飛び切り燗」と申します。40度は「ぬる燗」、35度が「人肌燗」、30度が「日向燗」、20度が「冷や」なんやそうです。最近は「冷や」というと冷酒と間違えられるので、「常温」などという風情のない呼ばれ方をしています。

死神 しにがみ
 日本に人間の生命に区切りをつける「死神」という存在が現れたのは明治時代のことだと言われています。この噺は明治時代に活躍した三遊亭圓朝がグリム童話をもとに作った作品です。死神が登場する『加賀鳶』という歌舞伎があります。河竹黙阿弥作で明治一九年に初演されたお芝居で、死神を演じたのは五代目尾上菊五郎。菊五郎と仲の良かった圓朝がその芝居の死神を見て震えあがった…という伝説があるので、おそらくその時に「死神」というイメージの基礎ができたのではないでしょうか。

八度狸金玉仇討 はちどたぬききんたまのあだうち
 上方落語には伊勢参りの道中を描いた『東の旅』というシリーズがあります。その中の一席に、旅人が狐に騙される『七度狐』という噺があります。本日お聞きいただくのは、その狸版ともいえる一席で、讃岐の金比羅さんへお参りする『西の旅』の発端として文太さんが創りました。古典落語にも『金比羅船』というネタがあるのですが内容は不明です。金比羅から船で本州に渡り、播州路を旅する『播州巡り』、明石の人丸神社にお参りする『明石名所』、兵庫は鍛冶屋町の浜から大坂までの船に乗る『兵庫船』とつながっていきます。

  • 小佐田定雄 Sadao Osada

    落語作家。1952年、大阪市生まれ。
    77年に桂枝雀に新作落語『幽霊の辻』を書いたのを手始めに、落語の新作や改作、滅んでいた噺の復活などを手がけた。つくった新作落語の数は250席を超えた。近年は落語だけでなく、狂言、文楽、歌舞伎の台本にも挑戦。著書に「5分で落語のよみきかせ」三部作(PHP研究所)、「落語大阪弁講座」(平凡社)、「枝雀らくごの舞台裏」、「米朝らくごの舞台裏」「上方らくごの舞台裏」(ちくま新書)などがある。2021年第42回松尾芸能賞優秀賞受賞。

関連事業・記事

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください