Column & Archivesコラム&アーカイヴ

#コラム・レポート#参加/学び#リサーチプログラム#2019年度

リサーチプログラム 紀要―2019年度報告書

2020.11.17 UP

このたび、ロームシアター京都では、「ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2019年度報告書」を発行いたします。

ロームシアター京都では、プログラム策定のためのリサーチ、舞台芸術に関わる研究・批評分野と実践の場をつなげる若手人材の育成を目的に、「ロームシアター京都リサーチプログラム」を2017年度より実施しています。3年目となった2019年度のリサーチテーマは、「子どもと舞台芸術」、「現代における伝統芸能」、「舞台芸術のアーカイヴ」としました。このテーマでのリサーチに関心のある人材を募集し、メンターおよび劇場職員、事業に関わる関係者とのミーティング、リサーチ、ディスカッション等を通じて、調査研究に取り組んでいただきました。本書は、これらの調査研究について取りまとめたものです。

「ロームシアター京都 リサーチプログラム 紀要―2019年度報告書」
・無料
・発行:2020年10月
・執筆者:2019年度リサーチャー(根津青葉、渡辺健一郎、中谷森、新里直之、松尾加奈)、メンター(吉岡洋、若林朋子)

報告書の内容はこちら(PDF)からご覧いただけます

【コンテンツ】
■ロームシアター京都リサーチプログラム概要
■リサーチャープロフィール
■テーマ:子どもと舞台芸術
 こどもと共に創り変わっていくダンスワークショップの現場 -ファシリテーターとして実践プロセスを通して考えるワークショップのあり方-  根津青葉
 演劇教育は(いかにして)可能か?  渡辺健一郎
■テーマ:舞台芸術のアーカイヴ
 観客の記憶とアーカイヴ―未来に向かって、いま語ること  中谷森
 日本現代演劇アーカイヴの素地―クリエイションとアーカイヴの融合領域をめぐって  新里直之
 創作プロセスのアーカイヴ:ダムタイプ『2020 』における協働をめぐって  松尾加奈
■寄稿(2017 、 2018 年度リサーチャー)
 『劇場の学校プロジェクト』における質問紙調査から-参加中高生の満足度に影響を及ぼす諸要因の検討  大野はな恵
 公立劇場のために―インスティテューションとドラマトゥルク   林立騎
■メンター寄稿
 距離(ディスタンス)の劇場  吉岡洋
 リサーチは生き物  若林朋子
■最後に
 リサーチャープログラムに参加して(執筆者より)
■事業資料
 2019年度リサーチャー募集概要

関連事業

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください